catch-img

食品工場はきつい?楽しい?仕事内容とどんな人が向いているのか紹介!


目次[非表示]

  1. 食品工場の仕事内容とは?
  2. 食品工場はきついイメージがある理由
  3. 食品工場のやりがい・楽しいポイント
  4. 食品工場が向いている人の特徴
  5. 食品工場に向いていない人の特徴
  6. まとめ


食品工場に従事したいと考えている一方で、きついという一般的なイメージがあるため、実態が気になる人も多いのではないでしょうか。


食品工場の具体的な仕事内容や、向いている人・向いていない人の特徴を知ることで、就職・転職の判断がしやすくなります。


この記事では、食品工場の仕事内容やきついというイメージの理由、やりがい・楽しいポイントを紹介します。さらに、食品工場に向いている人・向いていない人の特徴も併せて解説しますので、参考にしてみてください。


食品工場の仕事内容とは?


食品工場は、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、ファストフード店で売られるお弁当やお菓子など、さまざまな食品を製造している工場です。基本的に、食品製造の工程は細かく分かれているため、ライン作業で仕事が進められています。例として、お弁当を製造する場合は以下のような工程が発生します。



【主な工程(お弁当の場合)】

  •   原材料の品質確認
  •   カット
  •   調理
  •   盛り付け
  •   検品
  •   包装
  •   出荷前の最終確認
  •   お弁当の出荷


また、食品工場の具体的な仕事内容例については、以下のようになっています。食品工場によって仕事内容は大きく異なるため、就職を望む人は下調べを行った上で吟味しましょう。


【食品工場の仕事内容例】

  •   豆類の焙煎
  •   ケーキお菓子のトッピングに寒天を塗る
  •   冷凍マグロのカット
  •   ライン作業で流れてくるパン生地にレーズンを載せる
  •   パック惣菜の盛り付け
  •   和菓子を目視チェックし、規定から外れたものを除外
  •   魚の下処理



正社員とアルバイトの仕事内容の違い

食品工場で働く際、正社員とアルバイトで仕事内容に大きな違いはありません。基本的に同じ業務を行うことがほとんどです。ただし、人手が必要な繁忙期は、正社員とアルバイトで仕事内容に違いが発生する食品工場もあります。


理由としては、繁忙期で雇い入れたアルバイトや派遣社員に対して人材の教育や欠員の埋め合わせをするなど、バックアップ的な業務を正社員が実施する場合もあるためです。


正社員やアルバイトなどの雇用形態に関係なくマニュアルが完備されているため、未経験でも始めやすい点は大きなメリットといえます。


食品工場はきついイメージがある理由


食品工場に従事することに対して、「きつい」などのマイナスなイメージを持つ人もいるでしょう。その理由としては以下が挙げられます



【食品工場はきついといわれる理由】

  •   休みが取りにくい
  •   給与が低い
  •   単純作業が面白くない
  •   体力仕事
  •   衛生管理が厳しい

    ここでは、上記五つの項目をもとに食品工場がきついといわれる理由について見ていきましょう。


    休みが取りにくい

    食品工場がきついといわれる理由の一つが、休みが取りにくい点です。


    食品工場は24時間365日休みなく稼働しているところが多いため、「シフト制」が採用されています。「シフト制」には「完全シフト制」や「固定シフト制」「希望シフト制」などがありますが、食品工場に「完全シフト制」が多く採用されています。


    また、1日の勤務を二つのチームで行う「2交替制」、三つのチームで行う「3交替制」などの勤務形態がありますが、食品工場によって異なります。土日関係なくシフトが組まれるため、連続した休日が取りにくいでしょう。


    加えて、商品の売れ行きが好調なときや、需要が伸びるシーズンは忙しく休みが取りにくくなります。さらに、賞味期限が短い「おにぎり」などの加工商品を扱う食品工場は納期を短めに設定するため、人手が必要となりやすく休みが取りづらいでしょう。


    給与が低い

    食品工場の給与は低めというイメージを持つ人もいますが、実際はどうなのでしょうか。食品工場の雇用形態別の平均的な年収・時給は以下です。



    【平均年収】

    •   正社員:364万円


    【平均時給】

    •   派遣社員:1,198円
    •   アルバイト:944円


    一方、厚生労働省が発表した「令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況」によると、業種を問わずに企業規模別に発表された平均月収は以下になります。


    【正社員・正職員の平均月収】

    •   大企業:36.64万円
    •   中企業:31.48万円
    •   小企業:28.9万円


    【正社員・正職員以外の平均月収】

    •   大企業:22.41万円
    •   中企業:21.57万円
    •   小企業:20.37万円


      食品工場の正社員の平均年収を12カ月で割ると「約30.3万円」となるため、中企業の平均月収と比べても決して少ない金額ではありません。もちろん企業によって給与は異なるため、応募する段階で給与が低めの就職先を回避することも可能です。


      単純作業が面白くない

      食品工場ではライン作業が一般的なため、同じ作業を一日中行うケースも少なくありません。例えば、お弁当パッケージの蓋を閉める係になった場合、その作業をひたすら何百個、何千個単位でこなさなければなりません。食品工場ではあらゆる工程が細分化されており、それぞれの持ち場が決まっているため、同じ作業をする必要があるのです。


      しかし、「誰よりも丁寧に、スピード感を持って作業する」など、マイルールを設定して仕事を行えば、単純作業も楽しめるでしょう。


      体力仕事

      体力を必要とする仕事が多い点も、食品工場がきついといわれる理由でしょう。体力仕事の例としては、主に以下が挙げられます。



      【体力仕事の例】

      • 長時間にわたる立ち仕事
      •   長時間にわたる同じ姿勢の作業
      •   数十キロ分の食材が載ったトレイ・ワゴンの運搬
      •   食材の運搬


      また、食品工場で取り扱う食品によって違いはありますが、香辛料やナマモノを扱う場合、独特の臭いに耐えられない人もいます。特に臭いに慣れていない入社したばかりの人は、臭いがある中仕事をすることは大変でしょう。


      体力仕事を上手くこなす対策として、休憩時間にストレッチを取り入れることが有効です。首や肩が凝る原因は筋肉の緊張状態が続いたことや、血行不良にあるため、定期的にほぐすことで長時間の立ち仕事もこなせる体づくりができます。また、臭いに対しては日が経つにつれて慣れる場合があるとともに、シャワーが完備されている食品工場もあるため、清潔な状態で帰宅できるところもあります。


      衛生管理が厳しい

      基本的に、異物が混入した食品が市場に出回らないよう食品工場の衛生管理は徹底されています。衛生管理を少しでも怠り、粗悪品が出回ると営業停止処分が下されるなど、企業にとって重大な損失につながりかねません。


      具体的な管理体制には、以下の例が挙げられます。


      【管理体制の例】

      •   食品の衛生を最優先するため、人体にとって適温でない場合がある
      •   頻繁なアルコール消毒で手の荒れ・乾燥が進行していても、ハンドクリームは使用不可
      •   ゴム手袋などで皮膚を覆っているため、肌にストレスがかかる場合がある
      •   髪の毛一本の混入も許されないため、常に神経を尖らせておくことが必要
      •   トイレ後は、消毒や白衣の着脱を再実施


      徹底した衛生管理体制に対し、対策がないわけではありません。例えば、トイレの頻度を減らすために、カフェインが含まれた飲み物を控えることなどは有効です。


      食品工場のやりがい・楽しいポイント


      食品工場で働くことにやりがいを感じたり、楽しいと思えたりするポイントはあります。具体的な例を、以下に四つ挙げます。


      【食品工場のやりがい・楽しいポイント】

      •   市場で自分の携わった商品を見かけること
      •   商品をもらえたり安く購入できたりすることがある
      •   仕事内容がシンプルで簡単
      •   人間関係が気楽




      上記以外にも、やりがい・楽しいポイントは豊富にあります。ここでは、上記四つのやりがい・楽しいポイントについて詳しく見ていきましょう。


      市場で自分の携わった商品を見かけること

      プライベートで買い物に行った際に自分が携わった商品を見かけると、食品工場で働くことにやりがいを感じられるでしょう。人間が生活する上で大切な「食」に関する面で、大きく貢献していることを実感できます。


      やりがいを身近な場面で感じられると、働く際に高いモチベーションを保てます。また、食品工場ではさまざまな種類の製品に携わるため、購入した人の反応もダイレクトに感じやすいでしょう。


      商品をもらえたり安く購入できたりすることがある

      勤務する食品工場によっては余った食材や形の崩れた製品を無料でもらえたり、安く購入できたりすることがあります。働いて給与がもらえる上、食費の節約につながるケースもあるのは大きなメリットといえるでしょう。


      また、働くラインによっては、売り出される前の新商品の情報について早く知れる可能性もあります。新商品が加わることで、作業内容自体も変わる場合があるため、フレッシュな気持ちで仕事に臨めるでしょう。


      仕事内容がシンプルで簡単

      食品工場は単純作業がメインで覚える内容が少なく、仕事内容がシンプルです。担当者ごとに割り振られる業務が決まっているため、予定外の業務を急に振られる可能性は低いといえます。


      そのため、マルチタスクなど同時に複数の業務を進行するのが苦手な人でも、精神的な負担がない状態で働けます。また、担当している目の前の業務に集中できる上、業務に慣れていくにつれて手が勝手に動いてくれようになるため、スムーズに仕事ができるようになるでしょう。


      人間関係が気楽

      食品工場では、食品の衛生の観点から作業中の会話が原則禁止されているため、人間関係に対してストレスを抱えることなく気楽に働ける工場が多い傾向にあります。


      業務以外でのコミュニケーションを苦手とする人でも気負うことなく働けます。また、基本的に帽子やマスクを着用しているため、人の顔色を気にする必要がありません。


      加えて、一つの食品を加工するのに大勢の作業員と共同で作業するため、仕事の達成感を味わえるのはメリットです。


      食品工場が向いている人の特徴


      実際に食品工場で働くのが向いている人は、どのような特徴があるのでしょうか。以下で、代表的な特徴を三つ挙げます。



      【食品工場が向いている人】


      •   単純作業が苦にならない人
      •   黙々と作業するのが平気な人
      •   食品やものづくりが好きな人


        それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。


        単純作業が苦にならない人

        食品工場に向いている人の特徴の一つとして、単純作業が苦にならないことが挙げられます。理由として、ライン作業が主な食品工場では、同じ作業・工程を何度も繰り返す必要があるためです。


        単純作業によって接客や電話の対応など、イレギュラーな業務を急に振られることがない点はメリットといえるでしょう。自分の長所を生かしつつ、日々の作業に取り組めるため、仕事に対するやりがいを見出ながら働けます。


        黙々と作業するのが平気な人

        食品工場では、作業中の会話が原則禁止されているのが一般的です。そのため、黙って作業を行うことに対して抵抗がない人は、食品工場で働くことに適しています。


        また、仕事に関係のないプライベートな話を振られるのが苦痛だという人もいるかもしれません。食品工場であれば、業務における必要最低限のコミュニケーションだけでストレスなく働けるため、業務に集中できるでしょう。


        食品やものづくりが好きな人

        食品やものづくりに対する興味が強い人であれば、食品工場で楽しく働ける可能性が高いでしょう。工場では、工程ごとに専用の機械が使われたり、作業工程の流れを知ることができたりするため、商品ができるまでの過程などに興味がある人にとっては仕事に対するモチベーションを高く保てます。


        また、工場では衛生面や清掃に気を配る意識が大切です。普段から食品等に対して関心が高い人であれば、責任感を持って作業にあたれるため、徹底された食品工場の衛生管理にも適応しやすいでしょう。


        食品工場に向いていない人の特徴


        食品工場が向いている人に特徴がある一方、向いていない人の特徴もあります。主な特徴として、三つの項目が挙げられます。


        【食品工場が向いていない人】

        •   単純作業がつらいと感じる人
        •   スキルや専門性を身に付けたい人
        •   おしゃべりが好きな人


        上記に該当する場合は、食品工場で働くのがあまり向いていない可能性が高いといえます。それぞれ詳しく見ていきましょう。


        単純作業がつらいと感じる人

        食品工場で働く上で、単純作業をつらいと感じる人は向いているといえません。前述の通り、食品工場のメイン業務となるのは、単純作業や繰り返し作業であるためです。


        決められた作業時間中は、基本的に持ち場から離れることもありません。ライン作業の場合は、ベルトコンベアから流れてくる食材をひたすら加工したり、目視チェックしたりすることになります。


        そのため、変化のない環境に耐えられない飽き性の人も、あまり適していないでしょう。


        スキルや専門性を身に付けたい人

        広い範囲の専門性やスキルを身に付けたい人も、食品工場が向いているとは言い難いです。


        食品工場では、割り振られた工程の業務を一定の期間にわたって担当することになります。そのため、割り振られた工程に特化した職人的なスキルや専門性は身に付けられますが、他の業界で生かすのは難しいでしょう。


        ただし、管理職やリーダーになれば、俯瞰的な立場の仕事を任せてもらえるようになります。例えば、工程管理などの経験を積んでおけば、将来的に他の業界へ転職する場合も生かせる可能性があります。


        おしゃべりが好きな人

        食品工場のライン作業では、ミスがないように仕事をすることが基本です。例えば、おしゃべりによって周囲の注意力が途切れてしまうと、作業スピードが落ちるばかりか、ミスを誘発する危険性もあります。


        仮にある程度の私語が許されている工場であっても、過度におしゃべりが好きな人は食品工場が向いているとはいえないでしょう。


        まとめ


        食品工場ごとに実施する作業は異なるため、普段から食品やものづくりに興味がある人にとっては仕事のやりがいを見出しやすい職場といえます。正社員の平均月収は約30.3万円で小企業と比べて多く、ネームバリューのある食品工場に就職すれば、安定した将来も期待できます。


        また、基本的に黙々と作業することになるため、自分の担当業務に集中しやすい点は大きなメリットです。ぜひこの記事を参考にしながら、自分に合った食品工場に就職してください。








        気になる求人がありましたか?

        掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

        関連記事

        人気の記事

        こだわり条件で探す

        エリアで探す

        条件で探す

        働き方で探す

        職種で探す

         
        あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
        専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
        簡単1分でエントリー