catch-img

工場勤務は底辺の仕事?底辺といわれる理由や工場勤務のメリットもご紹介

工場勤務は底辺だといわれることがあります。その理由には、誰でもできる作業が多い、職場は3Kである、学歴問わず雇ってもらえるなどが考えられます。しかし、3Kではない工場もあり、技術を身に付けてスキルアップができる上に、残業代などの各種手当により派遣社員でも給与が高い場合もあります。この記事を読めば、工場勤務とは世間でいわれるほど底辺なのか、判断できるようになるでしょう。

目次[非表示]

  1. 工場勤務が底辺といわれてしまう理由
  2. 「工場勤務は底辺じゃないかも?」と考えられる理由
  3. 工場勤務で働くメリット
  4. 工場勤務が底辺かどうかは働く人や環境によって大きく左右される!
  5. まとめ


工場勤務が底辺といわれてしまう理由


「工場勤務は底辺である」といわれることがあります。その理由は、下記の七つです。


【工場勤務が底辺といわれてしまう理由】

  • 誰でもできる業務が多い
  • 3K(きつい・汚い・危険)
  • 学歴が低くても雇ってもらえるところが多い
  • 労働内容と給与が合わない
  • コミュニケーションが苦手な人が多い
  • 賢い人が多くない
  • 正社員と非正規雇用で作業内容に差が生まれにくい


実際にどのような点から底辺といわれてしまうのか、その理由を知ることで工場勤務への印象が変わるでしょう。下記で、七つの理由の詳細を説明します。


誰でもできる業務が多い

単純作業が多く、誰でもできる作業が多いことから低く見られがちです。実際の業務は工場にもよりますが、例えば弁当を作る工場であればひたすら野菜を切るだけ、ご飯を盛り付けるだけなどの作業があります。他にも、自動車の部品などを作っている工場では、機械を使う作業や検品や梱包(こんぽう)などがありますが、基本的には決められたことだけするので、単純作業になりがちです。


 3K(きつい・汚い・危険)

工場は、いわゆる3Kの職場であることが多く、そのような場所で働いているがゆえに底辺と思われやすいです。3Kとは、きつい(KITSUI)・汚い(KITANAI)・危険(KIKEN)のことで、ローマ字表記したときの頭文字が全てKなので、3Kといわれています。薬品やオイルなどを利用しているため匂いがきつい工場や、汚れがひどい工場、重労働が多い工場などがあるのは事実です。しかし、汚い・危険といわれる工場は減ってきています。特に、食品メーカーや、化粧品メーカーなどは製品に異物が混入しないよう、徹底的な衛生管理が行われています。また、機械も安全性が高められたものが増えてきています。ただし、きついに関しては、個人差がありますので、なかなか払拭できない点でしょう。


学歴が低くても雇ってもらえるところが多い

単純作業が多く、特別な知識やスキルが基本的には必要がないため、学歴不問で求人情報を出していることが多いです。学歴が低くても雇ってもらえるので、底辺の仕事という印象を抱かれやすいです。知識がいらない、誰でもできる仕事であるがゆえに、そう思われるのでしょう。


労働内容と給与が合わない

重たい部品を運んだり、力仕事があったりと重労働と給与が合わないと感じる方もいます。仕事時間中に手を抜くことはできず、勤務時間みっちり働くことになる割には給与が少ない側面もあります。


コミュニケーションが苦手な人が多い

工場勤務は、一人で黙々と作業をすることが多く、コミュニケーションが苦手な人が就職しやすいです。しかし、コミュニケーションが苦手だとスムーズに会話ができず、あまりよい印象を持たれません。あいさつすら丁寧にできないと、工場のような底辺の場所で働いているからと思われてしまうでしょう。


賢い人が多くない

低学歴でも雇ってもらえるため、あまり賢い人がいない印象を抱かれます。特に、重労働の工場では休みの日も疲れて外出が面倒になり、アウトドア系の活動などができず、お酒やギャンブル、パチンコなどを楽しんでいる人もいます。そこからあまり品がよくない、底辺だと思われてしまうこともあります。


 正社員と非正規雇用で作業内容に差が生まれにくい

工場では、正社員と非正規雇用者で、仕事内容に差が出にくいです。しかし、給与は正社員の方が高く、福利厚生などの待遇も整っています。同じ仕事をしているのに非正規雇用者は低い扱いをされていることから、底辺の仕事場だからと考える人もいます。


「工場勤務は底辺じゃないかも?」と考えられる理由


工場勤務は底辺ではない、と考えられる側面も持っています。


【「工場勤務は底辺じゃないかも?」と考えられる理由】

  • ブラック企業のようなサービス残業をするところはほとんどない
  • 工場の全てが3Kを持ち合わせているわけではない
  • 技術職のようにスキルアップができる職種も多い
  • 世間から思われているほど人間関係は難しくない
  • ひどい給与形態のところは比較的少ない


前の項目で解説した底辺だと考えられる理由は、過去の話になっているものもあります。下記では、工場勤務に関する現状をお伝えします。


ブラック企業のようなサービス残業をするところはほとんどない

工場では残業が発生することもありますが、サービス残業をさせるところはほとんどありません。実際には、残業手当や夜勤手当など、各種手当が付くことが多いです。特に、24時間稼働していて交替勤務でシフトを回している工場では、交替時間になればそこで仕事は終わります。


工場の全てが3Kを持ち合わせているわけではない

全ての工場が3Kに当てはまるわけではありません。食品メーカーや、化粧品メーカーのような異物混入を防ぐ必要がある工場や、電子機器メーカーや医薬品メーカーのようなゴミや細菌が入らないよう管理された部屋がある工場では、3Kの汚いには当てはまりません。また、機械も安全性が高められており、直接機械に触らずとも操作できるようになるなどの工夫がされています。

きついに関しては、感じ方が人それぞれのため、完全に減らすことは難しいでしょう。


技術職のようにスキルアップができる職種も多い

技術職は、専門的な知識や経験が求められる職種です。具体的な仕事内容は、製品の開発、設計、製造、保全、修理などです。技術職は続けることでスキルアップを目指すことができ、より条件がよい企業や工場への転職も可能です。

また、製品の仕上げをする研磨作業のような加工技術は、どこの工場でも重宝されるスキルでしょう。


世間から思われているほど人間関係は難しくない

工場はほかの職場よりも、特別に人間関係が悪いわけではありません。工場勤務を選ぶ方は似たような境遇であることも多く、打ち解けやすい可能性も高いです。


ひどい給与形態のところは比較的少ない

工場勤務を選ぶ理由に高い給与を挙げる方もいるように、重労働の割に低賃金という工場は比較的少ないです。残業代や夜勤手当のほかにも、契約満了時に得られる満了金や、資格手当など、手当が豊富です。派遣社員であっても、各種手当を含めると年代の平均年収以上の給与を受け取れる工場もあります。


工場勤務で働くメリット


きついと思われがちな工場勤務ですが、工場で働くメリットもあります。


【工場勤務で働くメリット】

  • 時間管理がしやすい
  • ネクタイやスーツを着なくてよいところが多い
  • 職人技術が身に付く
  • 資格や経験がなくても働ける


工場勤務は底辺であるという情報をうのみにせずに、メリットも知り、自分に合っているか検討しましょう。下記で、メリットの詳細を解説します。


時間の管理がしやすい

工場での仕事は、時間の管理がしやすいです。1日の行動計画が、決まっていることが多いからです。急な残業が発生しなければ、決まった時間で帰れるでしょう。特に、育児中の女性で、子どもの送迎がある場合は、時間が管理しやすい点は大きなメリットといえるでしょう。また、24時間稼働しており交替勤務制を採用している工場も、交替の人が来れば終業となり、いたずらに仕事時間が延びることはありません。


ネクタイやスーツを着なくてよいところが多い

オフィスワーカーのように、スーツやネクタイを着用する必要がありません。出勤・退勤時は自分の好きな服装でよいですし、工場内では制服を着用します。通勤しやすい服装を選べるため気候に合わせて調整が可能で、仕事の服にお金をかけなくてもよい点がメリットといえるでしょう。


職人技術が身に付く

工場で働けば、職種によっては加工技術などの職人技術を身に付けられます。研磨作業や溶接作業、塗装作業などその技術はさまざまです。手に職を付ければ他の工場でも重宝されますし、自分のスキルアップを感じられるため、やりがいにもつながるでしょう。また、技術という面では各種技能士やフォークリフトなどの免許を獲得することで、仕事の幅も広がります。


資格や経験がなくても働ける

工場や職種によっては、資格がなく、未経験でも働けます。整備工場のように資格が必要な工場もありますが、製造系の工場は、ほとんどの場合で資格・経験は不要です。また、最初は資格を持っていなくても、働く中で資格や免許を取得すれば昇給を狙えますし、担当する仕事も増えていくでしょう。転職の際にも生かせます。


工場勤務が底辺かどうかは働く人や環境によって大きく左右される!


工場勤務を底辺と感じるかどうかは、実際に働く人や、工場の環境によって変わります。工場の様子は、どこも同じとはいえないからです。3Kではない工場もあれば、技術を身に付けられる工場もあります。工場勤務を選ぶ理由として、給与が高い工場で働きお金を貯めて世界一周をしたい、体を動かす仕事をしたい、子どもの送迎に支障がないようにしたいなどが挙げられます。漠然と工場を選ぶのではなく、志があって働いている方もいます。また、工場勤務経験は、体力やストレス耐性があり、目的を持って働けることの証明にもなるでしょう。工場は生活を支える製品を作る場所であり、日本社会になくてはならない職場です。工場勤務だからといって、必ずしも底辺であるわけではありません。


まとめ


工場勤務を底辺だと感じる理由は、職場が3K(きつい・汚い・危険)である、どんな人でも雇ってもらえる、誰でもやれるなどが挙げられます。しかし、実際には工場によっては取り扱っている製品の性質上、徹底的に衛生管理がされている工場もあれば、危険な作業が減るよう改善されている工場もあります。また、工場で働くことはほかにはないメリットもあります。例えばスーツやネクタイなどきちんとした服を着用する必要はないので、服装に関してストレスのない通勤が可能です。資格や経験がなくても働けますし、作業によっては技術を身に付けられる職場もあります。

工場勤務を底辺と感じるかどうかは、本人と働く環境に大きく左右されます。周りからそういわれたから底辺なんだと思い込まず、工場勤務に関する情報を集めて、自分で判断しましょう。





気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー