catch-img

工場勤務から転職したい!辞めたい人が抱く理由や転職先におすすめの職種を解説!

工場勤務をしていて辞めたい・転職したいと考える理由はいくつかあります。単純作業にやりがいが感じられない、社員同士のコミュニケーションが少ないなどです。しかし、転職するにしても前もって準備が必要です。この記事では工場勤務に向いている人・向いていない人や、転職前にやるべきこと、おすすめの職種などを解説します。本記事を読んで、そもそも工場勤務を辞めるべきなのかを正しく判断し、転職をスムーズに進めましょう。

目次[非表示]

  1. 工場勤務に向いている人・向いていない人
  2. 工場を辞める人が抱きがちな辞める理由5選
  3. 工場勤務から転職を決めた人が取り組むこと
  4. 工場勤務からの転職先におすすめの職種
  5.  20代ならポテンシャル採用に挑戦するのもアリ!
  6. 方向性が定まったら転職活動を開始
  7. まとめ


工場勤務に向いている人・向いていない人


工場勤務に向いている人・向いていない人の特徴を解説します。工場での勤務を辞めてから、自分はやっぱり工場勤務のほうが向いていたと後悔するのでは、転職活動などに費やす時間がもったいないです。また、向き・不向きを知れば、工場勤務を続けるべきかどうかの判断材料にもなります。


工場勤務に向いている人

工場勤務に向いているのは、下記のような特徴を持った人です。


【工場勤務に向いている人の特徴】

  • 単調な作業につらさを感じない人

工場での仕事は、一つの作業を黙々と続けることが多いです。複数の作業を同時にこなすよりも、淡々と同じ作業をするほうが好きな人は工場勤務に向いています。

  • ものづくりに携わりたい人

工場勤務は、ものづくりに関われることが魅力です。製品ができあがる過程に携わりたい、ものづくりをしたい人はやりがいを持って仕事ができるでしょう。

  • 仕事中は作業に集中したい人

任された仕事を1人で続けるので、作業中に他の人と話す必要がありません。作業中は目の前のことに集中したいタイプの人は、工場勤務に合っています。

  • スキルを身に付け成長したい人

作業によっては、技術面でのスキルを求められることもあります。ほとんどの工場は資格・経験なしでスタートできるため、仕事をしながらスキルを身に付けることが可能です。


 工場勤務に向いていない人

工場勤務に向いていない人の特徴は、下記の三つです。


【工場勤務に向いていない人の特徴】

  • 仕事で評価されたい人

マニュアルに沿った作業が求められるため、仕事量で評価されることはありません。仕事ぶりを認められたい人には不向きでしょう。

  • 自分で工夫したい人

仕事内容がマニュアル化されているため、それに合わせて仕事をすることが重要です。したがって、自分が作業しやすいようにやり方を工夫したい人は、工場勤務にはあまり向いていません。

  • 体力面で不安がある人

単純作業の繰り返しが多いとはいえ、数時間立ったまま作業したり、中腰で作業したりするなど体力が求められることもあります。もともと腰痛や肩こりの人は、症状が悪化する可能性があります。


工場を辞める人が抱きがちな辞める理由5選


実際に工場に勤めており、工場を辞めたいと感じる理由は、以下の五つです。


  • 単純作業がつらい
  • 社員同士のコミュニケーションが少ない
  • やりがいを感じない
  • 労働環境が悪い・危険が多い
  • 収入がアップしにくい


下記項目で、なぜこれらの辞めたい理由を感じるのかについて解説します。


 単純作業がつらい

1日同じ作業を繰り返すライン作業は、作業が単調な割にミスが許されず集中し続けなければならないので、つらいと感じることが多いです。自分に価値を見いだせなくなる、ロボットのように感じるなど、単純作業を繰り返すことで自分の成長ややりがいを見いだせなくなってしまう人もいます。


社員同士のコミュニケーションが少ない

職場の人同士で会話することがないため、辞めたいと感じる人もいます。基本的に工場内で作業をしている間は、目の前の仕事に黙々と取り組むことになります。休憩時間以外に他の人と話すタイミングがなく、コミュニケーションが好きな人にとってはつらく感じるでしょう。


やりがいを感じない

仕事をしていてもやりがいを感じられないことが多いのも、辞める理由の一つです。お客さんや上司などと直接やりとりするタイミングがないため、仕事にやりがいが見いだせないのです。他の仕事では、お客さんや取引先の企業などから感謝されたり、上司から仕事ぶりを認めてもらったりすることで、やりがいを感じられます。しかし、工場ではそれがないので、何のために仕事をしているのかを見失いがちです。


労働環境が悪い・危険が多い

労働環境が悪く、危険が多いため辞めたいと感じる人もいます。例えば、冷凍食品を製造している工場のように室温がかなり低い工場ともあれば、反対に、機械の熱と長袖の作業着、マスクで非常に暑く感じる工場もあります。また、そうした暑さ・寒さが過酷な作業環境では集中力が続かず、機械を扱うのに危険を感じる場面もあるでしょう。他にも、機械の騒音や、薬品の臭い、油汚れなどをストレスに感じる人もいます。


収入がアップしにくい

工場勤務は収入がアップしにくく、自分の頑張りが給与に反映されにくいです。実際に働いていた人の意見を見ると、給料がアップするどころか業績が下がり容赦なく給料がカットされた、働く人が多いのでなかなか給与が上がらない、役職も空きがないとなれないので給与は頭打ちになるといった意見が見られました。


工場勤務から転職を決めた人が取り組むこと

【画像:https://t.pimg.jp/027/571/264/2/27571264.jpg】

工場を辞めて転職しようと決めても、すぐに退職してしまうのはよくありません。スムーズに、かつ満足できる転職するために取り組むべきことが四つあります。下記で、取り組む順番に沿って説明していきます。


転職する理由を明確にしておく

まずは、転職する理由を明確にしましょう。単に工場を辞めたいからではなく、下記の点をはっきりさせておきましょう。


  • 工場勤務の何が合わなかったのか
  • 次の職場に求める条件
  • 今後のキャリアプラン

勢いで辞めて転職活動を始めても、また同じような職場に就職してしまう可能性があります。なぜ辞めたいと思ったのか、次の職場に求める条件は何かを明確にすることで、転職先を探しやすくなるでしょう。また、今後、どのような仕事に就いてどんな生活をしたいのかなどのキャリアプランを考えれば、目標を見失わずに転職活動ができます。


転職後の給与が出るまでの生活資金を確保しておく

転職後、初回の給与が支給されるまでの生活資金を確保しておきましょう。また、退職してから転職活動を始めるのであれば、その間は無給になるので転職活動中の資金も確保しておきたいところです。

転職活動は平均して3カ月はかかり、長いと半年程度かかることもあります。転職活動の流れは、転職サイトや転職エージェントに登録し、履歴書などの書類の作成、応募、面接という順序で進みますが、これで大体3カ月です。

工場に勤めながら転職活動をするのであればよいですが、退職後に始めたい場合は、最低でも3カ月分の生活費を準備しておきましょう。


転職サイトに登録

辞める理由を明確にし、資金の確保ができたら転職サイトに登録しましょう。転職サイトとは、さまざまな企業の求人情報が集まっているサイトです。自分で求人情報を検索し、条件にマッチしているところを見つけたら応募します。多種多様な求人情報を得られることがメリットですが、応募から履歴書作成、面接まですべて自分で対策しなければなりません。


転職エージェントに登録

転職サイトと同時に、転職エージェントにも登録しておきましょう。転職エージェントとは、無料で専門のアドバイザーが転職の相談に乗ってくれるサービスです。メリットは、無料であなたに合った求人情報を教えてくれることや、選考対策のアドバイスもしてくれる点です。半面、転職サイトよりも求人情報は少ないです。転職活動が初めての人や、慣れていない人は転職エージェントを活用し、アドバイスをもらうと転職活動が進めやすくなるでしょう。


転職したい業界のスキル習得に励む

転職先について調べると、取得していると就職に有利な資格、スキルなどが見えてきます。そうした資格は、積極的に取得していきましょう。企業側もスキルを持っている人のほうが、採用しやすいです。


工場勤務からの転職先におすすめの職種


工場を辞めたいと思っても、次にどんな職に就いたらいいか悩んでいる人もいるでしょう。工場勤務からの転職先におすすめの職種をとして「営業職」「技術職」「企画職」の三つについて、具体的な仕事内容や、おすすめの理由を紹介します。


営業職

営業職とは、自社や提供先の製品を法人・個人の顧客に販売する仕事です。顧客の課題を解決するための製品を提案することが重要ですので、傾聴力やコミュニケーション能力が求められます。また、営業職は仕事の業績がそのまま評価されるため、やりがいもあります。ノルマがある場合はきつさを感じるかもしれませんが、それがモチベーションとなり、またノルマ以上に仕事を達成できれば給料に上乗せされることもあります。未経験であってもマニュアルがあったり、最初は先輩と顧客のもとを訪れたりと、ノウハウを取得する過程があるので、十分に成長していけるでしょう。


技術職

技術職とは、エンジニアのように開発・設計や整備、保全など専門知識を用いて仕事をする職業です。専門的な知識が求められるため、理系の学校や専門学校を出ていないと職に就けないと思われがちです。しかし、会社を支えていく人材を確保するために、未経験者でも採用し、研修を行い技術者の育成をしている企業もあります。ものづくりに少しでも興味があれば、チャレンジしてみましょう。


企画職

新しい商品やサービスを考えたり既存商品の改良を考えたりする商品企画、商品やサービスの販売方法を考えるマーケティング(宣伝・広報)企画などが企画職の仕事です。人気の職種で、未経験での採用は難しいかもしれませんが、営業職や販売職を経て企画職に就職することも可能です。自分のアイディアを形にしたい人や、企画を相手に伝えることが好きな人は向いています。


 20代ならポテンシャル採用に挑戦するのもアリ!


ポテンシャル採用とは、今持っているスキルや経験を見るのではなく、将来の成長を期待して採用することです。主には20代や第二新卒の世代が対象です。未経験であっても応募しやすいので、20代ならポテンシャル採用を利用して就職活動をしてみましょう。ポテンシャル採用では、企業側はあなたの向上心や、これまでの経験をどう活かそうとしているのかなどを見ています。求人情報に、ポテンシャル採用やポテンシャル枠という文言を入れている場合が多いです。


方向性が定まったら転職活動を開始


就職したい業界や職種が決まったら、転職活動を始めましょう。ここまでに触れてきた、辞める理由を明確にする、転職中の資金を確保する、転職サイトなどに登録するなどのステップを踏まえ、下準備ができたら、応募を開始します。転職活動は時間がかかるものなので、焦らず進めましょう。また、なかなか採用されないと採用されることが目的になってしまい、仕事に求める条件を満たさない企業の内定を承諾してしまいそうになるかもしれません。しかし、そういうときこそ、なぜ工場を辞めたいと思ったのかを思い出し、ブレないように気をつけましょう。また、転職に関する情報は、待っていてもやって来ません。自分から積極的に情報収集をすることで、よりよい求人情報を見つけられます。


まとめ


工場勤務は、単調な作業を苦痛に感じたり、社員同士でのコミュニケーションの少なさがネックだったりして辞めたい、転職したいと考える人も多いです。しかし、そのときに重要なことは勢いで辞めてしまうのではなく、準備をしてから転職活動を始めることです。なぜ辞めたいのかを明確にし、今後のキャリアプランを計画した上で、転職活動資金を確保しておきましょう。また、工場勤務を辞めたいと考えている人におすすめの職種は、営業職、技術職、企画職です。20代であればポテンシャル採用を利用することもできるので、未経験だからと尻込みせずにチャレンジしてみましょう。





気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー