catch-img

工場の製品検査員ってどんな仕事?仕事の魅力や大変なことも紹介!

製品検査員と聞いて、どのようなイメージを持ちますか?
「難しそう」「責任が重い」といった印象もあるかもしれません。
ただ製品検査の仕事は、やりがいのある魅力的な仕事でもあります。

この記事では、製品検査員の仕事内容や仕事の魅力についてお伝えします。
製品検査員に向いている人の特徴や仕事で大変なことも紹介しているので、これから製品検査員として働きたいと考えている人はぜひ参考にしてください。


製品検査員とは


製品検査員は、工場で作られた製品の仕上がりを確認する仕事です。
傷や汚れが付いていないか、規格通りに作られているか、異物が混ざっていないか、正常に動作するかといったポイントをチェックします。

製品の不備を発見した場合、不備の原因を突き止め改善するためのフィードバックを行うのも、製品検査員の大切な仕事です。


製品検査の種類

製品検査は、視覚的にチェックする他に、機器を使って検査する場合もあります。
ここでは、製品検査の種類を確認しておきましょう。

目視検査

目で見て製品をチェックする方法です。
複数人のグループ体制で検査することもあります。


外観検査

製品の外見について検査を行います。
表面の傷や汚れ、変色などをチェックします。

目視で行うこともありますが、自動検査装置を使用するケースもあります。


モニターチェック

製品の製造過程をチェックします。
モニターを通して作業過程をチェックすることで、製品が完成する前の不備も発見可能です。

製品の不備以外に、機械類に不具合がないかもチェックします。


分析補助

研究や開発も行っている工場では、医薬品や化粧品のデータ分析の補助を行うこともあります。


機器を使用した検査

精密機械などを検査する場合は、測定器を使うこともあります。
測定器を使う製品検査は、機械検査技能士の資格を持っていなければ行うことができません。


製品検査員の魅力


製品検査員として働くことのメリットとしてあげられるのは、以下のポイントです。

  • 体力的に楽
  • 作業自体は簡単

詳しく見て聞きましょう。


体力的に楽

製品検査員の仕事は、体力的な負担が少ないのがメリットです。
製品を作る工場の仕事は、多くが立ち仕事ですが、製品検査員の仕事は基本的に座って行われます。

重いものを運ぶこともなく、肉体労働もないので、体力に自身のない人でも働きやすいでしょう。


作業自体は簡単

製品検査の仕事は、不良品を流通させないために必要な、責任ある仕事です。
ただ仕事自体は比較的簡単なので、未経験者でも取り組みやすいのが魅力でしょう。
始めて製品検査を行うような初心者の場合は、簡単な作業から始められます。

製品検査でチェックする呼応目は決められており、同じ作業を繰り返すのでコツをつかみやすいでしょう。
仕事に慣れてくると、難しい検査を任されることもありますが、自分なりの工夫を取り入れて生産性を高めることも可能です。


製品検査員の仕事で大変なこと


製品検査員として働く上で大変なことについても確認しておきましょう。
製品検査の仕事で大変だと感じるポイントは、以下の通りです。

  • 単純作業がつらい
  • 目や肩に負担がかかる
  • ライン作業の場合スピードも必要


単純作業がつらい

製品検査は、作業手順やチェック項目が決められているので、誰でも簡単にできる反面、「単純作業がつらい」「仕事に面白みがない」と感じる人もいるようです。
作業のノルマはある程度決められていますが、自分なりの目標を設定することでモチベーションを上げるのも一つの方法です。

「さっきは一つの製品チェックに○分かかったから今度は○分以内を目指そう」といった、無理のない目標を決めることで、楽しみながら作業を続けられます。


目や肩に負担がかかる

製品検査では、製品の不備や不良品を見逃さないよう集中して検査に臨まなくてはいけません。
長時間同じ姿勢で作業するので、目や肩などに負担がかかります。

長く働いている人の中には、眼精疲労や肩こりに悩まされている人も少なくありません。
目の疲れをとる目薬を使ったり、勤務後はマッサージをして体をいたわるといった工夫も必要になるでしょう。


ライン作業の場合スピードも必要

製品検査がライン作業で行われる場合、最初のうちはスピードについていくのが大変なこともあります。
これは慣れもあるので、コツさえつかめば多くの場合気にならなくなるものですが、慣れるまでは、ラインのスピードに合わせなければいけないというプレッシャーで「つらい」と感じることがあるでしょう。

スピードを意識しすぎて検査がおろそかになっては元も子もありませんので、正確に検査することを重視しましょう。
正確な検査を淡々と続けることで、作業スピードは自然と早く待ってきます。


製品検査員の将来性


製品検査員として働くにあたり、将来的な不安を感じている人もいるようです。
多くの仕事が機械化によりなくなるといわれている中で、製品検査員の仕事は機械化・自動化されることはあるのでしょうか。

実際のところ、機械化や自動化の流れはがあることは否めません。
ただ完全に自動化するには、機械の導入に多額のコストがかかります。

また操作や整備にも人件費がかかることから、完全な無人化は難しいと考えられます。
今後、検査の機械化・自動化は進むと思われますが、製品検査員の仕事がすぐになくなる可能性は低いでしょう。


 製品検査員に向いている人の特徴


製品検査員の仕事に向いている人の特徴として、以下の3つがあげられます。

  • 集中力がある人
  • 単調な作業を黙々とできる人
  • 責任感のある人


集中力がある人

製品検査員の仕事には、集中力が欠かせません。
気が散りやすい人や、あれもこれも手を出したくなるタイプの人には向かないでしょう。

作業中は集中して検査作業に臨める人に製品検査の仕事は向いています。


単調な作業を黙々とできる人

製品検査の仕事は、単調な作業の繰り返しです。
自分の作業を黙々とこなせる人に向いているでしょう。

作業中は他の人と話すこともないので、人とのコミュニケーションが苦手な人にも向いています。
製品検査員には、自分の仕事を淡々とこなすストイックさが求められます。


責任感のある人

不良品の流通は企業の信頼を大きく落とす可能性があります。
「これくらいはいいや」という気持ちは不良品の見逃しに繋がります。
製品検査員は、不良品を見逃さないという責任缶を持って作業しなくてはいけません。


製品検査員に必要な資格は?


製品検査員の仕事は、基本的に資格がなくても従事できます。
ただ測定器を使って検査する場合は、機械検査技能士という資格が必要です。

機械検査技能士は国家資格で、資格は3級・2級・1級・特級に区分されます。
受験料は試験を受ける地域によっても変わりますが、学科試験が3,100円、実技試験が16,500円というのが目安です。

各区分の受験資格は以下の通りです。



区分
受験資格
3級
不問
2級

2年以上の実務経験もしくは3級合格者

1級

7年以上の実務経験もしくは2級合格後2年以上か3級合格後4年以上の実務経験

特級

1級合格後5年以上の実務経験


まとめ


製品検査員の仕事は、不良品を市場に流通させないという責任が伴う重要な仕事です。
仕事自体は難しいものではありませんが、常に高い集中力が求められます。

単調な作業が多くつまらないと感じる人もいますが、自分なりの目標や工夫を取り入れることで、やりがいのある仕事として続けられるでしょう。
これから製品検査の仕事をしたいと考えている人は、今回紹介した、「製品検査員に向いている人の特徴」なども参考にしてくださいね。









気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー