catch-img

食品加工工場とは?メリットとデメリットをご紹介

食品加工の仕事に興味があり、これから働きたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

いろいろ情報を調べていると、「食品加工工場の仕事はきつい」という話を耳にすることもあるでしょう。


食品加工工場の、どのような部分がきついといわれているのでしょうか。

この記事では、食品加工工場で働くメリットやデメリットとともに、食品加工の仕事に向いている人も紹介します。


働き始めてから後悔しないためにも、食品加工の仕事が、自分に向いているのか向いていないのかを確認しておきましょう。


食品加工工場とはどんな仕事?

食品加工とは、食べ物を安全な状態で保存・運搬できるように手を加えることです。

色・香り・味・栄養面なども考慮して、おいしく食べやすい状態にするのが食品加工工場での仕事になります。


食材を洗ったりカットしたりといった前処理をしてから調理を行い、そこから梱包作業を経て出荷というのが基本的な流れです。

食品加工工場での仕事はライン作業が多く、食材の皮むき・カット・味付け・盛り付け・など、工程ごとに作業を分担して作業を進めます。


食品加工工場の種類

食品加工工場にはたくさんの種類がありますが、工場によって扱っている食材はさまざまです。

食材が変われば、仕事の内容や作業環境も違ってきます。

ここでは、食肉加工・水産加工・野菜サラダ・弁当・パンの食品加工工場についてみていきましょう。


食肉加工

食肉加工工場では、肉をお店に並べて販売できる状態にします。主な作業は、肉の塊を指定の大きさや量に切り分けることです。

工場によっては、ベーコンやハムなどの加工肉を製造するところもあります。


肉の鮮度を守るために、室温の低い涼しい作業場で仕事をすることが多いですが、季節によっては寒さがつらいと感じることもあるでしょう。


手作業で肉を切ることもありますが、工場の規模や扱っている肉によっては、スライサーなどの機械を使うこともあります。力仕事のように思われがちですが、機械を使って作業する場合は、力のない女性でも無理なく作業できます。


水産加工

水産加工工場では、海産物を指定の大きさにカットするほか、魚の頭や内臓の除去などの作業も行います。

扱う商品は、ツナ缶・小魚や海苔などの佃煮類・かまぼこなどの練製品・昆布やわかめなどの乾物製品などさまざまです。


海産物は傷みやすいため、作業場の温度は低めですが、海産物独特の生臭さの中で作業することになります。

魚の生臭いにおいが苦手な人の場合、つらい仕事だと感じるかもしれません。


野菜サラダ

野菜サラダを作る工場で行うのは、野菜の選別・洗浄・皮むき・カット・盛り付けなどの工程です。

サラダのトッピングとして、ツナや卵などの食材を扱ったり、サラダ以外、鍋用野菜などをカットして袋詰めするといった仕事もあります。

工場によって、テーブルで作業するところもあればライン作業のところもありますが、どちらも効率よくスピーディな作業が求められるでしょう。


弁当

弁当の加工工場で行うのは、食材のカットや調理、盛り付けなどの作業です。

すべて手作業で行うこともありますが、工場によっては、調理工程に機械を使用する場合もあります。


盛り付けを行うのは、主にライン作業です。おかずごとに担当が決められており、手作業で行うのが一般的です。


パン

パンの製造工場で行うのは、パンの製造補助や仕分け、梱包などの作業です。

ライン作業でパンの型を並べたり、パンの形を整えたり、できあがったパンを確認して形が崩れているパンを取り除いたりと、工程ごとに作業を担当します。


パンを焼く工程に携わる場合は、作業場の温度が高く暑い環境で働くことになるため、水分補給が欠かせません。


食品加工工場で働くメリット

食品加工工場で働くことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。


作業環境の空調が効いている

食品加工工場では、食品の品質保持のため、作業環境の空調は比較的整っている傾向にあります。

ほかの工場では空調が効いていないことが多く、夏は暑く冬は寒い環境で作業しなければならないこともあるので、それに比べると、食品加工工場は働きやすいといえるでしょう。


ただし冷凍食品を扱う工場では寒すぎることがあり、炊飯や揚げ物をする工場では暑すぎることもあります。


食に携わる「やりがい」を感じられる

日常生活に深く関係する食に関わることで、やりがいを感じられます。

仕事を通して食に関する意識や生活の質を高められるでしょう。


単調な作業が多い食品加工の仕事ですが、パン類やデザート類の製造であれば、季節の新商品が出ることで作業内容も変わるため、新鮮な気持ちで取り組めます。


力仕事が少ない

食品加工工場の仕事はライン作業がメインの軽作業です。

重い荷物を持つ必要がないので、力に自信がない女性でも無理なく作業できます。


女性が多い職場なので、材料の搬入で重い荷物があっても一人で運ぶようなことはありません。

力仕事が必要な場合は、周りがサポートしてくれるでしょう。


未経験者でも働ける

食品加工工場の多くは、未経験者でも働けます。

とくに資格がなくても、年齢や学歴不問で募集している工場も多いです。

衛生管理についての意識の高さは求められますが、未経験者でも働きやすいのは、食品加工工場のメリットといえます。


食品加工工場のデメリット!「きつい」といわれる7つの理由

たくさんのメリットがある食品加工工場ですが、そのいっぽうで、「仕事がきつい」「大変」といわれることもあります。

食品加工工場の仕事がきついといわれる理由を見ていきましょう。


立ち仕事が多い

食品加工工場の多くは、立ち仕事です。

同じ場所に同じ姿勢のまま、立ちっぱなしで作業を続けるため、足腰に負担がかかりやすくなります。


作業の内容によっては座りながらできる仕事もありますが、その場合でも長時間座りっぱなしで下を向いて作業することになるため、腰痛や肩こりを発症するケースも少なくありません。


作業スピードが速くて大変

食品加工工場では1日のノルマが決まっており、大量に食品を製造するため、スピード感が必要です。

作業もライン作業になるので、全体の流れに合わせなくてはならず、休憩時間まで手を止めることもできません。

慣れるまでは、この作業スピードについていくのが大変だと感じる人もいます。


単純作業の繰り返しで飽きる

食品加工の工場では、同じ作業をひたすら繰り返します。

たとえば、弁当の工場でおかず詰める担当になった場合、仕事中はずっとその作業を続けることになります。

仕事自体に難しい作業はないものの、単純作業を繰り返すことがストレスになることもあるでしょう。


繁忙期が忙しすぎる

商品は、常に同じペースで売れているわけではありません。

扱っている品物によって需要が増える時期は異なり、繁忙期になれば、その分仕事も忙しくなります。


賞味期限があって作り置きができない食品加工工場では、とくにその傾向が強く、繁忙期の忙しさは尋常ではありません。

繁忙期に短期のアルバイトを入れる場合もありますが、それでも従業員に大きな負担がかかります。

1日のノルマが増えるため、残業が続くことも珍しくありません。


衛生管理が厳しい

食品を扱う工場では、衛生管理が徹底されています。

異物混入や食中毒などが起これば、社命にも関わるので、必然的に従業員への衛生管理も厳しくなります。

念入りな消毒作業に加えて、マスクや手袋、髪の毛の混入を防ぐためのネット着用など、仕事をするにあたって細かいルールーがたくさんあります。


大雑把な人や、細かいことにこだわらないという人にとっては、厳しいと感じることもあるでしょう。


手が荒れやすい

食品工場で働くことで、手荒れに悩む人も多いのが現状です。

衛生管理の観点から行っているアルコール消毒が主な原因ですが、担当する作業によっては、ハンドクリームの使用が禁止されている場合もあります。


また長時間ゴム手袋をつけて作業するので通気性が悪く、手荒れが悪化しやすくなります。

仕事自体に不満がなくても、手荒れが原因で仕事を続けられなくなるひとも少なくありません。


給料が安い

食品加工工場の給与は、ほかの業界と比べて低めに設定されていることが多いです。

仕事が大変な割に給料が低いので、割に合わないと感じて辞めていく人もいます。


食品加工工場の仕事が向いている人

食品加工工場での仕事は、「つらい」と感じる人と、「働きやすい」と感じる人に分かれます。

どのようなタイプの人が食品加工工場の仕事に向いているのでしょうか。


単調な作業が苦にならない人

食品加工の仕事は、基本的に同じような作業の繰り返しになります。

作業自体は難しいものでなく、仕事としてはやや単調です。


コツコツ作業を続けるのが苦にならない人であれば、簡単な作業で楽しく続けられる良い仕事だと感じられるでしょう。


衛生面の意識が高い人

食品を扱う仕事では、衛生面の意識の高さが求められます。

「これくらいなら問題ないだろう」という意識の人がいると、異物混入や食中毒を引き起こす原因にもなりかねません。

日常的に身だしなみを清潔に保てている人や、整理整頓が得意な人に向いている仕事だといえるでしょう。



調理が好きな人・興味がある人

食品を扱う食品加工工場の仕事は、調理が好きな人や興味のある人に向いています。

担当する工程は決められていますが、好きなことに関わるというのは、働くうえでの大きなモチベーションとなるでしょう。


食品加工工場で働くなら派遣社員がおすすめ

食品加工工場で働くには、正社員以外にパートやアルバイト、派遣社員など、さまざまな雇用形態があります。

未経験で働くのであれば、パート・アルバイトよりも、派遣社員として働くのがおすすめです。


工場の仕事は、実際に働いてみないことには、向き不向きが分かりません。万が一働いている職場が合わなかった場合、働く期間が決まっている契約社員であれば、トラブルにならずに契約を終了できます。

引き続き働きたいという場合でも、パートやアルバイトよりも正社員を目指しやすいです。


またパートやアルバイトよりも、契約社員の方が時給は高い傾向があります。

同じ仕事をするのであれば、少しでも時給の高い雇用形態で働いた方が得でしょう。


派遣社員として働くことで、派遣会社の福利厚生を受けることもできます。派遣会社経由の有給休暇や社会保険に加入できるのも大きなメリットといえます。


まとめ

食品加工工場は、単純作業が多かったり、繁忙期になると極端に忙しかったりと、「きつい」「大変」と言われることも多い仕事です。

しかし向いている人にとっては、簡単な仕事が多くて未経験者でも働ける、働きやすい職場でもあります。

今回紹介したメリットやデメリットを参考に、食品加工の仕事が自分に向いているのか、向いていないのかを見極めてくださいね。



気になる求人がありましたか?

掲載している求人にご興味を持たれた方に、担当者より詳細をご説明いたします。

関連記事

人気の記事

こだわり条件で探す

エリアで探す

条件で探す

働き方で探す

職種で探す

 
あなたに最適な求人情報をいち早くお届け。
専門の担当者が、あなたの希望するお仕事について詳しくご説明します。
簡単1分でエントリー