「軽作業はきつい」って本当?具体的な仕事内容や向いている人の特徴を解説

求人広告などで見かける「軽作業」という仕事。「軽作業」というからには誰でもできる簡単な仕事だと思っていたら、意外にもきつい、という話も聞きます。 ここでは、分かっているようで分かっていない「軽作業」の内容について説明します。その上で「軽作業がきつい」といわれる理由についても分析します。自分に軽作業が向いているかが不安な方はぜひお役立てください。

記事を見る

期間工に年齢制限があるって本当?40代・50代でも採用される秘訣に迫ろう

製造会社に、数カ月単位で働ける期間工は給料面や福利厚生面が充実しているため人気の仕事です。 若い世代に人気の仕事ですが、40・50代でも応募したいと考えている人も少なくありません。求人募集欄は年齢制限に関する情報が少ない、もしくは載っていないため応募を諦める人もいます。 この記事では、期間工に興味があるが、40代以降でも採用されるのかについて解説します。また、期間工として採用されるために必要な資質についても説明しますので、これから応募しようと考えている人にはおすすめです。

記事を見る

工場で働きたい人必見!住み込み勤務はなぜ「きつい」?体験談や向いている人を紹介

住み込みの寮は、住居にかかる費用を節約でき、短期間でまとまったお金が稼げるというイメージがあります。しかし、一方で拘束されることや仕事がハードなことに不安を感じている人もいるでしょう。 ここでは、住み込みの勤務の仕事内容や、住み込みで働くメリットやデメリットについて、さらにどんな人が住み込みでの工場勤務に向いているかを説明します。

記事を見る

製造業のやりがいとは?向いている人・向いていない人を解説

工場でのお仕事にもいろいろあります。その中の一つが製造業です。「何かを作る」仕事だということは分かっても、具体的な内容まではイメージが湧かない人もいるでしょう。 ここでは、製造業とはどんな仕事か説明します。また、どんなやりがいを感じることができるのか、どんな人が製造業に向いているのかについても解説します。製造業に興味があるけど、よく分からないため不安を抱えている方はぜひお役立てください。

記事を見る

工場勤務がおすすめの理由は?年収や福利厚生などの待遇面も解説

工場勤務には、ライン作業や検査、仕分け、梱包、機械オペレーターなど、さまざまな仕事があります。基本的には資格は不要なので、未経験でも始められます。また、家賃補助や昼食補助などの福利厚生、入社祝い金や深夜手当など各種手当が豊富です。本記事を読めば、工場での仕事や、工場勤務の平均年収、メリットなどを把握でき、工場勤務の概要を知ることができます。

記事を見る

工場勤務の給料は安いって本当?平均年収との比較や雇用形態別給与を解説

工場勤務にもいろいろな仕事があります。大手自動車メーカーでの正社員から、アルバイトまでさまざまです。工場での仕事を考えている人は、工場での仕事でどのくらい給料がもらえるのか、果たして生活できるのかが不安に感じる人もいるでしょう。 ここでは、工場勤務とはどのような仕事なのか、実際に就職したらどのくらい給料がもらえるのか、具体的に説明します。

記事を見る

工場で働くなら寮生活がおすすめ!寮の特徴やメリット・デメリットをご紹介

工場の寮は寮費無料の場合が多く、有料でも会社が一部を負担してくれることが多いです。また、寮付き工場は、生活費が抑えられる・貯金しやすい・入居手続きが簡単など、メリットが多いです。半面、集団生活要素が濃いため、苦手な方もいるかもしれません。本記事を読んで、工場の寮の種類や、メリット・デメリットを知り、寮付き工場勤務が向いているかどうかを判断できるでしょう。

記事を見る

社員寮の間取りは?内見のチェックポイントとよくあるルールを紹介

社員寮付きの仕事にはさまざまなメリットがあります。何といっても寮費が安いため、貯金したい人にはぴったりです。しかし、広さや周辺の環境、出勤時間など、社員寮に関するいろいろな不安もあるはずです。です。また、社員寮に付きものの、門限やルールも気になるところです。 ここでは、社員寮の実態と、社員寮を選ぶことのメリットとデメリットを説明します。社員寮に住むかどうか迷っている方はぜひ本記事をお役立てください。

記事を見る

品質管理検定(QC検定)の難易度は?階級別の合格率と出題範囲を解説

品質管理検定(QC検定)とは、製品・サービスの品質管理知識や手法が身に付いているかを測る検定です。4級~1級まであり、4級の合格率は85%前後ですが、1級は5%程度と、級が上がるにつれ難易度がアップしています。本記事でそれぞれの級の出題内容や、合格率に基づいた難易度を把握しましょう。

記事を見る

エネルギー管理士とはどんな資格?試験内容や難易度を解説

エネルギー管理士とは、エネルギー使用に関する国家資格で、工場などでエネルギー使用方法の改善、管理をするのが主な仕事です。資格は受験に条件がない国家試験か、実務経験が一定年数必要な研修の修了試験に合格することで取得できます。合格率は、国家試験で約30%、研修試験で約60%です。本記事でエネルギー管理士のメリット、資格の試験内容や必要な勉強時間などを把握し、エネルギー管理士の理解を深めましょう。

記事を見る

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー