catch-img

工場勤務のメリット・デメリットは?どんな人に向いているかも紹介

工場勤務を検討する上で知りたいのが、自分に合った職場なのかの判断にもつながるメリットとデメリットではないでしょうか。また、仕事内容も気になるところでしょう。


そこで今回は、工場勤務のメリットとデメリットに加え、主な仕事内容について詳しく解説します。工場勤務に向いている人についてもご紹介!この記事を読めば、工場勤務のメリットを知ることができ、自分に向いている仕事なのか判断できるようになるので、工場勤務を検討している人はぜひ参考にしてください。

目次[非表示]

  1. 工場勤務の主な仕事内容
  2. 工場勤務のメリット
  3. 工場勤務のデメリット
  4. 工場勤務に適性がある、向いている人
  5. まとめ



工場勤務の主な仕事内容


工場勤務には実にさまざまな仕事があり、食品系や自動車関連など工場の種類によって仕事内容も異なりますが、一般的な工場勤務の主な仕事内容は下記の通りです。


  • ライン作業

ライン作業の主な仕事はベルトコンベアーで流れてくる製品の加工や検品で、業務の風景から「流れ作業」ともいわれています。また、機械の操作や管理など行う機械オペレーターをすることもあります。ライン作業は単純な仕事が多いため、未経験でもスムーズに仕事を始められるのが魅力です。


  • ピッキング、フィーダー

仕事内容は、工場内で作業している人から指示のあったものを倉庫などに取りに行くことです。重いものや手で運べない大きなものなどは、ピッキング(フォークリフト)を使う場合もあります。作業に必要なものを届けるのが仕事のため、スピードと正確性が求められます。


  • 生産、工程管理

生産量や製造工程全般の管理が主な仕事です。製造工程では、どの工程でも問題なく進められているかなどをチェックしたり、人員が適正に配置されているかといった人員数などの管理を行ったりします。生産、工程管理は工場全体の流れを管理するため、工場勤務経験者の仕事です。


  • 事務

従業員の給料計算から受注入力や材料の発注など、事務仕事全般を行います。また、電話対応や受け付け業務を行うこともあるため、接客マナーを身に付けておくとことも必要です。パソコンへの入力作業が主になるため、パソコンの知識があると仕事もスムーズにできます。


  • 検品、品質管理

検品作業は、製造された品物に欠陥がないかなど検品を行います。品質管理は、欠陥が見つかった品物に対して、どこで欠陥になったのか原因を調べるのが仕事です。


以上が、工場勤務の主な仕事内容です。工場勤務が初めての人は、未経験でも可能な「ライン作業」を希望するのがいいでしょう。


工場勤務のメリット


工場勤務の仕事内容について解説してきましたが、続いてはメリットを見ていきましょう。工場勤務のメリットには、以下の4つがあります。


  • 夜勤で特別手当が付く
  • 学歴問わず活躍できる
  • 作業自体は簡単で楽
  • 休日が取りやすい


工場勤務は給料が高い上に休みが取りやすく、作業が簡単で楽といった魅力的な職場です。それでは、一つずつ詳しく解説していきます。


夜勤で特別手当が付く

工場勤務は24時間体制の工場もあるため、夜勤のシフトがあれば特別手当が付き高給が見込めるのがメリットです。事務職や飲食業などに比べると、夜勤のある工場勤務の方が多く収入が見込めます。夜勤は残業とは違うため定時になれば帰ることができるので、夜勤の生活リズムに慣れてしまえば問題なく勤務できます。


学歴問わず活躍できる

体力仕事が中心の工場勤務なら、学歴を重視した採用は多くありません。中卒でも正社員として工場で働いて活躍している人もいますので、学歴問わず活躍できるところも最大のメリットといえるでしょう。ライン作業など、未経験でも可能な作業が多いのも工場勤務のメリットです。


作業自体は簡単で楽

工場勤務の仕事内容は先程述べましたが、仕事を覚えてしまえば作業自体は簡単で楽です。単純作業が多く、一人で黙々と作業に没頭できるので、コミュニケーションが苦手な人でも働きやすいのもメリットです。また、フォークリフトを使うピッキングなど資格が必要な作業もありますが、勤務しながら資格取得ができます。会社によっては資格支援を行っている場合もあるので、求人欄で確認してみましょう。


休日が取りやすい

24時間体制で稼働している工場などでは、休日の取り方が変わってきますが、比較的休日が取りやすい職場です。基本的には他の職場と同様に週休2日制が多く、シフト制でない工場勤務の場合は土日の休みとなる傾向があります。24時間稼働の工場の場合、勤務体制がシフト制になるため、週休2日制の職場よりも都合に合わせて休日が取りやすい場合があります。また、平日に休日が取りやすいといったメリットもあります。


工場勤務のデメリット


工場勤務はメリットばかりではなく下記のようなデメリットもあるので、把握しておきましょう。


  • 体力を使う
  • やりがいが少ない
  • 単純作業が続く
  • 事故やケガのリスクもある


デメリットでは、体力を使うことや単純作業の繰り返しなどあるため、工場勤務をする場合は根気が必要です。また、機械を使う作業が多いため事故やケガのリスクがあることも知っておきましょう。それでは、詳しく見ていきましょう。


体力を使う

工場勤務は立ち仕事や重い荷物を運ぶなど、体力を使う作業が多いところがデメリットです。工場内を走り回る作業もあるなど、仕事終わりは相当な体力を消耗しています。そのため、体力に自信のない人は工場勤務がキツイと感じて長続きしない場合があります。


やりがいが少ない

工場の作業は単純作業が多いため、営業職など成果につながる職種に比べると達成感や成功などといったやりがいを感じにくい仕事です。また、一人で黙々と作業がこなせるため、競争心が湧き起こるようあ仕事でもありません。そのため、やりがいを感じる仕事に就きたい人は不向きな職場です。


単純作業が続く

工場の仕事は、毎日が同じ単純作業です。工場勤務の経験がある人の中には、「刑務所の作業としか思えない」といった感想を抱いている人もいます。また、永遠と単純作業が続くので、飽きてくるのがデメリットです。そのほかにも、同じ体制で作業するので、腰などに負担が掛かるといったデメリットもあります。


事故やケガのリスクもある

機械を扱う工場勤務の場合は、機械に巻き込まれて腕をケガするなどの事故のリスクがあります。機械に腕が巻き込まれて切断するといった最悪のケースもあるため、工場勤務を希望する場合は事故やケガのリスクを十分に把握しておきましょう。事故やケガが起こってしまう原因はさまざまありますが、寝不足や体調不良など集中力が掛ける状態での勤務が一番危険です。体調管理などをしっかり行って、勤務にあたるようにしましょう。


工場勤務に適性がある、向いている人


工場勤務のメリット・デメリットを踏まえた上で、工場勤務に向いている人の特徴は以下の通りです。


【工場勤務に適性がある、向いている人】

  • 体力に自信がある人
  • 定期的な休みがほしい人
  • 人とのコミュニケーションが苦手な人
  • 黙々と作業することが得意な人
  • 夜勤があっても高給を望む人


反対に、工場勤務に向かない人の特徴は以下の通りです。


【工場勤務に向かない人の特徴】

  • 体力に自信がない人
  • 単純作業が苦手な人
  • 仕事にやりがいを求める人


上記の内容を参考にして、求人に応募する前に自分は工場勤務に向いているのか確認してみましょう。


まとめ


工場勤務のメリットは、学歴問わず活躍できることや、作業が単純で楽にもかかわらず夜勤などで特別手当が付き高給なところです。しかしながら事故やケガのリスクがあるなどデメリットもあるため、メリット・デメリットをしっかり把握して自分に向いている仕事なのかを確認した上で、工場勤務に応募をしましょう。





気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー