catch-img

工場勤務の人間関係はむずかしい?人間関係を円滑にする4つのコツ

工場で働くときに気になるのが、人間関係ではないでしょうか。

一般的な企業と比べて、工場の人間関係は難しそうと考えている人も多いようです。


そこでこの記事では、人間関係の良い工場と悪い工場の特徴や、人間関係を円滑に進めるコツについて解説しました。

これから工場で働きたいと考えている人のために、人間関係の良い工場と悪い工場を見分けるポイントも紹介しています。

目次[非表示]

  1. 工場の人間関係は二極化しやすい
  2. 人間関係が良い工場の特徴
  3. 人間関係が悪い工場の特徴
  4. 【体験談あり】実際の工場の人間関係ってどうなってるの?
  5. 工場で人間関係を円滑にする方法
  6. 人間関係のよい工場を選ぶポイント
  7. まとめ


工場の人間関係は二極化しやすい

工場の人間関係は、良いか悪いかの二極化しやすい傾向にあります。

工場内では、作業員だけの閉鎖的な環境で働くことが多いため、性格的に合わない人でも顔を合わせ続けることになり、人間関係は悪化します。

逆に価値観の合う人がいると、働きやすく楽しい職場となります。


幅広い年齢層の人が働いており、学歴や経験を問わず採用していることも多いので、価値観の違いが出やすいという一面もあるでしょう。


工場では黙々と作業を続けることになるので、コミュニケーションが苦手な人が集まりやすいのも特徴のひとつです。

コミュニケーションが苦手なために、十分な意思疎通ができず、勘違いやすれ違いによるトラブルに発展することもあります。


人間関係が良い工場の特徴

人間関係が良い工場では、従業員が働きやすい環境が整っています。

具体的に見ていきましょう。


作業に必要な設備が整っている

人間関係が良いところは、工場の設備が整っています。


設備が不十分な場合や、必要な機材が故障しているような環境では、作業がスムーズに進みません。

その負担はすべて従業員にかかります。

納期が遅れたり作業中のミスが頻発することで、現場の空気はどんどん悪くなるでしょう。


作業に必要な設備を整えている工場は、従業員に無理な負担をかけないので、精神的にも余裕が生まれます。

従業員が働きやすい環境を整えることにもつながるので、人間関係も良い傾向にあります。


管理職が従業員の様子をこまめに確認している

管理職が従業員の様子に気を配っているのも、人間関係の良い工場の特徴です。

そういった工場では、管理職と従業員とのコミュニケーションが取れています。


日ごろからコミュニケーションをとっていることで、作業中のトラブルや、従業員同士の人間関係の変化にいち早く気が付き、早急な対処も可能です。


こまめに様子を見ていることで、何か問題があった時に従業員も相談しやすくなります。


必要な人員が確保されている

人間関係の良い工場では、必要な人員が十分に確保されています。

人件費というのは工場を経営するうえで大きな割合を占める支出です。その人件費を安易に削る工場では、人間関係も悪くなりがちです。


人手が足りなければ、従業員一人当たりの作業量も多くなるため負担が増えます。

人によって作業量の差も大きくなるので、不満がたまりやすくなりなるでしょう。


その点十分な人員を確保している工場では、従業員に必要以上の負担をかけずに済みます。

従業員同士にも余裕が生まれ、人間関係も良好になるでしょう。


人間関係が悪い工場の特徴

つづいて、人間関係が悪い工場の特徴を紹介します。

人間関係が悪い工場では、従業員にかかる負担が多く、職場がストレスのたまりやすい環境になっています。


従業員の勤務態度が悪い

人間関係の悪い工場では、従業員の身だしなみや勤務態度が悪いケースが多いです。

この場合は直接何かをされているわけではありませんが、周りに与える心理的なストレスが大きく、人間関係にも影響します。


髪形や服装が規定に違反している人や、社会人として常識的行動ができない人がいると、職場全体の人間関係も必然的に悪くなります。


作業を現場任せにしている

管理職が現場に来ない工場も、人間関係が悪くなりがちです。

管理職が現場の様子を見に来ない工場では、納期の遅れや作業中のミスについての責任を、現場に押し付ける傾向があります。


従業員同士は円滑に作業を進めていたとしても、管理職が理不尽に責任転嫁をしたり、怒鳴り散らすような状況では、職場内の雰囲気はどんどん悪くなり、それが従業員の人間関係にも影響するでしょう。


作業を現場任せにしていることで従業員の負担が大きくなり、人間関係のトラブルも増えることになります。


【体験談あり】実際の工場の人間関係ってどうなってるの?

工場で働いたことのある人は、工場の人間関係についてどのように感じているのでしょうか。

実際に工場で働いた経験のある人たちの体験談を紹介します。


食品工場で働いていました。

入ったばかりのころ、とあるミスで注意されたのですが、私よりも周りの空気の方が重い空気になってしまい驚きました。

「あんなに怒らなくてもねぇ・・・」「初めてなんだからちゃんと教えてあげればいいのに・・・」という感じでどんよりしていました。

人間関係が良ければ「これからは気をつけようね!」と明るく済ませられるのに…。

とにかく空気が重くて働きにくかったです。


製造業のライン作業をしていました。

比較的有名な大企業で従業員も若い人が多く、働きやすくい工場だったと思います。

仕事中はもちろん休憩中も会話が弾む楽しい職場でした。

仕事終わりは仲間で食事に出かけたり、プライベートでも一緒に出掛けるくらい仲良くなった人もいます。


仕事はやりがいもあって充実していましたが、人間関係が難しい職場だったので転職しました。

仕事に慣れてくると、上司からのプレッシャーが強くなってきました。

「まだ終わらないのか」「こんなこともできないのか」と、厳しいことも言われるように…。

精神的にも参ってしまい、辞表を提出しました。


やはり、工場によって人間関係の良し悪しが分かれているようです。

年齢が近い人が多い職場だと価値観も近くなるので、トラブルも少なくなる傾向があります。


また従業員同士のトラブルはなくても、上司がパワハラ気質だったり気配りのできない人だと、職場全体の空気が悪くなり、人間関係も悪化するようです。


工場で人間関係を円滑にする方法

工場の人間関係は、努力次第である程度は良好な関係を築けます。

ここでは、工場での人間関係を円滑にするポイントを確認しましょう。


挨拶

挨拶は、相手との良好な関係を作るうえで欠かせません。

工場では、人とコミュニケーションをとるのが苦手な人もいますので、 挨拶は自分から声をかけることが大切です。


挨拶の仕方によって、相手に与える印象を大きく変わります。

人間関係を円滑にするためにも、大きな声でにこやかに挨拶をしましょう。


勤務態度

勤務態度も、周りへの印象を左右するポイントとなります。気を付けたいのが、遅刻や欠勤です。

遅刻や欠勤が多いと、印象が悪いだけではなく、周囲へ迷惑をかけることにもなります。


とくに無断欠勤や連絡なしで遅れるのは、社会人としての信頼も失うことになりかねません。

やむを得ず遅刻や欠勤をする場合は、事前に連絡しましょう。


遅刻や欠勤をするということは、その分の仕事を誰かがフォローしてくれているということです。

フォローしてくれた人への感謝も忘れずに伝えましょう。


コミュニケーション

日ごろからコミュニケーションをとっておくことで、人間関係も円滑になります。

とはいえ、人と話すのが苦手な人もいれば、詮索されるのを嫌がる人もいますので、立ち入った話は避けた方が無難です。

仕事の引継ぎや連絡事項など、業務上必要なことに関して、相手の目を見て笑顔でコミュニケーションをとりましょう。


謙虚さ

仕事で失敗した時や注意された時に、言い訳したり人のせいにするのはやめましょう。

謙虚な気持ちで、まずは相手の話に耳を傾けます。


事実と違うことがあれば、感情的にならず冷静に意見を伝えましょう。


人間関係のよい工場を選ぶポイント

工場の人間関係は、入社前にある程度判断できます。

働き出してから後悔しないためにも、人間関係のよい工場を選ぶポイントを確認しておきましょう。

紹介する項目にいくつも当てはまる工場は、人間関係が悪い可能性も高くなります。


常に求人募集をしている

常に求人を募集している会社は要注意です。

とくに、給料や待遇面が悪いわけでもないのに、いつでも募集をしている会社には気を付けましょう。


人間関係に問題があって、すぐに人が辞めてしまうのかもしれません。

繁忙期でもないのに常に求人募集をしている会社は、従業員の人間関係が悪い可能性があります。


面接官の対応もチェックする

面接官はほとんどの場合、入社してから上司になる人です。

面接官の対応をみて、工場内でパワハラやセクハラがないかをチェックしましょう。


面接での態度が高圧的だったり言葉遣いが乱暴な場合は、工場でもパワハラが行われているかもしれません。

質問内容も、明らかに仕事に関係のないプライベートなことを聞いてくるような場合は、その面接官がセクハラ気質を持っている可能性があります。


面接では、質問の受け答えだけでも大変なものですが、面接官の態度に違和感がないかも気にしておきましょう。


工場や従業員の雰囲気も確認

入社前に工場へ行くタイミングがあれば、工場の様子もチェックしましょう。

従業員の表情や勤務態度は、人間関係の良し悪しが表れやすいポイントです。

表情が曇っていたり、疲れきっている様子があれば、過労や人間関係によるストレスがあるかもしれません。


工場の掃除が行き届いていなかったり、壊れた機材が放置されている場合は、仕事を現場任せにしている可能性があります。


面接や説明会で勤務予定の工場に行くチャンスがあれば、工場や従業員の雰囲気も確認しておきましょう。


まとめ

工場の人間関係は、良いところと悪いところが二極化しやすいという特徴があります。

すでに工場で働いている場合は、一緒に働く従業員との関係が悪くならないように、挨拶や勤務態度、コミュニケーションの取り方に気をつけましょう。


これから工場で働く予定であれば、人間関係の悪い工場を避けることも重要です。紹介したポイントを参考に、できるだけ人間関係が良さそうな工場を見極めましょう。



気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー