catch-img

工場勤務は楽しい?仕事内容や魅力も紹介

工場の求人募集を見て、「働いてみようかな」と検討している人もいるのではないでしょうか。

ただ興味はあっても、「仕事内容がよくわからない」「自分にできるだろうか」と不安を感じている人もいるでしょう。

せっかく働くのであれば、できるだけ楽しい環境で働きたいものです。

この記事では、工場の仕事内容と工場勤務の魅力や大変なことを紹介しています。


「これから工場で楽しく働きたい!」と思っている人のために、工場勤務に向いている人の特徴もまとめたので参考にしてください。


 工場勤務ではどのような仕事をするの?


工場の仕事は、主に三つに分類できます。


  • 製造ライン
  • 生産管理
  • 設備管理


この三つの仕事内容について、詳しく見ていきましょう。


製造ライン

工場の製造ラインは、ベルトコンベアから流れてくる部品や材料を加工したり組み立てたりして製品を仕上げる仕事です。

工程ごとに担当が決まっているので、自分の担当する作業を終えたら次の人に流していきます。

製品を作るだけではなく、仕上がった製品の検品や梱包も製造ラインで行う仕事です。


生産管理

生産管理は、製造ラインで使う部品や材料が不足しないように、供給するのが仕事です。

扱う部品が重い場合は、台車を使ったりフォークリフトを使ったりすることもあるでしょう。

フォークリフトを使う場合は、フォークリフト運転技能講習を受講して修了証の取得が必要です。

供給する部品は倉庫から補充する場合もあれば、他の製造ラインから運んでくることもあります。


設備管理

製造ラインに不具合がないか、点検・整備を行うのが設備管理の仕事です。

製造ラインの設備に問題が起こったときは、すぐに原因を突き止め解決します。


設備管理の仕事は設備に関する専門知識が必要なので、機械保全技能士や電気工事士などの資格が応募条件になっていることもあるでしょう。


工場勤務の魅力


続いて、工場で働くことの魅力を紹介します。


ものづくりに関われる

工場で働いていると、ものづくりに関われるのが魅力の一つです。

扱っているのが、自分が好きなメーカーや愛用している製品であれば、モチベーションも高くなりやりがいも感じられます。


企業によっては、扱っている製品を従業員価格で購入できることもあり、お気に入りの製品を安く購入できるのも、工場で働くメリットといえます。


給料が比較的良い

工場の仕事は、給料が比較的良い傾向にあります。

特に力仕事が必要な工場では、基本給も高めに設定されていることが多いようです。


日払いや前払いに対応しているところもあるので、すぐに現金が欲しいという人にとっては魅力的な職場環境といえるでしょう。

働き始めの頃は特に、まとまったお金が必要なことも多いので、日払い・前払いはうれしい制度です。


人間関係に煩わされない

工場の仕事は、基本的に一人で黙々と作業を進めるスタイルです。

接客業や営業職のようなコミュニケーション能力は要求されないので、人間関係に煩わされたくない人や、人との関わりが苦手な人でも働きやすいでしょう。


工場勤務で大変なこと


工場の仕事が楽しいと感じる人がいる一方で、「仕事がつらい」と感じている人もいるようです。

ここでは、工場勤務で大変なことも確認しておきましょう。


単純作業が多い

工場の仕事は、比較的簡単な作業が多く、未経験でもできる仕事がたくさんあります。

その半面、作業が単調でつまらないと感じることもあるでしょう。

単純な作業をひたすら繰り返すことが苦手な人にとっては、大変な仕事といえるかもしれません。


体力が必要

工場の仕事では体力が必要です。

自動車や大型家電製品など、大きな部品を扱う工場はもちろん、食品や日用品の製造など軽作業の製造であっても、基本は立ち仕事になるので、ある程度の体力がなければ務まりません。

長時間立ち続けるため、健康面に不安がある人にもつらい仕事になるでしょう。


勤務が不規則なことも

24時間稼働している工場では、シフト制で日勤と夜勤があるケースも見られます。

勤務時間が不規則になることで、生活のサイクルが乱れて体調を崩す人もいるようです。


日勤と夜勤の勤務スタイルに慣れるまでは、仕事が大変だと感じることもあるでしょう。


工場勤務に向いている人


工場勤務の魅力や仕事で大変なことを加味して、工場の仕事に向いている人の特徴をまとめました。

自分が工場の仕事に向いているか、向いていないかを判断する目安にしてください。


コツコツ作業できる人

工場の仕事は、基本的に同じ作業の繰り返しです。

製品の品質に関わるので、勝手な創意工夫を施すこともできません。

マニュアル通りにコツコツ作業することに抵抗ない人は、工場の仕事に向いています。


ものづくりに関わりたい人

ものづくりに興味がある人やものづくりに関わりたい人も工場の仕事に向いています。

「製品が仕上がっていく工程を見るのが好き」「自分が関わった製品が世の中で使われていることがうれしい」このように、ものづくりに関わることで喜びを感じられる人は、楽しく工場の仕事を続けられる人です。


あまり人付き合いをしたくない人

工場の仕事では、基本的に人との関わりを必要としません。

業務連絡や最低限のコミュニケーションは必要ですが、他の職業と比べたときに、人との関わりが少ない職種です。

人付き合いが苦手な人やおしゃべりが苦手な人は、黙々と自分の作業を続ける工場の仕事に向いているでしょう。


面接のポイント


工場の面接で押さえておきたいポイントを紹介します。


服装

工場では、私服や作業着で働きますが、面接ではスーツを着用しましょう。

新卒の場合はリクルートスーツでもよいのですが、転職の場合はビジネススーツの方がよいでしょう。

リクルートスーツだと、頼りない印象を与える可能性があります。


スーツは自分のサイズに合ったものを選びましょう。

シャツのしわや靴の汚れにも気を付けてください。


ペットを飼っている人やタバコを吸う人は、服ににおいが付いていないかもチェックします。


持ち物

面接当日に忘れ物がないように持ち物を確認しましょう。

主な面接の持ち物は以下の通りです。

  • 履歴書
  • A4サイズの書類が入るかばん
  • 筆記用具
  • 時計
  • 携帯電話・スマートフォン
  • 財布
  • ハンカチ・ティッシュ
  • 手鏡
  • 面接を受ける企業の担当者名のメモ

履歴書は、かばんの中で折れたり汚れたりしないように、クリアファイルに入れておくのがおすすめです。


面接場所の確認

面接場所を確認しておきましょう。


住所はもちろんですが、移動手段や移動にかかる時間も調べてください。

自家用車で行く場合は駐車場の有無を確認して、駐車場がなければ近くのコインパーキングなども探しておきます。


もし遅れそうな場合は、必ず担当者に連絡を入れましょう。


まとめ


工場勤務は、ものづくりに関われる魅力的な仕事です。


自分の作業を黙々と進めるのが得意な人や体力に自信がある人は、工場の仕事に向いているでしょう。


その一方で、勤務時間が不規則になりがちだったり、単純作業が多かったりといったデメリットもあります。


工場で楽しく働くためにも、前述の「工場の仕事に向いている人」の欄を参考に、自分がこの仕事に向いているのかいないのかを判断しましょう。




気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー