catch-img

機械オペレーターとは?仕事内容や年収、将来性について解説

現場で機械の操作や管理を行う「機械オペレーター」。一見難しそうで、特別な資格がないとなれないと思っている方も多いのではないでしょうか?実は未経験でもチャレンジできるうえ、ステップアップも目指せるとても魅力的な仕事です。


そこで今回の記事では、機械オペレーターの仕事内容や給与相場、仕事の将来性について詳しく解説します。また、機械オペレーターの仕事に向いている人の特徴もご紹介するので、気になっている方はぜひ最後まで読んでください。

目次[非表示]

  1. 機械オペレーターとは?
  2. 機械オペレーターの仕事内容
  3. 機械オペレーターに向いている人・向いていない人
  4. 機械オペレーターの年収
  5. 機械オペレーターに必要なスキル・資格
  6. 機械オペレーターの将来性
  7. まとめ

機械オペレーターとは?


機械オペレーターとは、現場で機械の操作や管理を行う仕事です。製品の加工や食品のラッピング・リフトを使ってコンテナを運搬・プログラミングを通して旋盤を操作し図面通りに仕上げていくものなど、現場や業種によってさまざまな業務内容があります。


知識や経験を持っている職人が求められることもありますが「未経験でもOK」としている求人も多いです。最初は機械にセットするだけの単調な作業からはじめて、レベルが上がっていくにつれて機械の整備や管理などの業務を任されるようになります。


とはいえ、技術や経験、必要な知識や資格を保有している場合は有利に働くので、妊娠や育児で職場を離れるのが心配な女性も安心して働くことが可能です。

機械オペレーターの仕事内容


機械オペレーターは「機械を操作する人」という意味ですが、実際の業務内容は使用する機械の種類や勤務する現場によってさまざまです。以下では、代表的な機械オペレーターの職業について解説します。


プレス加工機械オペレーター

プレス加工機械オペレーターは、プレス機械を用いて金属を切ったり伸ばしたりし、特定の形に加工する仕事です。自動車やパソコンの部品、医療機器など幅広い分野の現場で活躍できるのが特徴です。


きつい点

土木や引っ越し業者のように体力が必要になることはありませんが、プレス機械は金属の形を変えられるほどの強い力なので、誤った扱い方をするとけがをする恐れがあります。また、機械の不全や作業員の不注意が原因で死亡事故が起こるケースもあるので、普段の業務から集中して行うことが求められます。


やりがいのある点

上記のように、プレス加工機械オペレーターは危険度の高い職業になります。しかし、機械の扱いに慣れて職人レベルにまで成長できれば、さまざまな国家資格を取得して昇給を目指すことも可能です。


難易度

未経験歓迎の求人も多くあるので、最初の難易度自体は高くありません。実務を通して自分に合っていると感じたなら「プレス機械作業主任者」「金属プレス加工技能士」「公害防止管理者」などの資格を目指してみましょう。


ラッピング加工機械オペレーター

ラッピング加工機械オペレーターは、機械を操作して食品や印刷物を包装する仕事です。おにぎりや弁当のような食料品を扱う現場の場合、特に厳しく衛生面をチェックされるのが特徴です。


きつい点

ラッピングの業務では、大量の製品を流れ作業のように次々とラッピングしていく必要があります。流れてくる商品を微調整して正しくラッピング機械に通す作業や、機械そのものの設定を細かく理解しておかなければならないなど、覚えることがたくさんあります。


やりがいのある点

勤務時点から何か資格や知識が必要なケースは少ないので、実践を通じて徐々に理解を深めていけば問題はありません。とはいえ、簡単に機械の操作を理解できるわけではないため、日々真面目に勤務することが大切です。


難易度

他の機械オペレーターのように、資格や実務経験が求められるケースが少ないので、難易度も比較的低い仕事になります。面接の際には、毎日地道な業務に向き合えると企業にアピールすることが重要です。


建材の切断機械オペレーター

建材の切断機械オペレーターは、断熱材や木材、合成板などの建材を切断する仕事になります。現場によって切断するものは異なりますが、それぞれの加工内容によって適切に機械を使い分ける必要があります。


きつい点

建材を切断する業務なので、細かい粉塵が飛散する環境で働くことになります。もともと肺が弱く喘息気味な方や、ほこりによりアレルギー的な症状が出てしまう方にはおすすめできません。また、清潔な現場で働きたいと考えている方にとってもあまり向いていないでしょう。


やりがいのある点

もし、発注元が自分の住んでいる地域の会社だった場合、現場で作った製品が実際に町で使用されているのを自分の目で確認できます。自分の仕事がどのように世の中の役に立っているのかを実感できるので、やりがいも感じられます。


難易度

こちらの仕事もその他機械オペレーターと同様に、未経験でも比較的就職しやすいです。当然過去に機械を扱う実務経験がある方が優遇されるケースも多いですが、初めての方であっても意欲と適性があれば、問題はないのでぜひチャレンジしてみましょう。


NC旋盤機械オペレーター

NC旋盤機械オペレーターは、コンピューターにプログラミング言語を打ち込み、プログラムされた通りに旋盤加工を行う仕事です。手作業で行う他の機械オペレーターとは異なり、プログラムによって製品を作るのが特徴です。


きつい点

NC旋盤機械オペレーターは、正確性が重要視されます。プログラムミスに気づかないまま製品を大量に作ってしまうと、大きな損失が生じてしまうからです。また、他の機械オペレーターと同じように機械が正しく動いているかのチェックももちろん必要になります。


やりがいのある点

プログラムに少しのミスも許されないのが、仕事のきつい点としてあげましたが、プログラムや加工などのすべてのプロセスが、問題なくうまくいったときは強い達成感を味わえるでしょう。


難易度

NC旋盤は機械制御された旋盤を使って製作するため、従来のような職人の技術差には左右されないというメリットがあります。プログラミング言語の知識が必要になりますが、職業訓練校で習ったり、ネットや本を利用した独学で勉強したりと習得の手段はいくつもあります。


機械オペレーターに向いている人・向いていない人



機械オペレーターは未経験からでも始められる魅力的な職業ですが、1つ間違えれば大きな事故につながったり、多額の損失を出してしまったりする場合もあります。ここでは、どのような人が機械オペレーターに向いているのかをご紹介します。


機械オペレーターに向いている人

根本的にモノづくりが好き

機械オペレーターは、根本的にモノづくりが好きな方に向いている仕事です。機械を利用して製品を作る仕事で、自動車や飛行機といったものにも携わることが可能です。しかし、単調な作業が多いため「どうすれば効率よく正確に業務ができるのか」工夫を凝らしながら作業自体を楽しめると良いでしょう。


細かいミスをしないなど集中力があるか

機械オペレーターの仕事は、機械と製品に向き合うことに多くの時間を費やします。その中で、細かな調整を行わなければならず、少しのミスが大きな失態につながることも珍しくありません。地味な作業の繰り返しであっても、しっかりと集中して業務を行える人は機械オペレーターに向いています。


機械オペレーターに向いていない人

大雑把な性格の人

機械オペレーターは、大雑把な性格の人にはあまり向いていません。なぜなら、細かな作業を正確に繰り返さないといけないからです。雑に作業をしてしまうとやり直しや、最悪の場合は大きな損失をもたらしてしまう可能性もあります。

機械オペレーターの年収



一口に機械オペレーターの年収といっても、ジャンルや役職によって大きく幅があります。同年代であっても派遣社員なのか正社員なのかによっても違いますし、アルバイトでもできるような仕事から職人レベルが求められる仕事まで、業務内容も多岐にわたります。


プレス加工機械オペレーターの年収

プレス加工機械オペレーターの20代から40代の平均月給は約30万です(参照:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(平成27年6月))。年収にすると、おおよそ300万前後が相場になります。決して給料が高いというわけではありませんが、ニーズ自体がなくなることはないので、30代以上や未経験でも十分に就職のチャンスはあります。また、正社員として実務経験を積んでいくと、管理職として昇給を狙うことも可能です。


ラッピング機械オペレーターの年収

ラッピング機械オペレーターの年収もプレス加工機械オペレーターと同じく年収300万前後が相場です。ただし、ラッピング加工といっても、食品や雑誌など幅広い種類の機械が導入されているので、過去の経験が役立つことが少ないので注意が必要です。


NC旋盤加工機械オペレーターの年収

NC旋盤加工機械オペレーターの場合、担当する業務の内容によっても収入にばらつきがあります。既存データをもとに機械を操作する場合は、他の機械オペレーターと同じく年収300万円前後が相場です。しかし、一からプログラムできる優秀な人材であれば、年収400万円以上も十分に目指せます。


建材の切断機械オペレーターの年収

建材の切断機械オペレーターの年収は約300万円前後が相場となります。その他機械オペレーターと同様に高い年収とは言えませんが、会社によっては家賃補助や格安の寮を提供しているなど、福利厚生が整っている場合もあるので、給与について不安な方は一度調べてみましょう。

機械オペレーターに必要なスキル・資格


機械オペレーターには、いくつか国家資格が存在しており、それを保有していなければ業務につけないものもあります。よりレベルの高い資格を保有していることで、企業から求められる人材になることも可能です。以下では、機械オペレーターにおける代表的な国家資格を3つご紹介します。


フォークリフト運転技能講習修了証

資格の概要

主に1t以上の資材の運搬に使用される、フォークリフトを運転するのに必要な資格です。


試験内容

講習内容は学科試験と実技試験に分かれています。現在所有している自動車運転免許や実務経験の有無によってコースは異なり、コースごとに必要となる時間も11時間・15時間・31時間・35時間とさまざまです。


試験費用

自動車運転免許の取得状況によって異なりますが、約20,000〜40,000円の費用がかかります。


受けるメリット

フォークリフト関連の仕事は資格を持っている人でないとできないので、資格を持っているだけでも有利になります。


機械加工技能士

資格概要

技能検定制度の一種です。合格することによって切削や研削などで金属を加工する技術があると認められます。


試験内容

3級から特級までの4段階で、2級以上の試験には実務経験が必要とされます。また、学科試験と実技試験に分かれており、実技試験は普通旋盤作業やフライス旋盤作業など、複数ある科目のうちから選択して受験します。


試験費用

都道府県によって異なる場合がありますが、学科試験が3,100円、実技試験が18,200円となっています。


受けるメリット

レベルが上がっていくにつれて、知識だけでなく実務経験も求められてくるので、資格を保有していることが知識と実務を兼ね備えていることの証明になります。


建設機械施工技士

資格の概要

国土交通省が管轄する施工管理系の国家資格の一種です。この試験に合格することによって、ブルドーザーやトラッククレーンなどの建設機械を用いた現場において、監督や主任技術者として業務に携わることを認められます。


試験内容

2級と1級の2種類があり、それぞれに学科試験と実地試験があります。学科試験は「土木工学」の共通問題と「建設機械、建設機械施工法」に関連する種別問題の6つの項目に分かれて出題されます。実地試験では、建設機械の操作を試験官に見てもらいます。


試験費用

学科試験と実地試験の両方に試験費用がかかります。2級の学科試験には10,100円、実地試験には21,600円が必要です。1級を受験する場合、学科試験に10,100円、実地試験には27,800円かかります。


受けるメリット

建設工事の営業所には、この資格を保有している人が勤務していなければならないと法律で定められています。よりレベルの高い資格を取ることができれば、複数の営業所から求められるようになるでしょう。

機械オペレーターの将来性

機械オペレーターは不況に強いため、将来性の強い職業といえます。一般的に、インフラや食料品のような日常生活においてなくてはならないもの、定期的に購入し直さなければならないものなどは、不況に強いとされています。機械オペレーターならば、不景気でも利益を上げ続ける業界ともつながっておけます。


また、不景気になると、企業は新人を雇って育てることが難しくなるので、即戦力を求める傾向にあります。機械オペレーターとして実務経験を積んでおくことで、さまざまな企業から求められるような人材になることが可能です。

まとめ

本記事では機械オペレーターの概要や詳しい仕事内容、関連する資格について解説しました。機械オペレーターは未経験からでも始められる仕事です。さらに、さまざまな国家資格が存在しており、自分のやる気次第でいくらでもステップアップできます。


もし少しでも興味を持った方は、ぜひ一度求人を探してみてください。機械オペレーターの求人は「JOB PAPER」でチェックできます。




おすすめ工場求人の中の人
おすすめ工場求人の中の人

ワールドインテックのファクトリー事業部FC採用部です。

気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー