catch-img

生産管理が向いている人の特徴|仕事内容・必要なスキルや資格は?

生産管理と聞いて、どのような仕事を想像しますか?

「重要な仕事だとは思うけどよく分からない」という人が大半ではないでしょうか。

この記事では、生産管理の仕事内容や役割について紹介しています。


これから生産管理に関わる仕事がしたいと考えている人のために、生産管理に向いている人の特徴についてもまとめました。

この記事を読めば、生産管理の重要性が分かりますよ。

目次[非表示]

  1. 生産管理とは
  2. 生産管理に向いている人の特徴
  3. 生産管理に必要な資格
  4. 生産管理に必要なスキル
  5. まとめ


生産管理とは


生産管理とは、製造業の生産活動を管理する業務です。

販売計画に従い、生産から出荷までの体制を整えます。


生産管理の必要性や仕事内容について見ていきましょう。


生産管理はなぜ必要?

生産管理の目的は、現場がスムーズに製品の生産を進められるようにサポートすることです。

その業務は多岐にわたり、材料の調達から製造まで、納期に間に合うように生産を進めます。

生産過程におけるさまざまな問題を認識して解決しなくてはなりません。


生産管理は、現場の指揮官的な役割ともいえるでしょう。


生産管理の具体的な仕事内容

生産管理では幅広い業務を行わなくてはいけません。

具体的には以下のような仕事があります。


  • 販売計画に基づく生産計画の立案
  • 製品の種類や数量の決定
  • 原材料や部品の調達
  • 仕入れ先との価格交渉
  • 人員の手配
  • 生産場所の確保
  • 生産ラインの進捗管理 など


納期に間に合わせるだけでなく、製品の品質を維持したり、原価管理でコストを抑えたりするのも生産管理の役割です。


生産管理に向いている人の特徴


生産管理はどのような人に向いているのでしょうか。

向いている人の特徴をまとめました。


  •   冷静な判断ができる
  •   臨機応変に対応できる
  •   物事に対して視野が広い


具体的に見ていきましょう。


冷静な判断ができる

生産管理では、トラブルや予想外の事態であっても冷静な判断をしなくてはなりません。

トラブルの原因を突き止め、解決策を講じる必要があります。

論理的な思考で物事を考えられる人に生産管理の業務は向いています。


臨機応変に対応できる

臨機応変な対応も、生産管理の業務に求められます。

製品の製造工程では、予定通りにいかないことも多々あります。

予想外のトラブルにも負けない強いメンタルを持って、柔軟に対応する能力が必要です。


物事に対して視野が広い

生産管理の業務を行うにあたり、物事を多面的に捉える能力も必要です。

製品作りのプロセスすべてに関わるので広い視野を持って物事を判断しなくてはなりません。

製造工程の全体を把握して、コントロールする必要があります。


生産管理に必要な資格


生産管理の業務を行うにあたり、特定の資格が必要だということはありません。


ただし生産管理業務に関連する以下のような資格があることを覚えておきましょう。


  •   生産管理オペレーション(ビジネス・キャリア検定)
  •   生産管理プランニング(ビジネス・キャリア検定)
  •   生産管理(ビジネス・キャリア検定)
  •   中小企業診断士



生産管理オペレーション(ビジネス・キャリア検定)



3級
2級
試験内容
「作業・工程・設備管理」
「資材在庫管理・運搬物流管理」
「品質管理」「原価管理」
「納期管理」「安全衛生管理」
「環境管理」

「作業・工程・設備管理」

「購買・工程・在庫管理」

合格率
64%

「作業・工程・設備管理」54%

「購買・物流・在庫管理」68%
受験料
6,200円
7,700円
受験資格

実務経験3年程度

実務経験5年程度



生産管理オペレーションは、厚生労働省の傘下である「中央職業能力開発協会(JAVADA)」による、ビジネス・キャリア検定試験」の一つです。


主に、生産システムの統制や運用業務に従事している人方を対象としています。


生産管理プランニング(ビジネス・キャリア検定)



3級
2級
試験内容
生産システムと生産形態」
「製品企画と設計管理」
「工程管理における生産計画」
「資材・在庫管理と生産システム」
「品質管理」「原価管理」
「納期管理」
「安全衛生管理」「環境管理」
「製品企画・設計管理」
「生産システム・生産計画(加工型・組立型)」
「生産システム・生産計画(プロセス型)」
合格率
69%

「生産システム・生産計画(加工型・組立型)」63%

「生産システム・生産管理(プロセス型)」50%

受験料
6,200円
7,700円
受験資格

実務経験3年程度

実務経験5年程度



生産管理プランニングも、「中央職業能力開発協会(JAVADA)」によるビジネス・キャリア検定試験の一つです。


生産管理部など、生産システムの設計や計画業務に関わる人を対象としています。


生産管理(ビジネス・キャリア検定)


試験内容

生産管理オペレーション

生産管理プランニングの試験範囲と同じ

合格率
25%
受験料
11,000円
受験資格
実務経験10年以上



生産オペレーションと生産プランニングで学んだ知識に加えて、現場のマネジメントに必要な専門知識や応用力が求められます。

問題数は少ないですが、マネジメント方策などを論述しなければなりません。


中小企業診断士



試験内容
「経済学・経済政策」
「財務・会計」
「企業経営理論」
「運営管理」
「経営法務」
「経営情報システム」
「中小企業経営・政策」
合格率

5%

受験料

1次試験13,000円、2次試験17,200円

受験資格

特になし



中小企業診断士は、経営コンサルタントに関する国家資格です。

この資格を取得するためには、生産管理だけでなく、販売管理、経営情報システム、さらに企業経営理論や企業法務なども学ぶ必要があります。

中小企業診断士の資格を取得することで、経営者視点での高いレベルで生産管理業務を行えます。


生産管理に必要なスキル


生産管理業務を行うにあたり必要なスキルは以下の通りです。


  •   生産工程を円滑に進めるマネジメント能力
  •   作業スタッフとのコミュニケーション


項目ごとに詳しく見ていきましょう。


生産工程を円滑に進めるマネジメント能力

生産工程を円滑に進めるマネジメント能力は、生産管理業務を行うにあたり欠かせないスキルです。

予想外の事態に動じることなく冷静な判断をするためにも、マネジメント能力は欠かせません。

さまざまな事態の予測からこれまでのデータをもとにした情報分析する能力も必要でしょう。

不測の事態が起きないように、あらかじめ想定して準備しておくことも大切です。


作業スタッフとのコミュニケーション

生産管理は、製造工程のすべてにおける指揮官といえる役割です。

とはいえ、指揮官がどれほど優秀でも現場のスタッフが正しく動いてくれなければ、その役割を十分に果たせません。

適切な指示を出して、スタッフに行動を促すには、コミュニケーション能力も必要でしょう。

日ごろからのコミュニケーションを大事にしてこそ、緊急時やトラブルが起こったときに、周りのスタッフも快く動いてくれるものです。


まとめ


生産管理は、製造業における一連の生産過程に欠かせない業務です。

物事を多面的に捉え、広い視野で臨機応変に状況を判断しなくてはなりません。


不測のトラブルに対応するためにも、高いマネジメント能力やコミュニケーション能力も必要です。

これから生産管理の業務に携わりたいと考えているのでしたら、今回紹介した仕事に向いている人の特徴も参考にしてくださいね。





気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー