catch-img

工場勤務の夜勤はどのくらいきついのか?夜勤で働くメリット・デメリットや慣れるためのコツをご紹介!

夜勤の仕事は、世間的にきついと思われがちですが、給料が良いといった魅力的な部分も複数あります。きつい部分を具体的に理解し、対応した対処方法も知ることで、メリットに目を向けやすくなるでしょう。


また、夜勤の仕事をおすすめできない人も併せて解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。


目次[非表示]

  1. 夜勤を「きつい」と感じるポイント
  2. 夜勤がきついときの対処法
  3. 夜勤で働くメリット
  4. 夜勤がおすすめできない人のタイプ
  5. まとめ


夜勤を「きつい」と感じるポイント


夜勤をきついと感じる人には、いくつかの共通点があります。実際にそう感じている人は、以下五つの傾向が見られました。


【夜勤を「きつい」と感じるポイント】

  •   睡眠不足になる
  •   体力的にきつい
  •   生活リズムが崩れる
  •   トラブルが発生した時に顧客と連絡が取れない
  •   友人と時間が合わせられない


以下で詳しく見ていきましょう。


睡眠不足になる

夜勤をする多くの人が持つ悩みの一つに、睡眠不足や睡眠の質が低いことがあります。一般的な人間の生活リズムは、昼に活動をして、夜に休息を取ります。


通常の活動時間に慣れている人は、夜に睡眠時間の確保がうまくできない時点で生活のバランスを崩してしまうかもしれません。


さらに、寝つきがあまりよくない人にとっては、昼間の生活音や喧噪のなかで寝るのは難しく感じる可能性もあります。眠れたとしても熟睡できず、質の悪い睡眠となることも考えられます。これらにより、慢性的な集中力の低下や眠気と疲労感が残ってしまいかねません。


体力的にきつい

人間の体は、睡眠時間にメラトニンなど体の調子を整えるホルモンが多く分泌されます。これらの成分には、疲労を修復する作用がありますが、睡眠時間が不規則だとホルモン分泌量が低下する傾向があります。結果として、睡眠の質が低下してしまい体力が十分に回復しません。


メラトニンの分泌量が低下すると、がんや心臓病のリスクが高まるだけでなく、女性であれば妊娠への悪影響も考えられます。夜に睡眠できないと、心身ともに健康な状態ではいられなくなるリスクがとても高まるといえるでしょう。


生活リズムが崩れる

昼間であっても、決まった睡眠時間に慣れてしまえば平気だと思うかもしれませんが、休みの日も含めて生活のリズムが崩れやすいことにも注意しなければいけません。


一般的に週の休みは2日あるはずです。買い物や、レジャー施設に出かけるのは昼間になることが多いでしょう。


休みの日は昼に活動をしてから、また夜勤の仕事に戻るとどうなるでしょうか。生活リズムは大きく崩れ、体調管理も難しくなってしまいます。


トラブルが発生したときに顧客と連絡が取れない

職場自体は夜間に稼働していても、通常の企業は日勤がほとんどのため、万が一のトラブルが発生しても顧客と連絡が取れず、迅速に対応できないこともあります。


連絡が取れない間は、製造の仕事が滞り、待機時間が増えます。最悪の場合は仕事を中断し、強制的に終業してしまうケースもあり、働いている全従業員の生産活動が発生しません。


収入以外の部分でも、夜勤は責任者がいない状況にもなりやすいため、いつ起こるか分からないトラブルに対処しなければならないという心理的ストレスも考えられます。


友人と時間が合わせられない

夜勤同士で友人と会う場合は良いのですが、日勤の友人とは時間を合わせることが難しいです。さらに、合わせられたとしても疲労感が強く、充実した時間を過ごせないかもしれません。


一般の人が働いている時間とは完全に生活のリズムが逆転しているため、予定を合わせるのが難しいのは容易に想像できるでしょう。また、夜勤明けに合う場合、眠気や疲労感に邪魔されてしまうため、だんだんと友人と時間を合わせるのが面倒に感じる人もいるようです。


このような理由から、最終的には世間と切り離されているような孤独感を抱いてしまうことが、「夜勤がきつい」と感じる原因になることも多いです。


夜勤がきついときの対処法


夜勤がきついのは、睡眠問題や夜勤ならではの精神的苦痛にあります。そういった点には、どのような対処方法があるのでしょうか。具体的な方法は以下の四つです。順番に見ていきましょう。


【夜勤がきついときの対処法】

  •   1週間の夜勤最終日明けの昼間はなるべく眠らないようにする
  •   昼間の睡眠環境を工夫する
  •   トラブル時の対処法を正確に把握しておく
  •   夜勤で働くメリットを把握してモチベーション維持に努める


1週間の夜勤最終日明けの昼間はなるべく眠らないようにする

夜勤明けは、すぐに睡眠を取りたくなるかもしれませんが、昼にはできるだけ眠らないようにしましょう。眠るとしても、長時間の睡眠時間は取らず、2時間程度に留めるようにすることで、夜にしっかりと良質な睡眠が取れるようになります。


睡眠には決まったサイクルがあり、一つのサイクルが2時間程度とされています。そのため、2時間の睡眠が終わると体が覚醒段階に入り、睡眠の満足感がとても高くなるのです。

参考:公益社団法人日本看護協会「夜勤中の仮眠を取りましょう~夜勤とうまくつきあうために」


帰宅後に日の光を浴びることも、体内リズムを整えるために効果的です。読書や入浴をして、ゆったりとした時間を過ごしましょう。


あくまでも、夜勤明けは夜の睡眠の質を上げるような過ごし方をすると、夜勤での疲労感がかなり軽減されます。


 昼間の睡眠環境を工夫する

昼間に寝るときも、意識して環境を整えることで睡眠の質を向上させられます。日光を遮り、睡眠の妨げになるような音も極力シャットアウトしましょう。


日の光には、体を覚醒させる効果があるため、睡眠時には逆効果です。また、白い光は眠りにくくなります。逆に少し暗くしたり、白光色から暖色に照明の色を変えたりするだけでも睡眠の質改善に効果があります。


さらに暗くするには、アイマスクも使用も効果的です。耳栓やイヤホンも素材が柔らかいものや、睡眠時専用のものなども販売されています。うまく活用することで、より一層睡眠環境が整えられるでしょう。


トラブル時の対処法を正確に把握しておく

夜勤がきついポイントで挙げたトラブルの対処については、あらかじめ対処方法を確認しておくことで負担を軽減できます。トラブルが発生した際に一番きついのは、「どのように対応すれば分からない」ことです。分からない気持ちが不安を生み、仕事のモチベーションを下げていきます。


そのため、夜勤帯に万が一の事態が起きた際の想定をして責任者に相談をしておくと、落ち着いて対応ができます。過去に起きた事例を確認しておくのもよいでしょう。


自分でトラブル対処ができるようになると、不安が減るだけでなく、会社からの信頼も高くなりキャリアアップにつながるかもしれません。


夜勤で働くメリットを把握してモチベーション維持に努める

夜勤には、デメリットだけでなく多くのメリットがあります。メリットを理解しておくと、仕事のモチベーションが維持しやすく、仕事に対する姿勢次第で体調も変化することがあります。


夜勤の仕事は、きついことも多いため、勤務時間前は気分も憂鬱になりがちです。そういったときこそ、夜勤ならではの良いところを思い浮かべると、高いモチベーションで仕事にも行きやすくなります。


夜勤で働くメリット


夜勤がきついときの対処法が分かっても、どうしてもつらいと思ってしまうかもしれません。しかし、夜勤の仕事には、夜勤だからこそのたくさんのメリットもあるのです。主に夜勤で働く際のメリットは以下の三つです。


【夜勤で働くメリット】

  •   給料が良い
  •   日中の時間が確保できる
  •   上司との接点が少ない


給料が良い

夜勤の最大のメリットともいえるのは、給料が高くなることです。深夜割増賃金や、夜勤手当が入るため、日勤よりも確実に収入は増えます。


労働のルールを定めているのは、厚生労働省が定める「労働基準法」です。労働基準法では、夜の22時以降は深夜業となることが記されており、通常の給料よりも2割5分以上割り増しされます。つまり、時間外労働などと同じく、夜遅くの大変な状況で働く人には、多めにお金を支払うことを国が決めているのです。

※参考元:厚生労働省FAQ「法定労働時間と割増賃金について教えてください。」


例えば、時給1,000円だとすると、22時以降は1,250円になります。また、夜勤は募集してもなかなか人が集まらないことから、会社が独自に夜勤手当を設定している場合も多いです。


日中の時間が確保できる

夜勤をしていると、日中の時間を確保しやすくなります。人気のあるテーマパークやレストランといった、混みやすいスポットに空いている時間に行けます。


日勤の人が仕事中で行きづらい役所や銀行など、早い時間に閉まってしまうところにもスムーズに行けます。日勤の場合は仕事を休んだり、中抜けしたりしないと行けませんが、夜勤の人は仕事を休む必要もありません。


夜勤で特にうれしいのは、電車や交通機関、街中での混雑に巻き込まれないことです。落ち着いて行動できるため、スケジュールが組み立てやすいメリットもあります。


上司との接点が少ない

職場の人間関係が面倒な人もいるかもしれません。なかでも、上司の圧迫感や小言というのは、避けられるなら避けたい人も多いのではないでしょうか。そういった人には夜勤のメリットをとても大きく感じる部分があります。


そもそも、夜勤者は日勤者と比べると人数が少ない傾向にあるため、上司との接点も減ります。飲み会に誘われることもほぼありません。また、工場が24時間稼働での夜勤の場合、工場視察や監査といった緊張するようなイベントは、昼の勤務時間がほとんどです。


そういった部分に魅力を感じて働いている同僚や先輩も多く、全体的にリラックスして働けます。


夜勤がおすすめできない人のタイプ


メリットの多い夜勤の仕事ですが、合う人と合わない人で分かれる仕事ではあります。夜勤の仕事自体をおすすめできないのは、以下二つのような特徴がある人です。


【夜勤がおすすめできない人のタイプ】

  •   昼間に寝られない体質の人
  •   夜勤だと体調を崩しやすい人


昼間に寝られない体質の人

睡眠環境をいくら整えても、昼間に寝られない人はいるでしょう。騒音や生活音が気になってしまう音に敏感な人や、日光がある状態では、遮断しても頭がさえてしまう人などです。


体質的にできない人はいますし、もともと昼勤で慣れていると睡眠時間を変えるのも大変苦労します。ある意味では、規則正しい生活を送っている人には夜勤の仕事はつらいものです。メリットに引かれたとしても、無理やり変えることは諦めたほうがよいかもしれません。


夜勤だと体調を崩しやすい人

夜勤だと体調を崩しがちな人にも、もちろんおすすめできません。人間の生活リズムはほとんどの人が日勤で慣れており、夜の睡眠が昼の睡眠よりも質が高いのは決まっています。そのため、多くの人は、夜勤に切り替える際に体調を崩しがちです。


なじむまでは時間がかかりますし、免疫力は落ちてしまいます。もともと体が弱い人や、健康面に不安のある人にも影響が出てしまう上に、病気の原因にもなりかねません。


まとめ


夜勤の仕事は、睡眠不足になることや生活リズムが崩れることがきついと感じやる原因の一つです。また、友人となかなか時間を合わせられなかったり、トラブル対応に不安を覚えたりと精神面でも負担があります。

                                                                                                                                             

ただ、きつい部分を理解して夜勤明けの睡眠に気を付けたり、心身ともにあらかじめ対策を練っておいたりすることは可能です。何よりも、高い給料といったメリットはとても大きいでしょう。


人を選ぶ仕事ではありますが、なじむと快適であり、長く続けている人もいます。きついという悪いイメージに捉われず、メリットを踏まえて慎重に検討してみるとよいかもしれません。




気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー