catch-img

工場勤務が「きつい」と感じるのはなぜ?原因と対処法を紹介!


目次[非表示]

  1. 工場勤務はどんな仕事をするの?
  2. 工場勤務をきついと感じる理由
  3. 業種によってきつい仕事と楽な仕事がある
  4. 1次2次請け会社は仕事がきつい傾向がある
  5. 工場勤務がきついときの対処法
  6. 工場勤務にはメリットもある
  7. 工場勤務に向いている人の特徴
  8. まとめ


「工場勤務はきつい」という話を聞いたことはありませんか?

これから工場の求人に応募したいと考えているのであれば、工場勤務のどこがきつくて、どんなところが大変なのかも知っておく必要があります。


この記事では、工場勤務がきついと感じる理由とともに、仕事がきつい工場の特徴を紹介します。

仕事が大変だと感じたときの対処法もまとめましたので参考にしてくださいね。


工場勤務はどんな仕事をするの?


「工場の仕事」と一言で言っても、その仕事内容はさまざまです。

ここでは工場勤務の主な仕事内容を確認しておきましょう。


ライン作業

工場で製造される製品は、工程ごとに担当が変わるライン作業で作られます。

ベルトコンベアから流れてくる部品に手を加え、すぐ次の工程に流すという作業を繰り返します。

一定の速度で流れてくるので、周りのスピードに合わせて作業しなくてはなりません。

担当するのは決められた工程だけなので、作業自体は簡単です。

作業内容は分かりやすくマニュアル化されており、未経験者でもすぐに始められ、誰でも一定の品質を維持できるようになっています。


仕分けやピッキング作業

仕分けは、荷物を決められた場所に分類するのが仕事です。

ピッキングは、指示書に従って倉庫に保存してある製品を集めます。


どちらの仕事も、倉庫内を歩き回るので体力が必要です。

重いものや大きなものを扱っている場合は、フォークリフトを使う場合もあります。

工場によっては、仕分けとピッキングをどちらも行うケースもあるでしょう。


機械オペレーター

機械オペレーターは、機械を操作して製品の製造を行う仕事です。

機械を使って行う作業には、プレス加工やラッピング加工などがあります。


機械の操作以外に、機械の監視や保全を行うこともあるでしょう。

未経験者でもできる仕事もあれば、専門知識や資格が必要になる仕事もあります。


工場勤務をきついと感じる理由



工場の仕事は、難易度的にはそれほど高くありません。

それでも工場勤務がきついと感じるのはなぜでしょうか。


考えられる主な理由は以下の通りです。


  •   体力的な負担が大きい
  •   単純作業が続くので飽きる
  •   人間関係が難しい


 体力的な負担が大きい

工場では、常に立ちっぱなしで作業します。

勤務場所によっては、重い部品や製品を扱うこともあるでしょう。

作業自体は簡単であっても、体力的な負担は大きくなりがちです。


単純作業が続くので飽きる

工場の仕事は、単純作業の繰り返しです。

ライン作業でも仕分け作業でもピッキングであっても、仕事の内容に関わらず、基本的には同じ作業を繰り返します。


簡単で単純な作業をひたすら繰り返すことがきついと感じる人もいるようです。


人間関係が難しい

人間関係が複雑になりがちなのも、工場の仕事がきつい原因の一つです。

学歴や経験を問わず採用しているので、若い人もいれば年配の人もいます。


さまざまな経歴の人が働いているので、価値観の違いからぶつかり合うことも多くなりがちです。


業種によってきつい仕事と楽な仕事がある


工場勤務の大変なところをお伝えしましたが、全ての工場が同じではありません。

業種によって、きつい部分もあれば楽な部分もあります。

業種別に仕事の特徴を確認しておきましょう。


食品工場

食品工場は、衛生面や品質管理が厳しい職場です。

大雑把な人や細かい決まり事に従うのが苦手な人は、きつい仕事だと感じるでしょう。


良い点は、食品の鮮度を保つために、空調が効いていることが多い点です。

ただ揚げ物を作る工程では暑すぎたり、冷凍食品を扱う工程では寒すぎたりということもあります。


重いものを扱うことが少ないので、体力に自信のない女性にもおすすめの仕事です。


自動車工場

自動車工場では、車の塗装や組み立てを行います。

大きな部品を扱うので体力が必要です。

体力的な負担は大きいですが、その分給料は高い傾向があります。


体力に自信があって、とにかく稼ぎたいという人は、自動車工場の仕事がおすすめです。


 半導体製造工場

半導体製造工場では、繊細な作業が求められます。

ホコリやゴミが付着するのを避けるために、専用の防塵服を着て、クリーンルームで作業します。


空調が効いているので、暑さや寒さが苦手な人も働きやすいでしょう。

細かい作業が得意で、衛生的な環境で働きたいという人に向いている仕事です。


1次2次請け会社は仕事がきつい傾向がある


働いている工場が、元請けなのか、1次請けや2次請けなのかによっても、仕事の大変さが変わるでしょう。

元請けの工場は大手のメーカーが多く、労働環境は比較的良い傾向があります。


一方1次請けや2次請けの工場は、福利厚生が整っていないケースも多く、給料が安くボーナスがないこともあります。

仕事は大変なのに給料は安いため、離職率も高くなりがちです。


工場勤務がきついときの対処法


工場での仕事が大変なときは、どうしたらよいのでしょうか。

仕事がきついと感じたときの対処法を紹介します。


上司に相談する

仕事の悩みや不満があれば、一人で抱え込まず、まずは上司に相談しましょう。

上司に相談することで、それまで感じていた不満やストレスの原因が解決することもあります。

勤務時間や仕事内容を変えてもらい、仕事の負担を減らしましょう。


体力的、精神的な負担が大きく、仕事の継続が難しい場合は、一度休職する方法もあります。

病院を受診して、診断書を出してもらうことで、有利な条件で休職することも可能です。


転職も視野に入れる

工場によっては、上司に相談しても、まったく改善されないこともあるでしょう。

残業が多すぎる、休みが取れないというのは、会社がそういう体質なのかもしれません。

会社の体質を、一人の従業員が変えるのは無理があります。

そういうときは、転職も視野に入れましょう。

これまで働いてきた経験と技術があれば、より良い条件で働ける可能性もあります。


工場勤務にはメリットもある


ここまで、工場の大変な部分にフォーカスしてきましたが、工場勤務ならではのメリットもあります。

工場で働くメリットは次の通りです。


  •   経験がなくても働ける
  •   高収入も期待できる
  •   仕事は比較的簡単
  •   福利厚生が充実していることが多い


詳しく見ていきましょう。


経験がなくても働ける

工場の仕事は経験不問の求人が多く、未経験者でも採用されやすいのが特徴です。

一般的な企業では、高卒不可としている求人もたくさんあります。

学歴によって、初任給が違うことも珍しくありません。


工場勤務なら、資格や学歴がなくても採用してくれる企業が多いので働きやすいでしょう。


高収入も期待できる

工場勤務の給料は安いといわれることもありますが、勤務先によっては高収入も期待できます。

力仕事が多い工場や、専門的な技術が必要な工場は基本給が高いでしょう。


基本給がそれほど高くない場合は、夜勤をメインにして高収入を狙う方法もおすすめです。

経験を積み必要な技術を身に付けることで、正社員になれる可能性もあります。

正社員になれば、さらに昇給やキャリアアップのチャンスも増えるでしょう。


仕事は比較的簡単

工場の仕事は、覚えやすく簡単な仕事が多いのもメリットの一つです。

比較的簡単な単純作業が多いので、作業手順もすぐに覚えられます。


工場のライン作業は、作業する人によって製品の仕上がりに差が出ないように、手順も細かく決められています。

慣れるのに多少の時間は必要ですが、工夫次第でどんどん効率よく作業できるようになるでしょう。


福利厚生が充実していることが多い

工場勤務では、寮や社食を完備しているところも多く、福利厚生が充実しています。

企業によって、完全無料としているところもあれば、家具や家電を備え付けてあるところもあるでしょう。


通常一人暮らしをする場合、敷金・礼金・引っ越し費用・家具や家電の購入など、少なくても数十万円はかかります。

寮に住めば、引っ越しにかかるはずだった初期費用を節約可能です。


一人暮らしだと心配な食生活も、社食があれば安心できます。

食費も抑えられるので、しっかりお金を貯めたい人にもおすすめです。


工場勤務に向いている人の特徴


工場の仕事には、向き不向きがあります。

これから工場で働くのであれば、自分に適性があるのかをチェックしておきましょう。

工場の仕事に向いている人の特徴は以下の通りです。


  •   ものづくりが好きな人
  •   体力に自信がある人
  •   黙々と作業したい人


それぞれの項目を詳しく見ていきましょう。


ものづくりが好きな人

工場のライン作業は、製品ができあがる過程を実感できます。

ものづくりが好きな人は、製品の製造に携わる工場の仕事を、楽しみながら続けられるでしょう。

自分が手をかけた工程を経て、少しずつ形になっていく製品に愛着も出てくるのではないでしょうか。


ものづくりに興味のある人や好きな人は、工場の仕事に向いています。


体力に自信がある人

工場では、勤務中はずっと立ちっぱなしです。デスクワークなどと比べても、体力を消耗します。

重い部品を扱う工場では、さらに腕力も必要です。

長時間立ちっぱなしで作業できる体力のある人に、工場勤務は向いているでしょう。


黙々と作業したい人

工場の仕事は、一人で黙々と作業できる人におすすめです。

逆に、人と協力して何かを成し遂げたい人や、会話を楽しみながら働きたい人には向きません。

単純作業の繰り返しに負担を感じることなく作業できる人は、工場の仕事に向いているでしょう。


まとめ


工場勤務は、体力的な負担が大きかったり、単純作業で飽きやすかったり、きついといわれる一面もあります。

しかしコツコツと作業を続けられる人や、ものづくりが好きな人にとっては、やりがいを感じられるおすすめの職業といえるでしょう。


向き不向きはありますが、今回紹介したメリットやデメリットを吟味して、工場で働くことを検討してくださいね。









気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー