catch-img

食品製造に向いている人の特徴|仕事内容ややりがい・楽しいポイントも紹介!


目次[非表示]

  1. 食品製造の仕事内容とは?
  2. 食品製造が向いている人の特徴
  3. 食品製造に向いていない人の特徴
  4. 食品製造のやりがい・楽しいポイント
  5. まとめ


食品製造業の求人は全国でよく見かけるため、興味を持っている人も多いでしょう。一方で、食品製造業は「きつい」イメージを持つ人も一定数います。


この記事では、食品製造業の仕事内容や向いている人の特徴、やりがいなどについて解説します。食品製造に関する正しい知識を得て、自分に合う職探しをしてみてください。


食品製造の仕事内容とは?


食品製造とは、食品メーカーが経営する工場、またはその下請け業者の運営する工場において加工食品の製造を行うことです。加工食品の種類は、お弁当・パン・お菓子・お惣菜・お肉・ケーキなどさまざまあります。


また、食品製造は、大きく分けて「製造(食品加工・調理)」「包装」「検品・出荷」の作業が主になり、下記のような仕事内容となっています。


  •  製造(食品加工・調理):食材を煮たり、焼いたりなどの調理・加工を行います。基本的にライン作業のため、機械に材料を投入したり、型に流し込んだりする工程を繰り返します。
  •  包装:完成した商品を販売できるよう容器に詰めますが、扱う商品によって必要な作業は異なります。
  •  検品・出荷:製品が割れていたり、形が歪だったりする商品を除き、マニュアル通りに梱包されているかを確認します。その上で、納品先ごとに出荷します。


上記の内容を踏まえ、お弁当を製造する場合は、材料の受け取り・品数チェック・加工・容器詰め・冷却・検品・ラベル貼り・配送先ごとに荷詰め・出荷という流れになるでしょう。工場に材料が届いてから出荷まで全てを行います。



【食品製造の仕事内容例】

  • モンブランに栗を乗せる
  • パンにケチャップをかける
  • 食肉加工工場で決められたグラム数にお肉をスライスする
  • ドーナツを三つ並べて箱詰めする



    食品製造が向いている人の特徴


    食品製造の仕事が向いている人は、どのような特徴があるのでしょうか。基本的に、同じ作業の繰り返しとなるため、単純作業が苦手な人や、人と接しながら作業がしたい人には向いていません。


    一方で、責任感を持ち、自分の任された作業に集中して取り組める人が向いています。食品製造が向いている人の特徴を事前に理解し、採用後のミスマッチがないようにしましょう。



    【食品製造が向いている人】

    •   単純作業が苦手でない人
    •   黙々と作業するのが好きな人
    •   食品やものづくりが好きな人
    •   集中力・体力がある人
    •   責任感がある人



    単純作業が苦手でない人

    ベルトコンベアで流れてくるケーキに一つずつ苺を乗せる作業や、パンにケチャップをかける作業など、基本的に一つの製品が完成するまでの工程は、細かく分業されています。細分化された業務を一日中繰り返し行う必要があるため、単純作業が苦手でない人が向いている仕事といえるでしょう。


    また、自分の中でリズムを作りながら作業できる人も向いているといえます。特に「こうしたほうがやりやすい」「他の人のやり方を真似してみよう」などの工夫ができる人は、同じ作業の中でも目標や楽しみを見つけられます。


    黙々と作業するのが好きな人

    衛生的な問題があるため、基本的に作業中は他のスタッフと私語を交わしません。フルタイム勤務の場合は、約8時間、自分の作業だけに向き合うことになります。


    そのため、自分の作業に没頭できる人は向いているといえるでしょう。また、コミュニケーションが苦手な人でも従事しやすい業務です。


    食品やものづくりが好きな人

    普段手に取る商品がどのように出来上がるのかを知ることができるため、興味がある人にとっては楽しい職場となるでしょう。特に大きな工場では食品を大量生産することから、さまざま機械が稼働しています。そのため、飲食店のキッチンでは見かけない食品作りの一面を知ることができるのは食品製造ならではの魅力です。


    また、機械系の知識や管理体制のノウハウを勉強したい人にもよいかもしれません。作業がきついときでも、食品やものづくりが好きであれば、「商品を消費者に届けるために頑張る」というやる気につなげられるでしょう。


    集中力・体力がある人

    食品製造工場はライン作業のため、一つの工程でミスが出ると全体の工程に響いてきます。そのため、集中してミスをしないよう作業する必要があります。また、作業は立ち仕事である場合が多いことから、体力がある程度必要です。そのため、集中力と体力に自信がある人は食品製造業に向いているといえます。


    どうしても体力に自信がない人は、派遣会社など登録して座り仕事のみで探してもらうことも可能です。製品の出荷作業はどうしても体力仕事になるため、男性社員が多いのが特徴です。男性でも体力に自信のない人はあらかじめ伝えておくとよいでしょう。


    責任感がある人

    食品製造は人の命に関わる仕事です。異物混入や消費期限切れの食品を利用するなど、一歩間違えれば会社自体の存続が難しくなることを十分に理解しましょう。また、ただ見るだけの楽な仕事と思われがちな検品作業も、必ずミス商品を見落とさないよう責任を持って取り組む必要があります。


    そのため、責任感がある人は食品製造業に向いているといえるでしょう。また、ミスをした場合でも包み隠さず上司に報告できる素直な人も向いているといえます。


    食品製造に向いていない人の特徴


    食品製造の仕事は。一度慣れてしまえば誰でもできる仕事だといえます。24時間稼働の工場や寮完備の職場もあるため、働きたい時間に制限がある人や住み込みで働きたい人にはおすすめでしょう。


    とはいえ、同じ作業の繰り返しになるため、飽き性の人には向いていないと考えられます。また、資格や経験が問われることがなく、専門性や特別なスキルも身に付くことは少ないでしょう。一定の専門スキルを有したい人にとっては物足りなさを覚える可能性があります。ここでは、食品製造に向いていない人の特徴について解説します。



    【食品製造が向いていない人】

    •   単純作業が苦手な人
    •   スキルや専門性を身に付けたい人
    •   会話が好きな人


    単純作業が苦手な人

    同じ動きをひたすら繰り返すため、単純作業が苦手な人には食品製造は向いていないといえます。同じ作業の繰り返しが続くと、イライラしたり、集中力が続かなかったりする人もいます。大きな工場では定期的に担当工程のローテーションが行われる場合もありますが、基本的には全て単純作業になります。


    経験を積んで、シフト管理や全体の工程管理などマネジメントを任されるような立場になれば単純作業の時間も少なくなります。ただし、相当な時間がかかることを覚えておきましょう。


    スキルや専門性を身に付けたい人

    商品を作るのは専用の機械に任せるため、料理の経験値が上がることはあまり期待できません。料理のスキルを身に付けたい人は一度考え直したほうがよいでしょう。調理師や製菓製造の免許取得に役立てたいのであれば、小規模の飲食店などに勤務することが有効です。


    また、機械操作などの資格が取れるわけではないため、機械系のスキルや専門性を身に付けたい人も向かないと考えられます。とはいえ、工場の生産体制や衛生面に対する意識を肌で感じられるため、衛生管理が求められる職場などでは、アピールポイントになるかもしれません。


    会話が好きな人

    衛生面や作業効率、ミスの誘発を防ぐ目的から、勤務時間中は私語をせず作業に取り組みます。接客業のように顧客との対話もないため、人と会話をすることが好きな人は食品製造の仕事に向かないかもしれません。


    工場によっては、ライン作業の中で声かけが重要になる作業もあるでしょう。ただし、あくまでも仕事内容についての会話のみです。


    食品製造のやりがい・楽しいポイント


    食品製造の仕事はきついと思われる場合もありますが、仕事ならではのやりがいや楽しさを感じられるポイントも数多くあります。私たちの生活に欠かせない「食」という分野のため、周囲の人に対しても説明しやすく共感してもらえるでしょう。


    また、企業によっては従業員割引で商品をお得に購入できたり、系列の飲食店でのお食事券が福利厚生としてもらえたりすることもあります。


    市場で自分が関わった商品を見かけること

    スーパーやコンビニなどで自分が携わった商品を見たとき、私たちの生活の基本である衣食住に大きく貢献できていることを実感できます。新しい味の商品が登場したり、有名人がCMに起用されていたりすると、売れている印象を受けうれしくなることもあるでしょう。


    社外秘でない話であれば、製造現場の裏話として友人たちに話すと場も盛り上がりますし、購入してくれるかもしれません。自分自身が商品を愛することが、その商品のファンを作ることにつながります。


    商品をもらえたり安く購入できたりすることがある

    工場によりますが、余った食材や売り物にできない商品が発生した場合、もらえたり安く購入できたりすることがあります。通常販売の商品も従業員割引がある会社であれば、安く購入できるかもしれません。


    また、新商品の情報を人より早く知ることも可能です。人気商品の製造ラインや、自分の好きな商品の工場で働けば、満足度が高くなることでしょう。時給とは別の部分で得るものがあるかどうかは、仕事のモチベーションにつながるかもしれません。


    仕事内容がシンプルで簡単

    食品製造では、同じ作業を繰り返す単純作業が基本なので覚えることが少ないです。そのため、マルチタスクをこなすことが苦手な人でも、シンプルな作業で負担なく従事できるのが魅力です。


    難しいマニュアル等もないため、外国人も多く、年齢層も幅広いのも特徴です。新しいスタッフもすぐになじめるほか、教える立場になっても難しい作業はないため、教えやすいでしょう。


    人間関係が気楽

    食品衛生上、会話しながらの作業が原則禁止であるため、黙々と一人で仕事をすることになります。そのため、人間関係が煩わしいと感じる人でも働きやすいでしょう。


    また、仕事とプライベートはしっかり分けたい人によいかもしれません。イレギュラーな対応や昼休憩など、コミュニケーションは最低限求められますが、友達付き合いのようにワイワイ盛り上がる必要はありません。自分の工程をしっかりこなすことが大切な仕事です。


    まとめ


    食品製造の仕事は誰でもチャレンジできる魅力がある一方、体力面や環境面で大変な仕事です。働き始めてから想像していた仕事内容と違うというミスマッチが起きないように、事前に作業内容を知っておくことが大切です。とはいえ、食品製造の業務に向いている人であれば楽しみながら仕事ができるでしょう。仕事をしていく上で達成感や満足度も得られるため、やりがいを感じられます。


    また、食品製造では、衛生面の管理意識や商品や仕事への向き合い方など社会人として大切なことが学べる場でもあります。工場の場合、駅から離れた場所に位置することも多く送迎バスが出る場合もあるため、通勤で困ることも少ないでしょう。この記事で食品製造への興味が湧いた人は、近所で募集している食品製造がないか探してみてください。









    気になる求人がありましたか?

    掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

    関連記事

    人気の記事

    こだわり条件で探す

    エリアで探す

    条件で探す

    働き方で探す

    職種で探す

     
    あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
    専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
    簡単1分でエントリー