catch-img

工場の検査仕事はきついのか?きついと感じる点や感じた場合の対処法まで徹底解説!

工場に勤務する人の業務内容はさまざまです。そして工場の業務の中でも品質維持のために欠かせないのが、「検査」の仕事です。


しかし検査の仕事は性質上きついと感じる方が多いため、業務にあたる際には対処法を理解しておくことをおすすめします。この記事では、工場の検査仕事の仕事内容や種類、きついと感じる点、きついと感じた場合の対処方法について解説します。


目次[非表示]

  1. 工場の検査仕事は不向きの人にはきつい
  2. 工場の検査の仕事内容
  3. 工場の検査の種類
  4.  検査仕事がきついと感じる点
  5. 検査仕事がきついと感じたらどうするべき?
  6. まとめ


工場の検査仕事は不向きの人にはきつい


まず、工場の検査仕事には向き不向きがあり、向いていない人にとってはきつく感じることもあるという点は押さえておきましょう。工場の検査仕事には同じ作業の反復が多く、その中で細かい変化に気づくには集中力が求められるためです。向いていないとできないわけではありませんが、不良品を絶対に見逃さない正確性や責任感がなければ、続けることは困難でしょう。


工場の検査の仕事内容


工場の検査の仕事内容は、主に製品に関する検査と工場の作業環境に対する検査の2種類があります。


製品に関する検査とは、工場で作られた製品の品質をチェックするものです。一般的には品質検査と呼ばれており、外観を見て傷や汚れの有無を確認するだけでなく、規格に沿って作られているか、仕様通りの動作をするかなども確認します。

製品に関する検査は、さらに作業工程中と完成後に行うチェックの二つに分けられます。また、万が一不良品が出た場合は原因の調査も必要です。


一方の作業環境に対する検査では、生産工程の衛生状況を中心に検査を行います。


工場の検査の種類


工場の検査には、主に以下の種類があります。それぞれ解説します。


【工場の検査の種類】

  •   目視検査
  •   機能検査
  •   モニター検査
  •   分析補助


目視検査

目視検査とは、製品に問題が発生していないか直接目で見てチェックすることを指します。傷や汚れの有無だけでなく、事前に定められている基準をクリアしているか否かも検査項目です。ただし、検査すべき項目は製品によってさまざまであり、中には顕微鏡を使用して行う目視検査もあります。


目視検査は外観検査の一種であり、全数検査(すべてに目を通す)でもあります。人間の目によって検査を行うため、ヒューマンエラーの発生には注意しなくてはなりません。

精神的・体力的な影響によってヒューマンエラーは発生する可能性があり、見逃した不良品が市場に出回ってしまうと、企業の信頼問題につながります。


機能検査

機能検査は、生産したアイテムが仕様通りに動作するか否かを確認する検査です。目視検査で問題が発見されなかったとしても、仕様通りに動作しなければ製品の役割を果たせません。そのまま市場に出回ればやはり大問題になるため、機能検査の実施が重要です。


機能検査としては、耐久性検査や全数検査を行わない抜き取り検査などが挙げられます。そして不具合が発生した場合は原因を究明し、改良を目指すことも重要です。


モニター検査

モニター検査とは、動作状況や作業状況を、モニター画面を通じてチェックする検査のことです。作業途中で不具合が発生した場合即座に発見できることから、作業の効率性向上を期待できます。


一般的には、「機械・検査オペレーター」などが実施し、検査終了後に完了ボタンを押す流れが通常です。モニター検査では機械がチェックすることになり、不良品の回収をしたり、モニターを目視でチェックしたりといった業務が考えられます。また、作業員が正しく業務を遂行しているかも、モニターによってチェック可能です。


分析補助

分析補助とは、研究開発の現場において、研究者のサポートとして成分分析やデータ整理などを行う業務のことを指します。ただ検査を行うだけではなく、Excelをはじめとしたツールを活用し、データをパソコンにまとめることも業務の一部です。医薬品や化粧品などの研究現場では多く見られる業務であり、製品の改良・新開発に必要な情報を得るためには欠かせない業務です。


 検査仕事がきついと感じる点


検査仕事がきついと感じるのは、以下のような時です。


【検査仕事がきついと感じる点】

  •   同じ作業を繰り返すため飽きてしまう
  •   目・腰・足がとても疲れる
  •   求められるクオリティが高い
  •   人と話したくないのにコミュニケーションが求められる場合がある
  •   キャリアアップにつながりにくい
  •   長時間の集中が求められる


同じ作業を繰り返すため飽きてしまう

辛い・きついと感じる要因としてまず挙げられるのが、同じ作業の反復が多い点です。検査業務を含む工場のライン業務は、基本的に同じような作業の繰り返しが中心です。同じようなことばかりを繰り返し行うとどうしても単調で飽きやすく、退屈に感じてしまいます。


単調な作業の繰り返しを「特に頭を使わず同じことを繰り返すから楽」と感じる人もいますが、単調な作業に耐えられないことがあるでしょう。単調な作業の繰り返しに我慢できず、眠くなったり集中できなくなったりすることから「辞めようかな」と考え出すきっかけにもなり得ます。


目・腰・足がとても疲れる

検査作業においては、目・腰・足がとても疲れることもきつい理由の一つです。目視検査は目を酷使することになるため、目の疲れは感じてしまうでしょう。


また、作業中は基本的に「立ちっぱなし」「座りっぱなし」など、同じ態勢を求められることも多くあり、腰や足が疲れやすい一因になっています。体力的に疲れることは少ないですが、身体の一部に疲労感を覚えるのが特徴的です。


求められるクオリティが高い

求められる品質が高いことも、検査作業に対してつらいと感じる理由に挙げられます。検査は、不具合を抱えたアイテムをそのまま市場に流出させてしまわないことを目的として実施するものです。


そのため基準や検査項目に合致しないものがないか常に判別し続ける必要があり、一定のスピードの中でこなすことは簡単ではありません。速いラインスピードの中で高いクオリティを維持し続けなくてはならないため、きついと感じる方がいることも十分に考えられます。


人と話したくないのにコミュニケーションが求められる場合がある

検査業務においては、想像以上にコミュニケーションが求められるケースもあります。検査で不具合を発見した場合、前工程の人に注意しなくてはならない局面があるためです。注意する際に言い方を誤ると、人間関係が悪化してしまうことも考えられます。


工場勤務を希望する方には、コミュニケーションを取るのが苦手だと感じる方も一定数いるものです。しかし、いざ業務を行ってみたところ想定以上にコミュニケーションが求められて、仕事がきついと感じることも考えられます。


キャリアアップにつながりにくい

検査業務はキャリアアップにつながりにくいことも、きついと感じやすい理由の一つです。検査作業は初心者でも準備をせずにスタートでき、資格や学歴も関係ありません。そのため、どうしても専門性を高めにくく、キャリアアップにもつながりにくいと考えられます。


工場に勤務を続けて将来的にはキャリアアップしたいと考えている人にとっては、検査作業は単調で退屈なものに感じられてしまうかもしれません。身体への負担も一定以上かかる業務であることから、モチベーションが上がらないまま続けることはつらいものでしょう。


長時間の集中が求められる

検査業務には、長時間の集中が求められます。工場のラインは、一定以上のスピードで流れ続けていきます。絶えず流れていく製品をチェックして不具合を見落とさないようにし続けるには、長時間にわたって集中を切らさないことが重要です。


集中にムラがあれば「不具合を見落としやすい時期」が発生してしまい、検査業務の性質上好ましくありません。すべての時間においてムラなく集中し続けることは、多くの人がきついと感じる大きなポイントになっています。


検査仕事がきついと感じたらどうするべき?


検査仕事がきついと感じた場合、以下の対処法を試すことをおすすめします。


【検査仕事がきついと感じた時の対処法】

  •   辞める(転職する)ことを検討する
  •   工場側に改善を求められる点があれば要求する
  •   作業時間内で息抜きできるタイミングを探す


辞める(転職する)ことを検討する

検査業務がただきついと感じるようになったら、仕事を変える(転職する)ことも視野に入れることをおすすめします。もし向いていないようであれば、努力したとしてもつらい状況が変わらない可能性があるためです。上司に相談して、他の業務に配置転換してもらうことも考えましょう。


ただし、努力を続ければ仕事に慣れてきついと感じなくなる可能性もあるため、特にまだ始めたばかりの場合は、少し様子を見ることも重要です。


また、工場のライン作業自体に合わないようであれば、無理せず転職を検討することも重要です。不向きな仕事を続けていても状況が改善しにくく、無理をして心身を病んでしまう可能性もあります。さらに、会社側に問題がある場合は自分が努力しても完全が難しいことから、辞めることも選択肢として考えましょう。


工場側に改善を求められる点があれば要求する

きついと感じても工場側に改善を求められるようであれば、要求することも大切です。作業負担が大きすぎる、上司の指示が厳しすぎるなどの原因がある場合、改善要求をすることでより働きやすい職場になる可能性は考えられます。


上司から無理を強いられたらできないことを伝えたり、別の先輩に相談したりして会社側に要求することが重要です。つらい状況を我慢して自分一人で抱え込んでしまうと、ストレスが大きくなり心身のバランスを崩すことも考えられます。


作業時間内で息抜きできるタイミングを探す

作業時間内で息抜きできるタイミングを探すことも、検査業務がきついと感じる場合の対処法の一つです。単調な作業でありながらも長時間の集中が求められることが、きついと感じる大きな要因になっています。


そのため、上手に息抜きを取り入れることでストレスを軽減させることが重要です。気持ちを切り替えて取り組めると、より前向きに仕事をすることにもつながります。


もしライン作業の場合気軽に席を外せなければ、工場が設けている休憩時間にしっかりとリフレッシュすることが重要です。ただ休むだけでなく、少し立ったりストレッチしたりすることで気分転換になります。また、タスク性の仕事であればある程度自分のタイミングで休憩を取れるため、定期的に5分ほど休憩を取るのがおすすめです。上手にリフレッシュし、疲れをため込まないようにしてください。


まとめ


工場における検査の仕事とは、製品や作業環境をチェックすることを指します。検査業務は単調で長時間の集中が必要になる点などから、きつい・つらいと感じる人も多数いる業務です。もしきついと感じたら無理をせず、仕事を変えることや工場へ改善を要求することを検討しましょう。また、ストレスや疲れをため込まないように、上手に休憩を取ることもおすすめです。




気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー