catch-img

検品作業のコツ!仕事を効率化するポイントとは?

「検品の仕事を始めたけど、思うように作業が進まない」と悩んでいませんか?

検品作業は、「未経験者でもできる楽な仕事」というイメージもありますが、実際やってみると思い通りに行かないことがたくさん出てきます。


そこでこの記事では、検品作業が上達するコツをまとめました。

これを読めば、効率よくスムーズに検品できるようになりますよ。


検品作業の魅力や注意点も紹介しているので参考にしてください。

検品作業とは


検品作業では、仕上がった製品が出荷できる状態かをチェックします。

不良品を流通させないようにするために必要な作業で、企業の信用問題にもなり得る重要な仕事です。


検品作業には、以下のような種類があります。


  • 不良品検品:製品にキズやヘコみがないかを調べる
  • 計量検品:製品の重さが規定通りか調べる
  • 作動検品:製品が正常に動作するかを調べる
  • 開梱検品:箱や袋を開けて、製品の数が正しいかを調べる
  • 混入検品:異物が混入していないかを調べる

検品の種類よって目視でチェックしたり、器具を使用してチェックしたりすることもあります。


検品作業で大変なこと


検品作業を行う上で、どんなことが大変だと感じるのでしょうか。

ここでは、検品作業で大変なことを紹介します。


集中力がいる

検品作業は、チェック項目が細かく決められています。

そのため、作業中は高い集中力が求められます。

ただ時間が長くなるにつれて、集中力が途切れ、不良品の見逃しといったミスが出ることもあります。


長時間同じところを集中して見なければならないので目が疲れやすく、眼精疲労からくる肩こりや頭痛に悩まされる人も少なくありません。


責任が伴う

不良品があるのに検品で見逃してしまうと、その不良品が市場に出てクレームにつながる可能性があります。

場合によっては大きな損害になりかねないので、検品作業には大きな責任が伴います。

チェック項目が決まっているとはいえ、中には判断に迷うような状況もあるでしょう。

自己判断で検品を通して、後で発覚して怒られるというケースも見られます。


作業が単調になりがち

検品作業は、同じ作業の繰り返しです。

同じ製品の同じ個所をチェックし続けるので、作業が面白くないと感じる人もいるでしょう。

飽きてくると集中力も途切れやすくなるので、ミスが増えるという悪循環にもなり得ます。


 検品作業を効率化するコツ


検品作業はいくつかのコツを押さえておくことで、効率よく進められるようになります。

スムーズに検品するためのポイントを見ていきましょう。


チェック項目を把握する

一つの製品に対していくつものチェック項目がありますが、まずはこのチェック項目を把握しましょう。

作業のたびに項目を確認してから検品していては時間の無駄です。

なんとなく作業していると、いつまでも必要なチェック項目を覚えられません。

意識して、チェック項目を覚えながら検品作業を進めましょう。


チェック項目が多いときは、覚えきれない分だけを書き出してそこだけ確認しながら検品するのもおすすめです。


仕事の流れを決める

検品作業は常に同じ流れで行いましょう。

同じ作業を繰り返していると飽きるからといって、手順を変えていると効率が悪くなります。

いつも同じ手順で検品することで、結果的に作業効率も高まるでしょう。


目標を立てる

検品作業をするときは、自分なりの目標を立てましょう。

「一つの検品にかける時間は○分まで」「1時間で○個の検品をする」といった具合です。

目標があれば、集中力も高まります。


このとき、くれぐれも無理な目標設定はしないことです。

自分が無理なく達成できる目標を設定して、達成できたら少しずつ目標を上げていきます。

H3.焦らずに自分のペースで作業する

検品は流れ作業で行うこともあるので、周りのペースに合わせなくてはいけません。

ただ速さを意識しすぎると、不良品の見逃しにつながります。

最初からスピードを重視すると、いつまでたっても検品の精度は上がりません。

最初は速さよりも正確さを意識して、自分のペースで確実に検品作業を行いましょう。


難しく考えない

検品作業をしていると、検品に通すべきかはじくべきか悩ましいケースも出てきます。

このとき、あまり難しく考えないことです。

疑わしいと思った製品は、迷わずはじきましょう。

検品を通して後でクレームになるよりはましです。


指示やアドバイスは素直に受け入れる

慣れてくると、自分なりのコツや手順が定まってきます。

そこで注意やアドバイスをされると、自分の努力を否定されたかのように感じる人もいます。

ただ、同じ製品でもチェック項目や手順が変わるのはよくあることです。


自分が成長するためにも、指示やアドバイスは素直に受け入れましょう。


検品作業をするときの注意点


検品作業で気を付けたいのが自己判断です。


何回も同じようなところで確認しに行くと、申し訳ない気持ちになったり、しつこいと思われないか不安になったりします。

そんなとき、「これくらいなら大丈夫」と自己判断で通すと、後々さらに大きな迷惑をかけることにもなりかねません。


判断に迷うときは、責任者に指示を仰ぎましょう。


 仕事の魅力


検品作業のメリットも確認しておきましょう。


力が必要ない

検品は、座って作業することが多いです。

製造現場と違って、立ちっぱなしで作業することがないので、体力的な負担が少なくて済みます。

体力に自信のない人でも働きやすいのは検品作業の魅力です。


コミュニケーションが苦手でもできる

検品は一人で行うので、人付き合いが苦手な人でも問題なく作業できます。

最低限の挨拶や業務連絡などのコミュニケーションは必要ですが、人間関係に煩わされたくないという人にとっては働きやすいでしょう。


 検品作業に向いている人


検品作業には向き不向きがあります。

検品作業に向いている人は、どんな人でしょうか。


集中力がある人

検品作業には集中力が必要です。

集中して作業することで効率よく検品をこなせるようになります。

仕事中は集中して作業に臨める人は検品作業に向いているといえるでしょう。


コツコツ作業を続けられる人

検品作業は、同じ作業の繰り返しで、仕事が単調になりがちです。

飽きっぽい人や、新しいことを求める人には向きませんが、コツコツ作業を続けることが苦にならない人は検品作業が向いています。


人の話を素直に聞ける人

どんなベテランであっても、検品作業を続けていれば少なからず見逃しなどのミスが出てくるものです。

そのとき、言い訳や人のせいにするのは意味のないことですし、ただただ時間を無駄にしています。


検品作業が上達するためには、人の話を素直に聞くことです。

素直に自分のミスを認めアドバイスを受け入れられる人は、検品作業に向いています。


まとめ


検品作業は、不良品が市場に出回るのを防ぐために必要な、重要な仕事です。

作業には正確さとスピードが求められますが、最初のうちは焦らないでください。

まずは、スピードよりも正確さを重視しましょう。


判断に迷うときは自己判断で通さず、責任者に指示を仰ぐことも大切です。

今回紹介した検品作業のコツを参考に、スムーズで効率の良い検品作業を目指してください。





気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー