catch-img

「工場の面接で落ちてしまう…」なぜ?落ちる原因と対策方法をご紹介!

「工場の面接で落ちてしまった……」という場合、不採用の原因を知り、必要な対策を取ることが大切です。しかし、何が原因でどのように対処すればよいか分からない、という人も多いのではないでしょうか。


この記事では、工場の面接に落ちる原因や対策方法、求められる人物像などについて詳しく解説します。工場の面接についてお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。


目次[非表示]

  1. 工場の面接を落ちてしまう原因
  2. 工場の面接に落ちないための対策方法
  3. 工場にはどんな人が求められるのかを知っておこう!
  4. まとめ



工場の面接を落ちてしまう原因


工場の面接に落ちてしまう原因としては、次のような理由が考えられます。


【工場の面接を落ちてしまう原因】

  •   外見に問題がある
  •   意欲が面接官に伝わらない
  •   倍率が高い
  •   条件が合わない
  •   履歴書に不備・問題がある
  •   時間ギリギリに面接に来る
  •   礼儀(マナー)がなさすぎる
  •   過去の退職理由などの履歴の印象が悪い
  •   タイミングが悪かった


順を追って見てていきましょう。


外見に問題がある

工場の面接に落ちる原因として、外見が問題になっていることもあります。初対面の場合、人の印象は見た目でほぼ決まるといっても過言ではありません。


「問題がある外見」の具体的な特徴は、次の通りです。


【問題と考えられる外見の特徴】

  •   清潔感がない
  •   服装や髪型、メイクが場違い
  •   笑顔がない
  •   姿勢が悪い


外見に問題がないかどうか、いま一度チェックしてみましょう。


意欲が面接官に伝わらない

仕事に対する意欲が面接官にうまく伝わらないことが原因で、面接に落ちている可能性もあります。


「工場勤務なら受かるだろう」といった中途半端な気持ちでは、面接官に見抜かれてしまうでしょう。どんな面接でも、意欲が伝わらなければ採用に至る可能性は低くなります。


志望動機や自己PRもきちんと準備し、仕事へのモチベーションの高さをアピールするようにしましょう。


倍率が高い

「倍率の高さ」が、面接に落ちる原因となっているケースもあります。


工場の仕事は未経験でも応募しやすく、高収入を見込めます。また、募集の年齢層が幅広いことも特徴です。そのため、条件の良い求人には応募が殺到します。また、機械化が進むことで人材が必要な仕事が減り、競争が激しくなっていることもあります。


倍率が高いことを意識して面接を受けなければ、簡単に落とされてしまうでしょう。


条件が合わない

条件が合わないという理由から、面接に落ちることもあります。


例えば、夜勤が求められる工場にも関わらず出勤可能な曜日が少ない、という場合は採用されづらいでしょう。また、「求人情報には明記していないが、実は夜勤に入れる人材を採用したい」といった工場側の裏事情があるケースもあります。


条件に合わなければ、どれだけ面接のできが良くても採用を見送られる可能性が高くなります。


 履歴書に不備・問題がある

履歴書の不備や問題によって、工場の面接に落ちてしまうこともあります。


誤字や脱字、記入漏れなどの不備は、「仕事も雑なのでは?」といった不信感につながりかねません。また無職の期間が長い場合、その理由(親の介護など)をきちんと説明できなければ、面接官にマイナスの印象を与えてしまうでしょう。


時間ギリギリに面接に来る

時間ギリギリになって面接に来る人も、採用されにくいでしょう。


工場では、納期に合わせて製造工程を組みます。そのため、時間や期日に対して厳しくチェックする工場は多いのです。遅刻はもちろん、間に合っていても時間にギリギリの場合、悪い印象を与えかねません。面接時間の10分前くらいには到着できるよう、余裕をもって出発しましょう。


礼儀(マナー)がなさすぎる

きちんと時間通りに会場に到着したとしても、マナーが悪ければ面接には落ちてしまうでしょう。面接官に「礼儀正しい人」という好印象を与えるためも、以下のポイントを意識することが大切です。

  •   ノックしてから部屋に入る
  •   あいさつやお辞儀をしっかりする
  •   面接官に指示されてから着席する
  •   座るときは足を組まず、深く腰かけすぎない
  •   良い姿勢を心がける
  •   敬語や話し方に気を付ける


過去の退職理由などの履歴の印象が悪い

過去の退職理由の伝え方にも注意が必要です。


たとえ本当のことだとしても、人間関係のトラブルや給料への不満といったネガティブな退職理由を伝えると、工場側は「雇ってもすぐに辞めてしまうのでは?」と採用をためらってしまうでしょう。「新しい仕事にチャレンジしたくなった」など、前向きな理由に変換して伝えることで、マイナスイメージを避けることができます。


タイミングが悪かった

単純にタイミングが悪く、工場の面接に落ちてしまうケースもあります。


  •   ちょうど定員に達してしまった
  •   不況にさらされて事業を縮小した


このような理由の場合、どれだけ優秀な人でも不採用となる可能性があります。自分の努力で何とかなることではないため、ベストを尽くした面接を続けることが唯一の対処法といえます。


工場の面接に落ちないための対策方法


工場の面接に落ちないようにするためには、どのような対策を取ればよいのでしょうか。押さえておきたい対策方法は、次の通りです。


【工場の面接に落ちないための対策方法】

  •   やる気が伝わるように元気良く面接に臨む
  •   履歴書の内容確認と見直しは必ず行う
  •   清潔感のある格好で面接に臨む
  •   工場だからといって軽く見ずに事前準備をしっかり行う


それぞれ詳しく解説します。


やる気が伝わるように元気良く面接に臨む

面接官にやる気が伝わるよう、面接には元気良く臨むことが大切です。


工場勤務には、体力が必要な業務が数多くあります。そのため、元気がないと面接官に「この人は体力がなさそう」というマイナスな印象を与えかねません。面接時は大きな声でハキハキ話すなど、元気な姿をアピールしましょう。


履歴書の内容確認と見直しは必ず行う

提出する履歴書のチェックは必ず行うべきです。


  •   面接官にマイナス印象を与える内容はないか
  •   誤字・脱字などの不備はないか
  •   文字は丁寧に書けているか


これらのことは必ず確認しましょう。手書きの文字に自信がない場合は、パソコンで作成するのも一つの手段です。


清潔感のある格好で面接に臨む

第一印象に大きな影響を与える外見は、面接時の重要なポイントの一つとなります。


中でも特に意識したいのが、「清潔感」です。食品や大切な商品を扱う工場では、清潔感が重要視されます。そのため、面接の際は清潔感のある身だしなみを意識することが大切です。服装や髪型、爪を整えるほか、男性はヒゲ、女性は化粧にも気を付けましょう。


工場だからといって軽く見ずに事前準備をしっかり行う

工場だからといって軽く見ず、事前準備をしっかり行うことが大切です。


応募のハードルが低いことは、工場勤務のメリットといえます。しかし、だからといって工場側は「採用できれば誰でもよい」というわけではありません。


面接官に「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるよう、持ち物や想定される質問への回答など、面接に向けた準備をしっかり行って当日を迎えましょう。


工場にはどんな人が求められるのかを知っておこう!


工場で求められる人物像を知っておくことで、面接のさまざまな質問に対して答えやすくなります。


例えば、「最後に何かありますか?」というのは、面接の終わりに聞かれやすい質問の一つです。自己PRにぴったりの質問である一方、どんなことをアピールすべきか悩むこともあるでしょう。そんなとき、工場側の需要をあらかじめ押さえておけば、自分が持つ強みの中から積極的にPRすべきポイントを選びやすくなります。


ここでは、工場勤務に求められる人物像の特徴を四つご紹介します。ぜひ参考にしてください。


長期勤務ができる人

工場で求められやすい人物像の一つ目は、「長期勤務ができる人」です。


工場の仕事には、工程をはじめ、覚えるまでに時間がかかる業務が多くあります。仕事をしっかり覚えてもらうためにも、長期勤務ができる人を優先して採用する傾向にあるのです。


趣味のスポーツなど継続的に取り組んでいることがある人は、その点もアピールしましょう。「この人なら長く働いてくれそうだな」という好印象につながります。


チームでの行動を問題なく取れる人

チームでの行動を問題なく取れる人は、重宝されやすいでしょう。


工場の仕事は、個人作業が多いことが特徴です。しかし、業務内容によっては周りとの意思疎通を図りながら作業しなければならないケースもあります。そのため、チームプレイで効率良く仕事ができる人は重宝されます。


面接時は、チーム行動の経験や、周囲とコミュニケーションを取る上で自分が大切にしているポイントなどをアピールすることがおすすめです。


目が良い人

検査工程がある工場では、検査に支障のない「目の良さ」が求められます。


例えば電子・電機関連の業務がある工場の場合、細かい電子機器や回路の組み立てなど、目が良くなければ携わることができない業務も多くあります。そのため、視力の良さはアピール材料の一つになるでしょう。


なお、この「目が良い」という意味には、視力が良いということだけでなく、他の製品との微妙な違いに気づくことができる、といった意味での目の良さも含まれます。


スポーツ会系や体力に自信がある人

部活動などでスポーツに打ち込んだ経験のある人や、体力に自信のある人も好まれます。


工場勤務では、重い物を扱う力仕事や立ち仕事が多いことが一般的です。また夏は暑い場所、冬は寒い場所で作業しなければならなかったり、交替制で勤務時間が不規則だったりするケースも珍しくありません。そのため、体力がある人は採用されやすい傾向にあります。


体力面に加え、普段から健康に気を配り、しっかりと体調管理ができる点もアピールポイントになるでしょう。


まとめ


工場勤務は特別な経験やスキルがなくても応募しやすいものの、誰もが面接に受かるわけではありません。面接に落ちる原因は、応募者の外見やマナーの問題のほか、競争率の高さや条件の不適合などさまざまです。


工場の面接を受けるときは、面接官に良い印象を与えられるよう身だしなみやマナーに気を付け、しっかりと事前準備を整えてから臨むようにしましょう。また、工場が求める人物像を意識しながら、仕事へのやる気や自分の強みをアピールすることが大切です。





気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー