catch-img

飲料メーカーの工場はきつい?|製造工程や仕事内容を紹介


目次[非表示]

  1. 飲料品の製造ラインと主な仕事内容
  2. 飲料工場勤務の平均年収
  3. 飲料工場の仕事のきついところ
  4. 飲料工場の仕事が向いている人
  5. 飲料製造工場に役立つ資格
  6. まとめ


消費者の生活にとって身近な飲料品に携わる製造現場には、どのような仕事があるのでしょうか。暮らしを支える飲料メーカーの工場での業務の流れ、作業の内容、収入状況などを紹介します。


「仕事内容はきついか」「どのような人に向いているか」という点も説明します。飲料工場での仕事についてイメージする材料にしてみてください。


飲料品の製造ラインと主な仕事内容


一口に飲料工場といっても業務内容はさまざまで、主に以下のラインに分かれます。


  •   飲料の製造
  •   容器の製造
  •   出荷作業
  •   製造管理


この他にも容器への飲料の充填、ラベルの装着など包装といった工程もあります。また、製造工程では機械が導入されているケースが多いでしょう。

◆飲料の製造

原料を配合して飲料品の中身をつくります。茶葉やコーヒー豆の抽出作業、原料と果汁の混合、殺菌なども含みます。

◆容器の製造

飲料品を充填するペットボトルや瓶、缶といった容器をつくります。原料を加工し、規定の商品の容量に適合するサイズの容器を大量に生産していきます。

◆出荷作業

容器への充填、ラベル装着や賞味期限印字など包装、梱包の済んだ商品をトラックに積み込み、出荷先に配送します。

◆製造管理

商品の重量や包装、表示などに間違いがないか検査します。機械や薬を使った成分検査、人の手による味やにおいの検査などを通して徹底した品質管理にも取り組みます。


飲料工場勤務の平均年収


飲料の製造部門に勤務している人の年収は、企業規模や勤続年数、雇用形態などにもよりますが大手の場合600万円台も見込まれます。


国税庁の令和2年分民間給与実態統計調査によると、給与所得者が1年を通じて得る平均給与は433万円で、製造業の場合の平均給与額は501万円。同じ大手企業製造部門の年収では自動車関連1,000万円、化学メーカー500万円、食品500万円~800万円、化粧品400万円といったデータもあり、飲料工場の業務報酬は他の製造現場と比べて遜色ありません。



飲料工場の仕事のきついところ


飲料工場の仕事には「きつい」「辛い」といった声も少なからずあります。以下の点が理由として挙げられます。


  •   単純作業が多い
  •   立ち作業が多い


工場ならではの労働環境により、仕事への意欲や達成感を持ち続けるのが難しくなったり肉体的な疲労感が大きくなったりしやすい点が特徴的といえます。

◆単純作業が多い

工場での仕事はライン作業になるため、単純な仕事内容の繰り返しによりモチベーションを維持しにくくなるというデメリットがあります。機械化された工場内ではラインのチェックや見守りといった単純な作業を続ける場面も多く、「作業に飽きる」「つまらない」といった声もしばしば聞かれます。


また個々でスキルアップを目指すよりも与えられたタスクを確実にこなすことが求められる仕事内容のため、具体的なキャリアアップなどの目標意識が持ちにくい側面もあります。そのため将来設計などが描きにくく、「長く働きづらい」と感じられがちです。

◆立ち作業が多い

ライン作業は立ち仕事が多く、肉体的にもきつい業務となります。立ち仕事を続けることで腰などを痛めるリスクも高くなります。飲料工場で働き続けるには、長時間立ち続けても支障をきたさないような体力が必要となります。


飲料工場の仕事が向いている人


一方で、以下の特徴がある人たちにとっては飲料工場での仕事や職場はなじみやすく快適に感じる可能性が高いでしょう。


  •   簡単な作業が得意な人
  •   衛生意識の高い人


以上の特徴を兼ね備えている場合、飲料工場での仕事をきつく感じるリスクも低くなります。


◆簡単な作業が得意な人

単純なタスクの続くライン作業も、簡単な作業を長時間続けることが得意な人にとっては適職になります。同じような作業を繰り返す環境も苦にならない人であれば、精神的な負担も低くなります。

◆衛生意識の高い人

人の口に入る商品を製造するため、飲料工場現場では高い衛生意識が求められます。商品に髪の毛一本でも異物が混入すると大きな問題となるため、衛生意識を高く維持して動けることは飲料工場で働く人材にとってマストな要件ともいえます。


勤務中はクリーンルームでの作業も多く、頻繁に手洗いや消毒も求められます。衛生管理の徹底した環境になじみやすい人ほど、業務への適性も高くなります。


飲料製造工場に役立つ資格


飲料工場での勤務では特定の資格を取得することでそれまでの作業とは別の業務を任され、収入アップを目指せるチャンスがあります。以下の資格はキャリアアップにも有利です。


  •   フォークリフト運転技能講習
  •   床上操作式クレーン運転技能講習
  •   酸素欠乏作業主任者


ただし現場の人員状況や会社方針などによって対応が異なるため、資格を取得すればキャリアアップが実現するかどうか、事前に担当者に確認しておくようにしましょう。


◆フォークリフト運転技能講習

重量のある荷物の積み降ろしや運搬に便利なフォークリフトの運転技能があれば、大量の製品を効率良く運搬することができるため出荷作業などを任せられるようになります。


フォークリフト運転技能講習修了者は最大積載荷重が1トン以上のフォークリフトを運転できる資格です。各地域の労働局に登録した教育機関で講習を受けることができます。学科・技術の講習を受け資格取得には試験の合格が条件となりますが、講習をきちんと受けていれば問題なく大半の人が取得できるとされています。


◆床上操作式クレーン運転技能講習

床上操作式クレーンは床上で運転する仕組みで、吊り上げられた荷物を運ぶ際に押しボタンスイッチの操作者も一緒に移動して運搬作業を手掛けます。同クレーンを運転できれば、やはり製品の運搬や出荷作業を任されるようになります。


床上操作式クレーン運転技能講習の修了者は、吊り上げ荷重5トン以上の同クレーンを操作することができます。フォークリフト運転技能講習と同様に学科や実技講習を受け試験にパスしなければ取得できませんが、講習をきちんと受ければ問題なく合格できるとされています。

◆酸素欠乏危険作業主任者

労働安全衛生法に基づき、酸素欠乏・硫化水素中毒に陥る可能性のある現場の作業方法や換気点検に関わる主任者が取得する資格です。具体的には酸素欠乏症・硫化水素中毒や救急蘇生、酸素濃度の測定法について学ぶ「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習」を受け、試験にパスすれば取得できます。こちらもきちんと講習を受けていれば、問題なく合格できるとされています。


飲料品製造現場でも攪拌用タンク内での作業中に換気不十分によって作業員が低酸素症に陥ってしまい、適切な手順の指示や作業指揮の必要性が指摘される事故も発生しています。資格を取得すれば重大事故を防ぎ安全な作業を遂行するための主任者として、重要や役割を果たすことになります。


まとめ


地味で単純な作業が多く、衛生面にも細かく気を配らなければいけない現場ではありますが、「食品や飲料品の生産に興味がある」「長時間でも簡単な作業を続ける仕事で稼ぎたい」という人にとって飲料工場での業務は適職になり得ます。さまざまな製造工程や製造現場があるため、各工程や現場でのそれぞれの具体的な業務内容やシフトなどを調べた上で自身によりふさわしい働き先を選ぶようにしましょう。








気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー