catch-img

製造オペレーターとはどんな仕事?給料相場や仕事の魅力を紹介!

製造オペレーター募集の求人を見かけたことはありませんか?

「興味があるけど、どんな仕事かよく分からない」という人もいるのではないでしょうか。

この記事では、製造オペレーターの仕事内容や給料相場について紹介しています。


仕事の魅力や大変なことについてもまとめてあるので、製造オペレーターの仕事に興味がある方や、これから求人に応募しようと考えている方は、ぜひチェックしてください。


製造オペレーターとは?どんな仕事をするの?


製造業の現場で機械に関わる仕事を行うのが、製造オペレーターです。

多くの工場では、製品の製造にさまざまな機械が使われています。

機械を使用して、効率良く製品を量産するのが製造オペレーターの役割です。

不良品を出さず、製品の品質を保つためにも、欠かせない仕事だといえるでしょう。


製造オペレーターの仕事は、大きく分けて以下の三つに分類できます。

  • 機械の監視
  • 機械の操作
  • 機械の保全


それぞれの役割を詳しく見ていきましょう。


機械の監視

工場で稼働している機械が正常に動いているかをチェックするのが、生産オペレーターの仕事の一つです。

機械に異常があると、工場の生産ラインが正確に稼働しません。

機械が正しく稼働しているか監視することが、効率の良い製品の製造につながります。


 機械の操作

工場で使う機械の操作も、製造オペレーターの仕事です。

機械の設定や制御など、生産過程で機械が正しく稼働するための操作を行います。

機械にトラブルや不具合が起こった場合は、必要な対処を求められることもあるでしょう。


機械の保全

機械の保全では、工場の機械を安定して稼働させるために、点検や整備を行います。

機械の稼働前には点検を行い、作業終了後は清掃や洗浄を行うのも機械保全の大切な仕事です。

こういった日々のメンテナンス以外に、万が一機械が故障した場合は適切な対応が求められます。


 製造オペレーターが扱う機械


製造オペレーターは、扱う機械によって主に以下の四つがあります。


  • プレス加工機械オペレーター
  • ラッピング加工機械オペレーター
  • 切断機械オペレーター
  • NC旋盤機械オペレーター


それぞれの機械の特徴や役割を確認しておきましょう。


プレス加工機械オペレーター

プレス加工を行う機械を扱うのが、プレス加工機械オペレーターです。

プレス加工では、金属に圧力を加え、曲げたり伸ばしたりして加工します。

製造する製品によって、大きな板金を扱うこともあれば、細かい部品を扱うこともあるでしょう。

金属を機械にセットするのは手作業で行うため、大きな金属を扱う場合は力が必要です。


ラッピング加工機械オペレーター

完成した製品の包装を行うのが、ラッピング加工機械オペレーターです。

ラッピング加工機械オペレーターが放送する品物の一例として、コンビニのおにぎりや雑誌などがあげられます。


製品に異物が入るのを避けるためにも、衛生面には配慮が必要です。

特に食品を扱う工場では、服装や身だしなみのチェックが厳しくなるでしょう。


切断機械オペレーター

切断機械オペレーターは、建材を指定のサイズに切断するのが仕事です。

作業工程によって扱う機械を使い分けることもあるので、扱う機械ごとに操作を覚えなくてはいけません。

切断する際に、粉塵やホコリが舞うこともあるため、衛生的な環境で働きたい人にとっては好ましくない労働環境となるかもしれません。


作業のほとんどは機械で行うため、体力に自信のない人でも働きやすいでしょう。


NC旋盤機械オペレーター

コンピュータープログラミングで制御して、部品を加工するのが、NC旋盤機械オペレーターです。

主に電化製品や自動車に使用する、ねじやボルトなどの細かい部品の加工を行います。


NC旋盤機械オペレーターは細かい部品を扱うため、繊細な作業が求められ、作業には微調整が必要です。

専門知識が求められる一方で、プログラミングさえできれば作業を自動化できます。

扱う部品が小さく軽いことがほとんどなので、体力も必要ありません。


製造オペレーターの給料相場


製造オペレーターの給料は、雇用形態や工場の規模によって金額が変わります。

目安としてご紹介するのであれば、正社員で20~30万円、派遣社員で20~25万円、アルバイトで時給1,100~1,300円くらいが相場です。


また22時から翌5時までは深夜手当が付くので、賃金が25%高くなります。

24時間稼働している工場で、夜勤がある場合などは深夜手当が付いて給料も高くなるでしょう。


勤務先によっては、寮や社食を完備していることもあり、比較的福利厚生が充実している傾向にあります。


製造オペレーターの魅力


製造オペレーターを目指すのであれば、働くことでどのようなメリットを得られるのかも気になるのではないでしょうか。

製造オペレーターの仕事には、多くのやりがいがあります。

その中でも特に、これから製造オペレーターを目指したい人にとっての魅力をご紹介します。


未経験可の求人が多い

機械を扱う製造オペレーターの仕事は、専門知識や資格が必要だというイメージがあるのではないでしょうか。

確かに扱っている製品によっては、資格保持者や経験者しか募集していないこともあります。


ただ、未経験者でも可としている求人が多くあるのも事実です。

製造オペレーターの仕事の中には、未経験者でも働けるように、作業がマニュアル化されている仕事もたくさんあります。

専門のオペレーターを育成するためのプログラムを設けている企業もあります。

まずは未経験者可の求人に応募して経験を積み、働きながら知識や技術を身に付けてスキルアップしていけるのも、製造オペレーターの魅力といえるでしょう。


体力的な負担が少ない

製造オペレーターは、機械操作をはじめ機械の監視や保全が主な仕事なので、体力的な負担は多くありません。

工場には、組み立てや加工、梱包や検品など、さまざまな仕事があります。

その多くは、一日中立ちっぱなしで作業したり、重い部品や荷物を扱ったりと、体力が必要です。


体力的な負担が比較的少ない製造オペレーターの仕事であれば、年齢を気にせず長く働くこともできるでしょう。


転職しやすい

製造オペレーターの需要は高く、求人の募集も常に一定数あります。

ある程度の経験や技術があれば、より良い条件で働ける会社への転職もしやすいでしょう。

製造オペレーターの仕事は、機械操作からメンテナンスまで、幅広い知識と技術が求められます。

製造オペレーターとして身に付けたスキルは、転職しても大いに役立つはずです。


製造オペレーターの仕事で大変なこと


次に、製造オペレーターとして働く上で大変なことについても確認しておきましょう。


機械に関わる事故リスク

機械を扱う製造オペレーターには、常に事故に遭うリスクが付いて回ります。

機械の取り扱いには、安全に配慮したルールが定められています。

ルールに従って作業していれば、事故に遭う確率は少なくなりますが、ゼロにはなりません。

ちょっとした気の緩みや手違いが、大きな事故につながることもあるのです。

製造オペレーターとして働くのであれば、機械に関わる事故のリスクを念頭に置く必要があるでしょう。


機械以外の仕事もある

機械を扱う仕事をしたくて製造オペレーターを目指す人も多いと思いますが、製造オペレーターとして働いていても、機械に関わる仕事以外の業務をしなくてはならないことがあります。


工場によっては、オペレーターの仕事を専任で行うところもあるでしょう。

しかし組み立て・加工・検品など作業工程ごとにオペレーターを置いている場合は、オペレーターとして担当している工程の作業も行うケースもあるようです。


もし機械に関する仕事を専門でやりたいと考えているのであれば、面接時に仕事内容をよく確認しておきましょう。


一人での作業が多い

工場では多くの人が製品の製造に関わっています。

工程ごとに多くの人数が配置されていますが、製造オペレーターは、配置される人数は多くありません。

一人で作業を続けることに対して、孤独やさみしさを感じることもあるでしょう。


ただし一人で黙々と作業することが好きな人にとっては、むしろメリットといえるかもしれません。


製造オペレーターの将来性


機械の自動化やAIの発展に伴い、「製造オペレーターの仕事はいずれなくなるのではないか」と心配している人もいるでしょう。


これまで人の手で行っていた製品の製造工程は、機械化・自動化により人手が必要なくなる可能性もあります。

しかし製造オペレーターは、機械の操作以外に点検やトラブルの改善など、機械を管理するのも仕事です。

どれほど機械化や自動化が進んだとしても、製造オペレーターの仕事がなくなることはないでしょう。


ただし、機械化・自動化が進むにつれ、より高度な知識や技術が求められるようになる可能性はあります。

製造オペレーターのとして長く働きたいのであれば、常に最新の技術にアンテナを張り、取り入れる努力は必要です。


製造オペレーターの仕事に向いている人


製造オペレーターはやりがいのある仕事ですが、人によって向き不向きがはっきり分かれる仕事でもあります。

ここでは、製造オペレーターの仕事に向いている人の特徴を見ていきましょう。


機械関係に興味がある人

製造オペレーターは、未経験者でもできる仕事も多く、働きながら必要なスキルを身に付けられます。

しかし機械が苦手で興味が持てない人だと、仕事に面白みを感じられませんし、場合によっては苦痛を感じることもあるでしょう。


機械操作が好きな人や機械関係に興味がある人の方が、製造オペレーターに向いています。


一人での作業が苦にならない人

製造オペレーターの仕事は、一人で淡々と作業を続けることがほとんどです。

そのため一人の作業が苦にならない人に向いている仕事だといえます。

逆に人とコミュニケーションを取りたい人や、仲間と協力して仕事を成し遂げたいという人には向かないでしょう。


生産ラインを安定して稼働させるために欠かせない重要な仕事とはいえ、基本的には毎日同じ作業の繰り返しなので、単調な作業が苦手な人はやりがいを感じにくいかもしれません。


責任感や向上心がある人

製造オペレーターは、工場で安定した生産を続けるために必要な仕事です。

機械のトラブルや故障は、工場の生産ラインを止めることにもなりかねません。

各工程のスタッフが安全に作業を行うためにも、製造オペレーターは、責任を持って仕事に向き合う必要があるでしょう。


また現場によって扱う機械やルールが変わることもあります。

現場によって変わるルールに対応する柔軟さや、新しい技術を取り入れようとする向上心があることも製造オペレーターとの重要な資質といえます。


製造オペレーターに必要なスキル


製造オペレーターの仕事は無資格・未経験にもできる仕事もたくさんありますが、持っていると優遇されるスキルや、役立つ資格もあります。

例えばフォークリフト運転技能講習終了証や機械加工技能士、建設機械施工技士などは、製造オペレーターとして働く上で持っておきたい資格の一つです。


昇給やキャリアアップ・転職にも有利なので、働きながら必要に応じた資格の取得も視野に入れておくとよいでしょう。


まとめ


製造オペレーターは、工場で安定して製品を作り続けるために必要な仕事です。

未経験者でもOKの求人も多いので、機械関係に興味があり、機械に携わる仕事がしたいという人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


ただし製造オペレーターには向き不向きがあるので、今回紹介した「仕事の魅力」や「大変なこと」なども参考にして、自分に向いているのかどうかを判断してくださいね。





気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー