catch-img

ピッキング作業がきつい理由とは?向いている人と向いていない人の特徴を紹介!


目次[非表示]

  1. ピッキング作業の仕事内容とは?
  2. ピッキング作業はきついといわれる理由
  3. ピッキング作業を仕事にするメリット
  4. ピッキング作業が向いている人の特徴
  5. ピッキング作業に向いていない人の特徴
  6. まとめ


ピッキング作業に興味はあるが「きつい」というイメージもあるため、就職しようか迷う人も多いのではないでしょうか。この記事では、ピッキング作業の仕事を検討している人に向けて、ピッキングの仕事内容やメリット、仕事がきついと感じる理由について解説します。また、ピッキング作業に向いている人・向いていない人の特徴についても併せて紹介します。


ピッキング作業の仕事内容とは?


ピッキング作業とは、ネット通販などで注文を受けた商品を出荷するために、指定された品物を倉庫や工場内で集める(ピックアップする)作業のことです。リストや伝票、注文書をもとに指定された品物を集め、カゴにまとめたりベルトコンベアに流したりすることが主な仕事となります。


扱うものとしては、電化製品・日用雑貨・食品・衣料品などさまざまあり、品物の大きさや重さは多岐にわたります。場合によっては、フォークリフトを使うこともあります。また、不特定多数のジャンルの品物を保管する倉庫もあれば、特定ジャンルの品物のみを保管する倉庫もあります。


ピッキング作業はきついといわれる理由


ピッキング作業には多くの魅力がある一方で、「きつい仕事」というイメージを抱く人も存在します。主な理由は、下記の通りです。


【ピッキング作業はきついといわれる理由】

  •   体力がいる業務が多い
  •   単純作業で飽きる
  •   繁忙期は時間に追われる
  •   労働環境の温度調節がしにくい


ピッキング作業が大変な仕事だと思われる背景には、上記のようなピッキング作業ならではの理由があるようです。それぞれの理由について、詳しく見ていきます。


体力がいる業務が多い

ピッキング作業は、体力がいる業務が多くなる傾向にあります。まず、業務は立ち仕事がメインで、歩く時間が長くなります。倉庫の規模が大きいほど、1日に歩く距離も増えるでしょう。品物が保管されている場所によっては、立ったりしゃがんだりする必要があります。


また、電化製品や飲料といった重たい品物の取り扱いに苦労するケースもあります。腰に負担をかけない品物の持ち方などを工夫する必要があるため、コツをつかむまでは体を痛めてしまうこともあります。


このように、ピッキング作業では体力を消耗する業務が多いため、きついと感じてしまうことがあります。


単純作業で飽きる

単純作業に飽きてしまい、仕事がつまらないと感じてしまうケースもあります。指示書に書かれている品物を取り出し、指定どおりに配分・梱包するピッキング作業は、特別なスキルは必要ありません。ライン作業ほどの単純作業ではないものの、同じような一連の作業を繰り返す仕事内容に対し、「楽すぎて飽きてしまった」と感じる人もいます。


作業自体は単調になりがちとはいえ、考慮すべきポイントやコツなどは数多くあります。そのため、慣れてくれば、目標タイムを決めるなど、ゲーム感覚で仕事を楽しんでいる人もいます。楽しめるポイントを見つけたり、工夫したりすることが上手な人にとっては、むしろメリットともいえるでしょう。


繁忙期は時間に追われる

倉庫によっては、繁忙期があります。例えば、消費者向けの品物を保管する倉庫では、クリスマスシーズンなどに忙しくなりがちです。一方、工業製品を取り扱う倉庫は、季節による変動が少ないことが特徴です。


繁忙期がある場合、出荷の納期に間に合わせるために膨大な業務への対応が必要となることもあります。納期に追われることをストレスに感じてしまう人も少なくありません。忙しさや時間に追われることが大きな負担になりそうな場合は、働く場所を選ぶ際に、繁忙期の有無も考慮することがおすすめです。


労働環境の温度調節がしにくい

労働環境の温度調節がしづらい点も、ピッキング作業がきついといわれる理由の一つに挙げられます。


基本的に、ピッキング作業は建物内で業務を行うため、天候の影響を受けづらいことが特徴です。ただし、トラックやフォークリフトで品物の搬入や搬出を頻繁に行うので、倉庫の出入り口を開放した状態で作業することも少なくありません。そのため、外気の影響を受けやすく空調も効きづらくなります。そのような職場では夏は暑く、冬は冷え込みやすくなるため、暑さや寒さが苦手な人にとってはつらい環境となるかもしれません。季節によっては、水分補給や衣服による温度調節などで体調をしっかりと管理する必要があります。


ピッキング作業を仕事にするメリット


ピッキング作業は大変な点ばかりではなく、メリットもたくさんあります。その魅力から、長く仕事を続けるベテランピッカーも数多く存在します。では、ピッキング作業を仕事にするメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。主なメリットには、次の三つが挙げられます。


【ピッキング作業を仕事にするメリット】

  •   作業が簡単なので未経験者も働きやすい
  •   人間関係が気楽
  •   スーツを着る必要がない


それぞれのメリットについて詳しく紹介します。


作業が簡単なので未経験者も働きやすい

ピッキング業務は、未経験でも働きやすい仕事です。指示伝票に沿って品物を集めるというシンプルな作業内容は、特別な資格の保有や経験は問われません。そのため、未経験者でも安心してチャレンジできます。


もちろん仕事に慣れないうちは、戸惑ったり時間がかかってしまったりすることもあるでしょう。しかし、慣れてくれば作業のコツや品物の場所などがわかるようになるため、楽に業務をこなせるようになります。そのため、ピッキング作業は、未経験でも始めやすいバイトや派遣の仕事を探している人にもおすすめの仕事といえるでしょう。


人間関係が気楽

人間関係が気楽である点も、ピッキング作業の大きなメリットの一つです。


ピッキング作業は、一人で黙々と作業に取り組むことが多い仕事です。接客業のように、商品説明やクレーム対応などに苦労する心配もありません。不特定多数の相手と密にコミュニケーションを取る必要がないため、対人関係におけるストレスも抑えられます。


ただし、ピッキング作業においても、人とのコミュニケーションがゼロになるわけではありません。例えば、梱包・仕分け・検品につながる工程では周囲のスタッフとの連携が求められます。また、気持ちよく働くために、挨拶など最低限のマナーやコミュニケーションは必要となるでしょう。


とはいえ、高いコミュニケーションスキルが求められる仕事が苦手な人にとっては、働きやすい魅力的な環境といえるでしょう。


スーツを着る必要がない

ピッキング作業の現場は、服装の自由度が比較的高く、基本的にスーツを着る必要はありません。力仕事が多いため、下記のような服装が望ましいでしょう。

  • 汚れても問題がない服装
  • 動きやすい服装
  • 安全性を重視した露出の少ない服装
  • 作業する場所の室温に合わせた服装


会社によっては、作業着などの制服が支給されるほか、私服でも働けるケースも少なくありません。そのため、「スーツは堅苦しいし、窮屈で苦手」という人にとっては、働きやすい環境といえます。


ピッキング作業が向いている人の特徴


仕事には、向き・不向きがあるものです。向いている仕事であれば、長く楽しく仕事を続けやすくなります。では、ピッキング作業にはどのような人は向いているのでしょうか。ピッキング作業に向いている人の特徴を三つ紹介します。


【ピッキング作業が向いている人】

  •   単純作業が苦にならない人
  •   対人業務が苦手な人
  •   丁寧にチェックができる人


職場にもよりますが、上記の特徴に当てはまる人は、ピッキング作業に向いている可能性が高くなります。


単純作業が苦にならない人

ピッキング作業に向いている人の特徴として、単純作業が苦にならない人が挙げられます。


基本的に、ピッキング作業は単純作業の繰り返しとなります。コツコツと取り組む単純作業が好きな人であれば、集中して目の前の仕事に取り組めるでしょう。


また、仕事に慣れると、コツをつかみ効率的に作業を進められるようになります。広大な倉庫内を最短ルートで移動できるよう計算したり、いかにスピーディに集荷できるか目標タイムを設けたりするなど、仕事に楽しみを見出せる好奇心旺盛な人は、単純作業も苦にならないはずです。


シンプルな仕事が苦にならず楽しんで取り組める人は、ピッキング作業に非常に向いているといえます。


対人業務が苦手な人

「対人業務が苦手でできる限り避けたい」という人も、ピッキング作業に向いています。


ピッキング作業は、「自分との戦い」ともいえるような、一人で黙々と作業する場面が多い仕事です。基本的に、顧客と直接話すような対人業務には携わりません。そのため、接客を避けたい人に向いているといえるでしょう。


また、品物を集めるために倉庫内を動き、品物を分けて次の作業工程に流すといったピッキング作業では、自然と他の人との会話が減りがちです。「誰かとコミュニケーションを取りながら働きたい」人は物足りなさを感じやすくなるでしょう。一方で、「上司や同僚と会話をしながら働くことが苦手」という人は、対人コミュニケーションの煩わしさを感じることなく自分の作業に専念できるでしょう。


丁寧にチェックができる人

「丁寧にチェックができる」ことも、ピッキング作業に向いている特徴の一つです。


バーコードで管理するピッキング作業においても、ヒューマンエラーが起こる可能性は十分に考えられます。業務を機械任せにすることはミスの発生につながりかねないため、作業時のチェックは欠かせません。確認を疎かにすることなくしっかりとチェックしながら仕事を進められる人は、ピッキングの仕事において重宝されるでしょう。


ピッキング作業に向いていない人の特徴


不向きな仕事に就いてしまった場合、仕事へのモチベーションが下がるだけでなく、ミスを起こすこともあります。ピッキングの仕事を検討する際は、不向きといわれる人の特徴を押さえておくことも大切です。具体的には、次のような人はピッキング作業に向かない可能性が高くなります。


【ピッキング作業が向いていない人】

  •   単純作業がつらいと感じる人
  •   スキルや専門性を身に付けたい人


基本的に、向いている人の逆パターンの特徴を持つ人は、ピッキング作業にあまり向かない傾向にあるようです。


単純作業がつらいと感じる人

梱包や検品などの業務も担当するようなケースを除き、ピッキングの仕事は指示伝票と照らし合わせながら該当の品物を選定し、集めていくことの繰り返し作業です。休憩時間があるとはいえ、フルタイムで仕事をする場合は1日のうち8時間も単純作業を続けることになります。単純作業が苦手な人は、早い段階でつらさを感じることが予想されます。


途中で飽きて集中力が切れた場合、作業スピードが落ちるだけでなく、誤った品物をピックアップしてしまうなどのミスにつながる恐れもあります。


そのため、単純作業がつらいと感じる人にとって、ピッキング作業は不向きな仕事といえるでしょう。


スキルや専門性を身に付けたい人

業務に取り組む中で、スキルや専門性を身に付けたい人も、ピッキングの仕事には不向きといえます。特別な資格がいらないピッキング作業では、高度で専門的なスキルや知識を身に付けることが難しいためです。


とはいえ、ピッキングの仕事でまったくスキルが身に付かないわけではありません。仕事の特性上、できる限り短い時間で多くの業務をこなす必要があることから、効率的に作業をするための思考力を身に付けやすくなります。スキルや専門性を身に付けることを第一の目的として働きたい人にとってはあまり向かない仕事といえますが、働き方次第で自分の強みを伸ばすことも可能でしょう。


まとめ


ピッキング作業は、特に慣れない段階ではつらいと感じてしまうシーンもあるかもしれません。しかし、シンプルな仕事内容は初心者でも挑戦しやすいほか、人間関係が気楽など、さまざまなメリットがあります。単純作業が苦にならない人や対人業務が苦手な人、丁寧なチェックを行える人などは、やりがいを持って働けるでしょう。ピッキング作業に向いている人の特徴に当てはまる場合は、ぜひチャレンジしてみてください。








気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー