catch-img

工場のライン作業がうまくなるコツは?どんなやりがいがある?

「工場のライン作業は簡単だと聞いていたのに、失敗ばかり…」「ラインのスピードについていけない」

このような悩みを持っていませんか?


「自分にライン作業は向いてないのでは…」と落ち込まないでください。

少しのコツを覚えれば、ライン作業はあっという間にうまくなります。


この記事では、ライン作業がうまくなるコツを紹介します。

「失敗が続いてやりがいを感じられない」という人のために、ライン作業のやりがいについてもまとめました。

この記事を読んでライン作業のコツを覚えれば、失敗が減って作業スピードもぐんと速くなりますよ。


これからライン作業を始めたいと思っている人には、こちらの記事がおすすめです。

>>工場のライン作業とは?種類や仕事内容をご紹介 <<​​​​​​​


ライン作業のやりがい

まずは、仕事のモチベーションを上げるために、ライン作業のやりがいについて見ていきましょう。


未経験者でも憧れの業界に携われる

ライン作業を取り入れている工場には、たくさんの種類があります。

食品・衣類・電化製品・化粧品・自動車など、そのジャンルは多岐にわたります。


例えば、「おしゃれが好きだからアパレル関係の仕事に就きたい」と思っても、実際働くためには、専門的な知識や技術が必要です。

その点ライン作業であれば、未経験者でも募集している求人がたくさんあります。


ライン作業であれば、技術や資格がないから無理だとあきらめていた憧れの業界に携われます。


製品への知識が深まる

ライン作業で製品作りに関わっていると、製品に関する知識も深まります。

自分が好きな商品や、日常的に使っている製品であれば、愛着も沸いてくるでしょう。


製品への理解が高まることで、モチベーションも高まり、やりがいを感じられるようになります。


工夫次第で作業効率をあげられる

工場の仕事は、マニュアルで手順が決まっているので、初心者でもスムーズに仕事ができます。

しかし自分なりに工夫することで、さらに作業効率をあげることも可能です。


ライン作業は、こなした作業やかかった時間が、数字としてわかりやすいという特徴があります。


最初は時間がかかっていた作業も、工夫次第で時間短縮できるでしょう。

単純作業だからこそ、自分なりの工夫で作業を効率化させることでやりがいを感じられるようになります。


努力次第でキャリアアップも可能

ライン作業には、パート・アルバイト・派遣社員などの雇用形態がありますが、工場によっては社員登用制度を設けているところもあります。


最初から正社員を目指すには、ある程度の知識や技術が必要です。

無資格・未経験で正社員を目指すのであれば、ライン作業で経験を積み、正社員登用制度を利用して正社員を目指すというのも一つの方法です。


社員になれば、さらに努力次第で昇進・昇給も目指せます。


ライン作業で大変なこと

ライン作業で働く人たちは、どのようなことが大変だと感じているのでしょうか。


流れの速さについていくのが大変

ライン作業を始めたばかりの頃は、ラインの流れが速すぎると感じることがあります。

ラインのスピードは、ベテランの作業員も含めた全体の作業ペースに合わせて流れているので、初心者が速いと感じるのは当然だといえるでしょう。


多くの場合は、経験を積めば慣れるものですが、慣れるまでに失敗して周りに迷惑をかけてしまうという精神的な負担も大きいようです。


立ちっぱなしで体力的にきつい

ライン作業のほとんどは、立ち仕事です。

少しでも動けたらよいのですが、作業はラインの流れに合わせて行うため、自分のペースで休憩したりトイレに行くこともできません。


勤務時間は、同じ姿勢で立ちっぱなしなので、体力的にきついと感じることがあります。


単純作業の繰り返しがつらい

ライン作業は、基本的に単調な作業の繰り返しです。

作業も同じなら、視界に入る景色も変わらず、作業自体も地味なものばかり…。

人によっては、このような単純作業の繰り返しがつまらないと感じることもあります。


作業が簡単だからこそ、「一日中やっていると飽きてしまう」という人も多いのです。


長時間の集中力が必要

ライン作業は、自分がミスをして流れを止めてしまうと、ライン全体の作業が止まり、迷惑をかけることになります。

うっかり手順を間違えたり、製品を破損すれば、企業の損失になる可能性もあるでしょう。


しかし、単純作業の繰り返しとなるライン作業では、集中力も途切れやすくなります。

全体の流れを止めないためにも、集中して作業に臨むことが重要です。


作業の遅い人がいるとイライラする

仕事に慣れてくると、今度は作業ペースが遅い人が気になってきます。

自分が順調に作業を進めていても、作業の遅い人のせいでラインが止まると、自分のペースも乱されます。


「慣れるまでは仕方ない」と頭ではわかっていても、実際に作業を止められるとイライラしてしまうようです。


ライン作業がうまくなるコツ

大変なことも多いライン作業ですが、少しのコツを覚えれば、作業時間の短縮や効率化に繋がります。

作業に慣れれば、仕事へのやりがいも感じられるようになるはずです。


それでは、ライン作業がうまくなるコツをチェックしていきましょう。


焦らずリラックスして作業しよう

焦ることで、部品を落としたり、手順を間違えたりといった、余計な失敗を併発します。

一生懸命だからこそ焦ってしまうものですが、焦ってよいことは一つもありません。

ミスが増えて余計な作業が増えるだけです。


まずはリラックスして作業にすることを心がけましょう。

ラインを止めることになっても気にしないことです。ほかの人にとっては休憩になるかもというくらいのポジティブな思考で臨みましょう。


作業が早い人の動きをマネする

最初は自分の手元の作業で精いっぱいかもしれませんが、周りの人の動きにも目を向けてみましょう。

作業が速い人と自分の動きを比べて、どこが違うのかを考えながら作業します。

直接コツを聞くのも一つの方法ですが、熟練の作業員は長年の経験のなかで無意識のうちに作業を効率化しているケースもあります。

とりあえず、作業が速い人の動きをマネしてみるだけでも良いでしょう。


マネをしてみて、「効率が悪い」「自分には合わない」と感じたら、もとの動きに戻せば良いのです。


作業をリズムにのせる

一定のリズムに合わせて作業してみましょう。

決まったリズムを繰り返すことで、人は心地よさを感じます。

好きな音楽をイメージしても良いでしょう。


リズムに合わせて作業する方法は、同じ動作を繰り返すライン作業に最適な方法といえます。


完璧を求めすぎない

製品の仕上がりに影響ないところにまでこだわっていませんか?

正確に作業することは重要ですが、完璧を求めすぎているために無駄な作業をしている可能性もあります。


次の工程で隠れる部分の汚れを落としたり、規格として問題ない程度のずれを直すのは無駄な作業です。

完璧を求めすぎるのではなく、「検品に通ればよし」というくらいの気持ちで作業しましょう。


次の作業を意識する

一つの作業が終わってから、次の作業に意識を向けるのでは非効率です。

作業中でも、次の作業を意識して手を動かしましょう。


次の作業を意識する習慣をつけることで、次の作業に移るときの無駄をなくせるようになります。

ちらっと目線だけでも次の作業に向けてみましょう。


この時に気をつけたいのが、あくまでも次の作業を「意識だけ」しておくことです。

作業が終わる前に次の作業に手を出しては、作業ミスにつながります。

作業自体は、一つ一つ丁寧に終わらせる必要がありますが、常に次の作業を意識して作業しましょう。


体調管理や体のケアも大切

仕事が原因で体調を崩すこともあります。

とくにライン作業の場合は立ち作業が多いので、足がむくんだり、肩や腰を痛めることもあります。

ストレスから胃に負担がかかってしまう人もいるでしょう。


スムーズな作業は、健康な体があってこそできるものです。

体調管理は怠らないようにしましょう。


マッサージや食生活の見直しなど、自宅でできるケアはもちろん、体調が悪いときは、早めに医療機関を受診することが大事です。


自分なりの工夫を取り入れる

マニュアル通りに作業することも大切ですが、ある程度作業に慣れたら、仕事を効率化するための工夫を考えてみましょう。


マニュアルは、初心者でも作業しやすいように考えられています。

いつまでもマニュアル通りでは、それ以上の成長はできなません。

部品の位置や作業順序を変えることで、作業効率がアップすることもあります。


一つ一つの工程を分析しながら工夫することで、無駄がなくなり作業効率もあがるはずです。

マニュアルで決められていることであれば、上司に相談してから変えるようにしましょう。

全体の効率を考えて変えられないこともありますが、作業効率が上がるのであれば認めてもらえる場合もあります。


まとめ

ライン作業は、コツさえつかめばすぐにうまくなります。

今回紹介したポイントを意識して、少しでも早く作業に慣れましょう。


大変なことも多いライン作業ですが、慣れてしまえば、自分なりのやりがいも見つけられるはずです。

効率よく作業をこなして、楽しみながらライン作業を続けるきっかけになれば幸いです。




気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー