catch-img

製造業の仕事がつまらない要因|楽しいと感じられないときの対策


目次[非表示]

  1. 製造業のライン作業がつまらなくなる要因
  2. メーカーの仕事がつらい・辞めたいとき
  3. 製造業にはメリットもある
  4. 製造業に向いている人の特徴
  5. まとめ


工場でライン作業に就いている人の中から「仕事がつまらなく感じる」という声はしばしば聞かれます。単純な作業も多い現場だと「何のために仕事をしているのか分からない」「やりがいが持てない」と感じることもあるかもしれませんが、そんなときにはどのように対処すべきでしょうか。楽しく仕事ができるようになるための対策や、製造業ならではのメリットもご紹介します。


製造業のライン作業がつまらなくなる要因


工場に多いライン作業がつまらなく感じられる要因としては、以下が考えられます。


  •   単純作業で退屈
  •   やりがいを感じられない
  •   コミュニケーションが難しい
  •   将来性を感じられない


「それぞれの要因がどこまで当てはまるか」といった点は個性によってまちまちですが、複数の要因が絡んで仕事に充実感が持ちにくくなる、といったパターンが想定されます。

◆単純作業で退屈

ラインの仕事はベルトコンベアから流れてくる素材や製品に対して梱包や加工など、毎回同じ作業を繰り返し行うという地味な内容です。いつも同じ体勢で同じ動きをする環境のため、新鮮味に欠け退屈に感じやすくなります。作業も専門性が求められる内容ではなく単純なため、一層退屈さが増します。

◆やりがいを感じられない

前述した通り専門性の求められない機械的な作業を繰り返す場面が多いため、仕事に対するやりがいを感じにくくなります。現場では製作の途中段階しか見られないため、製品や商品の出来上がる過程などがイメージしにくい点も達成感が低くなる要因に含まれます。

◆コミュニケーションが難しい

工場内では担当する場が決まっており、単純作業が多く仕事に関する会話の必要もなくなるため周囲とコミュニケーションを取る機会が多くありません。そのため元々人付き合いが苦手な人が集まりやすく、ますますコミュニケーションが厳しくなる傾向があります。

◆将来性を感じられない

高度な技術や専門性がなくてもできる作業のため、給与アップがなかなか見込めない点から「このまま働いていてよいだろうか」と将来的な不安を抱える人も多いです。


メーカーの仕事がつらい・辞めたいとき


工場での仕事を辞めたくなるほどつらく感じてしまったときの対処法としては、以下があります。


  •   資格を修得してスキルアップに努める
  •   割り切って余暇を楽しむ
  •   転職を検討する


対処の仕方はさまざまですが、自身の精神状況や将来設計などに応じていずれかを選択することをおすすめします。

◆資格を修得してスキルアップに努める

資格を取得しステップアップすることで、同じ職場内でもやりがいや将来性を感じられる業務や職種に異動・配置される可能性があります。工場内の業務の中でフォークリフトやクレーン、溶接、CADに関する資格保有者はスキルが高いとみなされるし、報酬アップも見込めます。


資格取得を目指すことで目標も生まれるため、工場での仕事にやりがいを感じるようになるというメリットもあります。ただし資格を取得して希望する業務への異動が可能かどうか、事前に職場担当者に確認してから行動に移すようにしましょう。

◆割り切って余暇を楽しむ

「仕事は仕事」と割り切って、プライベートに楽しみを見出すのも気持ちを切り替える一つの手段です。熱中できる趣味やスポーツ、旅行やレジャーを見つけて休日を充実させることで、仕事のつらさも軽減される可能性があります。

◆転職を検討する

「プライベートだけでなく仕事も楽しむ人生を送りたい」と望んでいる場合、思い切って転職を検討するのも手段の一つです。今の仕事よりもやりがいを感じられそうな業種や職種を探したり、どんな職業に就くのがよいか自身の適性を見直してみたりしてはいかがでしょうか。


特に「現在のライン作業がつまらない」と強く感じている場合、同じような単純作業の仕事に就くのでなく営業や接客業など人と接する職種にチャレンジすることも視野に入れるとよいかもしれません。


製造業にはメリットもある


「つまらない」「つらい」といった声も少なからず挙がる一方で、製造業で働く場合は以下のようにメリットも多くあります。


  •   経験がなくても働ける
  •   高収入も期待できる
  •   仕事は比較的簡単
  •   福利厚生が充実していることが多い


各自の特性や事情によっては「デメリットよりもメリットの方が大きい」と感じる人も多く、「長く働きやすい」というとらえ方もできます。

◆経験がなくても働ける

工場勤務の仕事は学歴不問・未経験者OKの求人が多く、「一刻も早く仕事を始めたい」という人にとって好都合です。必然的に未経験者の割合が高い職場が多くなるため、仕事や職場になじむまでのハードルが他業種よりは高くない可能性もあります。

◆高収入も期待できる

製造業は夜勤や交替制での勤務となっているケースが多く、その分手当も厚くなります。労働基準法により22時~翌日5時までの勤務は基本給の25%増し以上の深夜手当が付くし、1日の勤務時間を日勤と夜勤で分ける2交替制の場合は残業代が付くケースも多いです。勤務日数や勤務時間に対して比較的高い収入を得られる点は、大きな魅力といえるでしょう。


厚労省の「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、19歳までの製造業の労働者の月額賃金は182,000円なのに対し、55~59歳は約362,000円となっています。長く働くことで昇給したり派遣から正社員に登用されるなど待遇アップの機会に恵まれたり、熟練の労働者が重宝されやすい、といった側面も見受けられます。

◆仕事は比較的簡単

未経験者OKの業務や単純作業が多いため仕事内容はそれほど難しくなく、慣れればサクサクと進めていくことができます。単純作業ゆえに飽きたりつまらなく感じたりする部分はありますが、タスクの負担は比較的軽いです。

◆福利厚生が充実していることが多い

工場での仕事は高収入が期待できるだけでなく、食堂・寮の完備や住宅手当、取得資格に対する手当、長期休暇など全体的に福利厚生が充実しています。福利厚生を重視して働き先を選ぶ場合、狙い目の業種でもあります。



製造業に向いている人の特徴


製造業には前述した通りメリットも多いため、向いている人にとっては働きやすい業種といえます。製造業に向いている人の特徴としては、以下が挙げられます。


  •   ものづくりが好きな人
  •   体力に自信がある人
  •   黙々と作業したい人


以上の特徴がある人は職場での活躍も期待されます。


◆ものづくりが好きな人

工場での仕事は単純なライン作業であっても手先が器用だったり、工作などものづくりに興味のあったりする人にとってはなじみやすく、やりがいを感じやすいでしょう。「大きな機械に囲まれて仕事ができる」「消費者に幅広く親しまれる製品がつくられる過程をじっくりと知ることができる」といった点に魅力を感じる人にとっては、天職ともいえます。

◆体力に自信がある人

工場での業務は立ち仕事が多かったり重たいものを運んだりと肉体労働が含まれるケースもあるため、体力のある人材は重宝されます。夜勤や残業の多い業界でもあるため、不規則な生活にも適応できるような万全な体調管理が求められます。日頃から運動習慣を身に付けている人にとっても、有利な職種といえます。

◆黙々と作業したい人

人とコミュニケーションを取る場面が他の業種に比べて少ないため、「黙々と仕事に打ち込みたい」と望んでいる人にとっては適職といえます。周囲との関係を気にせず目の前の作業に集中できる環境が整っており、なじめば人間関係のストレスを抱えるリスクも低い快適な職場になる可能性があります。


まとめ


工場勤務を「つらい」「つまらない」と感じるようになったら、よりやりがいを持って働けるようにスキルアップを目指したり転職を検討したりすることも前向きな手段といえます。しかし今一度、製造業で働くメリットや自身の適性について振り返ってみることも重要です。


現在の業務や職場環境が思っていた以上に自身に向いていたり、デメリットばかりではなかったり、という面が見つかる可能性もあります。現状や将来的な展望なども踏まえた上で、前向きな対応策を選ぶようにしましょう。









気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー