catch-img

工場の検査業務とは?仕事内容や向いている人の特徴も紹介 


求人情報で、検査業務の募集を見かけたことはありませんか?

「どんな仕事をするのだろう」「働くために資格や経験は必要?」といった疑問をお持ちの方もいるでしょう。

これから検査業務を始めたいと考えているのであれば、仕事内容や作業のポイントなどは押さえておきたいところです。


そこでこの記事では、検査業務の仕事内容や必要な資格、検査業務のコツなどをまとめました。

検査業務の魅力や向いている人の特徴も紹介しているのでぜひチェックしてください。

目次[非表示]

  1.  工場の検査業務とはどんな仕事?
  2. 工場の検査業務に資格は必要?
  3. 検査業務の将来性
  4. 検査業務の魅力
  5. 検査業務で大変なこと
  6. 検査業務を行うときのコツ
  7.  工場の検査業務に向いている人
  8. まとめ


 工場の検査業務とはどんな仕事?


検査業務では、工場のライン作業で作られた製品の仕上がりを確認します。


  • 破損しているところや傷がないか
  • 規格通りに作られているか
  • 正しく動作するか
  • 異物が混入していないか


このようなポイントをチェックします。

検査業務は、企業の信用問題にも発展しかねない重要な仕事です。

不具合がある製品が流通すると、クレームにつながるので、基準に満たない製品は取り除きます。

製品によってさまざまな検査方法があるので、確認しておきましょう。


目視検査

目視検査は、人の目で見て製品に問題ないかを確認する基本的な方法です。

傷や汚れの有無など、指定の項目を検査します。

製品によっては顕微鏡を使うこともあり、複数人のグループで検査する場合もあります。


外観検査

外観検査は、製品の外観に特化した検査方法です。

主に食品の検査で行われ、傷や変色がないかを確認します。

自動検査装置を使う場合もありますが、目視検査と同時に行うこともあります。


モニターチェック

モニターチェックでは、製造過程をモニターで確認します。

正しい手順で作業しているか、機械のトラブルがないかを調べます。

製品の完成前に不良品を見つけられるのがメリットです。


分析補助

分析補助では、研究者のサポートを行います。

主な作業は、医薬品や化粧品などの成分を調べ、データをまとめることです。

工場で研究開発をしているところでは、分析補助を行う場合もあるでしょう。


測定器を使用した検査

精密機械の検査には、測定器を使用する場合があります。

測定器を使う検査では、後述する「機械検査技能士」の資格が必要です。


工場の検査業務に資格は必要?


検査の仕事は、基本的に資格がなくても従事可能です。

求人の募集でも、資格や経験不問の仕事がたくさんあります。


ただ中には資格がなければできない検査もあるので、必要があれば資格の取得も視野に入れましょう。

例えば測定器などの機械を使って検査するためには、機械検査技能士という資格が必要です。

機会検査技能士は、機械検査の技能を証明する国家資格です。

資格には、3級・2級・1級・特級とあり、各区分の受験資格は以下の通りです。


  • 3級:不問
  • 2級:2年以上の実務経験もしくは3級合格者
  • 1級:7年以上の実務経験もしくは2級合格後2年以上か3級合格後4年以上の実務経験
  • 特級:1級合格後5年以上の実務経験


検査業務の将来性


多くの仕事が、「機械化によりなくなるのでは」と懸念されていますが、検査業務も例外ではありません。

手作業や目視での検査は、人によって精度が変わったり、見落としたりするリスクもあります。

画像認識技術など機械の性能向上に伴い、検査業務の自動化はどんどん進むと予想できます。


とはいえ機械化するには導入コストがかかるとともに、機械の操作やメンテナンスに結局人手が必要です。

検査業務が完全に自動化されるのは、まだ先のことになるでしょう。


すぐに仕事がなくなる心配はありませんが、今後も検査業務を続けるのであれば、いざ自動化されたときに困らないよう準備しておくことをおすすめします。

機械を使った検査もできるように、資格の取得も検討しておくとよいでしょう。


検査業務の魅力


検査業務にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、検査業務の魅力についてお伝えします。


仕事を早く覚えられる

検査の仕事は、比較的早く仕事を覚えられます。

最初のうちはそれほど難しい仕事は任されませんが、同じ作業を何度も繰り返し行うのでコツをつかみやすいのです。

慣れてくると、難しい検査を任されることもあるでしょう。


体力的な負担が少ない

検査業務の多くは、座って作業します。

同じ工場の仕事でも、ライン作業やピッキングなどは、一日中立って作業するので、体力面でキツイことがあります。

立ちっぱなしで作業することがない分、他の工場の作業と比べても体力的な負担は少ないでしょう。

力仕事も少ないので、非力な女性でも働きやすいのが魅力です。


工夫次第で生産性を高められる

検査業務は、早く正確に作業する必要があります。

どれほど早く検査しても、不良品が混ざっては検査の意味がありません。

逆に、いくら正確に不良品を見分けても、スピードが遅ければ生産性が下がるでしょう。


早く正確に検査を終えるためには、慣れとコツがいります。

努力と工夫で、どんどん効率良く検査できるようになるのも、検査業務の楽しみといえます。


検査業務で大変なこと


検査業務をするにあたり、大変なこともあります。

実際に働いている人は、検査業務のどのような部分が大変だと感じているのでしょうか。


目が疲れる

検査業務では、チェックポイントが細かく指定されています。

何時間もチェックを続けていると、目が疲れてくるでしょう。

目の疲れを取るために目薬を常備したり、作業中でも少し遠くを見たりするなど、目の負担を軽減するよう工夫しましょう。

また作業中は座っていることが多いのですが、同じ姿勢で作業を行うため、肩や腰に負担がかかることもあります。


責任が伴う

検査漏れがあると、企業にとって大きな損害になる可能性があります。

作業自体は難しくないですが、責任を伴う重要な仕事であることは間違いありません。

検査項目は分かりやすくマニュアル化されているものの、作業していると判断に迷うケースも多々出てきます。

自己判断で見逃すと、後々大変なことになりかねないので、迷ったときは必ず上司に相談しましょう。


同じ作業の繰り返しで飽きる

検査業務は、基本的に同じ作業の繰り返しです。

仕事を覚えやすい半面、何時間も同じ作業をすることに飽きてしまう人もいるでしょう。

作業がつまらないと感じるようになると、集中力もなくなり、不良品の見逃しなどのミスにもつながります。


検査業務を行うときのコツ


検査業務は、コツを覚えると驚くほど効率良く作業できるようになります。

商品の検査をスムーズに進めるためのポイントを確認しておきましょう。


目標を決める

指示された作業をなんとなくこなしているだけでは、いつまでたっても上達しません。

作業するときは、自分なりの目標を決めましょう。

「一つの検査を〇分以内に終える」「15分で〇個検査を終える」など、最初は無理のない目標を設定します。


目標をクリアできたら、少しずつ目標値を上げていきます。

目標があることで集中力も高まり、スムーズに作業を進められるようになるでしょう。


速さを優先しすぎない

工場では、一日に製造する製品のノルマが決められています。

検査業務が遅ければ、ノルマを達成できない可能性もあるので、ある程度のスピードが必要です。

ただし最初からスピードを意識していると、チェック項目がおろそかになることもあります。


仕事を始めたばかりのころは要領が分からず、検査スピードも遅いでしょう。

ただ工場側も、初心者に最初から完璧な作業は求めていません。

最初はスピードよりも作業の質を重視しましょう。

その方が結果的に早くコツをつかむことにつながります。


 工場の検査業務に向いている人


検査業務はやりがいある仕事ですが、人によっては「キツイ」「面白くない」と感じることもあるようです。

ここでは、検査業務に向いている人の特徴をまとめました。


集中力がある人

検査業務には集中力が必要です。

不良品を見逃さないためにも、勤務時間は常に集中して作業に臨まなくてはなりません。

長時間一定の集中力をキープできる人に向いているでしょう。


責任感のある人

検査業務でミスや見逃しがあると、企業のイメージダウンになりかねません。

「これくらいはいいや」という考えで検査していては、大きな損害につながることもあります。

自分が最終チェックした製品が世に出るのだと自覚して、責任を持って作業できる人に検査業務は向いているでしょう。


同じ作業が苦にならない人

検査業務は、同じ製品のチェックを淡々と続けなくてはいけません。

人によっては、同じ作業の繰り返しが負担に感じることもあります。

同じ作業の繰り返しが苦にならない人は、検査業務に向いているでしょう。


まとめ

工場の検査業務は、製品の品質を保つために欠かせません。

仕事自体はそれほど難しくありませんが、企業のイメージをも左右しかねない責任ある仕事です。

作業中は集中して検査業務に臨みましょう。


慣れてしまえば効率良く検査できるようになります。

あまり焦らず、今回紹介した検査業務のコツを参考にしながら、仕事に慣れましょう。





気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー